« 踏み出すということ | Main | 6 »

March 22, 2011

去る者としての日々


きょうは
午前中は津島で
午後は四日市。

移動時間がタイトだったので
直行でハシゴ。


それぞれ
駅から裁判所まで
歩きなので、
体いっぱいに花粉を浴びた。


通常ならば
辞める前は有給休暇の消化と
相場は決まっているのだが。


「イソ弁」という身分には
そんな贅沢はない。


今さら事務所事件の
相談を受けるわけにはいかないので
毎日裁判所に行き続ける
そんな日々が続いている。

もう残り7営業日で
この辛すぎる状況から
解放されるのだが。


時々
年末から年始の
閉塞感に潰されそうになっていた頃の
そんな精神状態が
FLASH BACKのように蘇り、
とっても息苦しい感覚に襲われることもある。

本来ならば
こんな状態になるまで
続けちゃいけないものだ。


年末になぜ決断できなかったのか
自分自身を責めることも多々ある。


はっきり言って
遅きに失してしまった。

色んな思いが交錯しながら過ごす
「去る者」としての日々。

もう二度とこんな思いはしたくない。

早く本来の自分を取り戻したいね。


そんな感じで。


ではまた。

« 踏み出すということ | Main | 6 »

その後」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.