« NEXT STAGE | Main | 日々是勝負 »

October 27, 2012

独立の時に大事だったこと

こんばんは。


今年も残り2か月ほどですね。


以前にも書いたことがありますが、
私が独立する前、
自分の売上を自慢してきたバカな奴がいました。


そいつが醜い顔をさらに醜くして得意げに語っていた売上が
いかにしょっぼいものかが、
よくわかります。


バブルに乗っただけの無能な奴が、
バブルのはじけた今、
同じだけの売上を上げているか
はなはだ疑問だけどね(笑)


弁護士が独立する際、
ありがちな悩みとしては
事務所をどこにするかとか
事務員を雇うかとか
そんなこと。


だけど
実際には「出費」から入る考えは完全に間違い。


「どうやって稼ぐか」。


ここを考えていないと確実に失敗すると思うんだよね。


以前から読んでいる方はわかると思いますが、
私は独立を決めてから2か月で独立しました。


当然「独立準備」などというものは一切していません。


独立まで1か月を切った段階で
複合機など事務所の備品も買っていない状態でした。
同期にも笑われました。


じゃあ何をしていたか。


どうやってお客さんを集めるか、
その点のプランニングだけをしていました。


弁護士会の相談当番とか国選などというものは
一切あてにしていませんでした。


これからどんどん弁護士増えるのに
そんなものをあてにして勝てるわけがありません。


他の弁護士からの紹介などというのも
いっさいあてにしませんでした。


今どき、利益相反以外の理由で
おいしい案件を他の弁護士にまわすような人は
ごくわずかです。


「どうやって客を集めるか」。


この点を無視して独立して成功するはずがありません。

事務所の場所とか広さとかそんなことはどうでもいいんです。


実際私はとても狭い場所でしたが、
たくさんのお客さんを集めました。


事務所が広ければお客さんが来るとか
ありえませんからね。


少し考えればすぐにわかることですけど、
なぜか独立する人はそういうハード面ばかりこだわります。


で、集客の方法としては、
「とりあえずホームページつくる」。


ホームページ作っただけで
客が集まるような時代はもうとっくに終わってるのに、
何をホームページに期待しているんでしょうね。


お話しになりません。

まあ新たに独立する人がそういう人達ばかりだから
こっちは少し工夫すれば良いんですけどね(笑)。


勤務弁護士時代から収入が下がるような独立は
完全に失敗です。
だったら独立しない方がよっぽどマシです。
責任がない生ぬるい立場で
一生、奴隷のように使われて終われば良いでしょう。

その意味では自分自身が独立した時に
考えた事や取り組んだことは
成功だったかなと。

そんな風に思います。

このテーマ、また書きますね。


そんな感じで。


ではまた。

« NEXT STAGE | Main | 日々是勝負 »

その後」カテゴリの記事