« June 2013 | Main | August 2013 »

July 2013

July 20, 2013

オールスター


こんばんは。


子どもの時から思っているんだけど。


プロ野球のオールスターって面白いか?


選手がヘラヘラ笑いながらやっている試合なんて
見るに堪えないと思うんだが。

勝負はヒリヒリするような緊張感が無いとね。

そんな感じで。


ではまた。


July 17, 2013

海の日を過ぎると


なんとなくホッとする。


弁護士になってからも
そんなリズムは変わらない。

まだまだ戦いの続く夏だから
そんなことを言ってはいられないわけだが。

少しペースを変えたりするのが
大事なこともある。


そんな感じで。


ではまた。

July 12, 2013

司法試験予備試験の論文受験生の皆さん!


こんばんは。


読者の方の中には
14日、15日と予備試験の論文試験を受験される方もいらっしゃるかもしれませんね。

ここまで来たら
もう脳みそを少し休ませて大丈夫。


とにかく本番に向けて
調子を整えてください。

各科目そうだと思いますが、
勝負は最初の答案構成の時間。


脳みそをフル回転して、
書くべき事項を全部書き出してください。


あとはしっかり書き切るだけ。


そのために最後はペースを落とさないと
脳みそが疲れた状態では
本番で最高のパフォーマンスは引き出せません。

これまでやってきたことに自信を持って、
平常心で本試験に臨んでください。

健闘をお祈りしています。


そんな感じで。


ではまた。

July 10, 2013

暑い夏


こんばんは。


ここまで毎日暑いときついですね。


これは歳のせい?


そうじゃないと信じたい(笑)

そんな感じで。


ではまた。


July 08, 2013

周りが心配する必要は一切ない

なぜブラック企業を辞めないのかという記事がありました。


ブラック企業に勤めてしまって
真っ当な感覚を持った人であれば
それほど遅くない時期に
退職という道を選ぶのでしょう。


一方で
こうしたブラック企業に残る人もいます。


最初は違和感を感じたであろうブラックの論理に、
いつの間にか染まってしまい、
むしろブラックの論理を振りかざす立場になる人達です。


でもこういう人たちの心配をするのは、
はっきり言って「余計なお世話」でしょう。


ブラックに染まるのも
その人の選択と自己責任。


嫌なら嫌な人がさっさと辞めれば良いだけで、
残る選択をしている人に忠告をする必要なんてありません。


ブラック洗脳状態にある人は
聞く耳持たないでしょうしね。


どんな優秀な人でもブラックに染まれば
その才能の価値は劣化します。


でもそれもぜーんぶ自己責任。


他の人が口出すことじゃないですからね。

ブラック企業にいる人も
その人自身は意外と幸せなのかもしれないなと
そんな風に私には思えます。

そんな感じで。


ではまた。


« June 2013 | Main | August 2013 »