« まもなく | Main | 無知の怖さ »

March 23, 2015

ハッピーリタイア発言にみる身勝手さ

こんばんは。


最近、お偉方弁護士の
「ハッピーリタイア」発言が話題のようですね。


ある意味とっても弁護士らしい発言で笑いもでませんが。


だいたい
自分だけ稼いで事務所を閉めてハッピーリタイアって
そこで働いているスタッフのこととか考えてるんですかね?


事務所を経営している弁護士は
本当に一人で全部やっている人を除いて、
事務職員を雇っていますよね。


給料もらってサラリーマンみたいなことやっている
事務所の所畜弁護士や会社の社畜弁護士とは違うわけですよ。


当然、事務所で働いているスタッフの
現在の生活や将来についても責任があるわけですよ。

それを十分な金を貯めたら
事務所を閉めてハッピーリタイアとか
何がハッピーなんだか。


どこまで身勝手なんだか。


以前、「事務所=自分」とか
平気で発言する傲慢かつ幼稚な
ゴミみたいなブラック事務所の経営弁護士がいましたが、
根本的な発想はそれと全く変わりませんね。

まあそういう思考の弁護士の事務所で働いている人は
自分で選んでそういう事務所で働いているんだから
弁護士先生は、そういう人たちの生活とか
考えなくて良いのかもしれませんね。

はいはい、自己責任って感じで。


弁護士倫理とか弁護士の社会的使命とか
そんな大きなことを論じる前に
まずは自分と一緒に働いている人達のことを
きちんと考えられる人間でありたいもんだね。


そんな感じで。


ではまた。


« まもなく | Main | 無知の怖さ »

その後」カテゴリの記事