« February 2011 | Main | June 2011 »

March 2011

March 25, 2011

卒業


ネットでブログを書き始めたのは
平成15年10月。

それから7年6か月の長きにわたり
「ぷーさん」という匿名で
ブログを書き続けてきましたが。

4月から独立開業して
本気の勝負をかけるにあたり、
「ぷーさん」という匿名からは
きょうで「卒業」することにしました。

長年にわたりご愛読頂き、
本当にありがとうございました。

4月から、
残りの人生をかけた
真剣勝負が始まります。


これまで
色んなものに守られてきた自分にとって
本当の意味での新たなスタートです。

たぶん今は想像できないような
大変なこともたくさんたくさんあると思います。

それでも
絶対に笑顔を忘れることなく
頑張っていこうと思っています。

自分にとっては
このブログとともに歩んだ
7年6か月という時間は
これまで人生の中でも
最も濃く生きた時間じゃないかなと思っています。


受験生から修習生、そして弁護士へと
身分は目まぐるしく変わりましたが、
本質は何も変わっていません。


ブログを書くことで自分の本質と向き合うことが
できたことはとっても貴重な経験でした。

そして
読者の皆様とその時間を共有できたことを
とっても幸せに思っています。


自分は
このブログを通じて
色んなことを考え、
そして学んできました。


ブログが無ければ考えなかったようなことや
感じなかったようなこともたくさんありました。

この間考えたり学んだことは
これからの自分の人生にとっても
かけがえのない財産になる。

そう信じています。


皆さんも色んな形で
この春を迎えていると思いますが。

「ぷーさん」がそうであったように
周りに流されず、日常に流されず、
自分にとって本当に大切なものを絶対に忘れずに
これからの人生を歩んでいって頂きたいなと
そう願っています。


本当に本当にありがとうございました。

そんな感じで。


さようなら!


カウントダウンは
残り「5」。

やっと片手で足りるまで
減ってきた(涙


開業「準備」も
できるところは進行中。

実際は開業してから
死ぬほど忙しく
バタバタ動くことになるんだろうけどね。


でも今回は絶対に負けられないから。
俺にも意地があるというか
意地だけで生きている人間だから。

始まったら弱音は吐かずに
やりきりたいね。

そんな感じで。


ではまた。


March 23, 2011


カウントダウンは
残り「6」。

やっとここまで来たぜ。

なぜ2月末で
辞めなかったのか。

まさに「蛇足」でしかない
この3月。

でも、
自分のさらなる進化の
必要性を痛感したという意味では
「蛇足」じゃなかったのかもしれないね。

「自分を売る」という
究極の意味での自己責任。


ハンパな覚悟じゃ戦えない。

しかし色んな意味で
本当に自分は馬鹿な奴だ(苦笑


そんな感じで。

ではまた。

March 22, 2011

去る者としての日々


きょうは
午前中は津島で
午後は四日市。

移動時間がタイトだったので
直行でハシゴ。


それぞれ
駅から裁判所まで
歩きなので、
体いっぱいに花粉を浴びた。


通常ならば
辞める前は有給休暇の消化と
相場は決まっているのだが。


「イソ弁」という身分には
そんな贅沢はない。


今さら事務所事件の
相談を受けるわけにはいかないので
毎日裁判所に行き続ける
そんな日々が続いている。

もう残り7営業日で
この辛すぎる状況から
解放されるのだが。


時々
年末から年始の
閉塞感に潰されそうになっていた頃の
そんな精神状態が
FLASH BACKのように蘇り、
とっても息苦しい感覚に襲われることもある。

本来ならば
こんな状態になるまで
続けちゃいけないものだ。


年末になぜ決断できなかったのか
自分自身を責めることも多々ある。


はっきり言って
遅きに失してしまった。

色んな思いが交錯しながら過ごす
「去る者」としての日々。

もう二度とこんな思いはしたくない。

早く本来の自分を取り戻したいね。


そんな感じで。


ではまた。

March 21, 2011

踏み出すということ


連休最終日。


昼から出掛けて
仕事用のiPhone4を手に入れた。


携帯は15年以上持っているが
自分で2台持ちするのは初めて。


「仕事用」と言いながら
プライベートに使ったりすることの無いよう
とりあえず頑張るしかない。


その後は
ショッピングセンターに
事務所のスタート時に使う
簡単な備品を買いに行った。

立ち上げ後は
ASKULとかカウネットととか
使うんだろうけど
とりあえず必要なものは
初日から用意しておきたいので。


一人で「何が必要かな」とかって
考えながら売り場を巡っていると。

大学生の時、
実家から十分通えるのに
敢えて一人暮らしを始めた時の
あの感じが蘇ってきた。


考え出せば
不安とかもあるけれど。

大学生の時の自分にも
今の自分にも
共通して必要なことは
前へ一歩踏み出すこと。

不安に負けて
現状に甘んじていたら
色んな意味で成長できないからね。


不安や苦しさを抱えながらも
前へ進むことで
人は成長できるのだと思う。

明日からはカウントダウンが「8」から再開。

29日まで毎日朝から裁判所直行。

そのうち2日は裁判所のはしご。

津島、四日市、半田、津、岡崎、犬山など
名古屋からそれなりに遠いところばかりだけど。

全身に花粉浴びても負けずに
iPod耳に突っ込んで
頑張ります。

そんな感じで。

ではまた。

March 20, 2011

日曜だけど気が楽な3連休最高!


とにかく足下のストレスが
もの凄いので。

去年の晩秋以降は
完全に音楽依存症。

修習時代に買った
iPodが壊れるんじゃないかってくらい
酷使している。


年明け以降もところどころで
曲紹介してきたが。

これまでに触れてきた以外で
このところのお気に入りは
▼Chris Brown「Yeah 3x」、
▼LIL「METRO-L feat. 環ROY」
▼Jessie J & B.o.B「Price Tag」
▼高橋優「福笑い」
▼Ms.OOJA「It's OK」。

LILの曲は以前シングルで出ていた曲だけど
自分的にはアルバムバージョンが一番好き。

音的に少し古い感じだけど
(ちょうど10年くらい前の感じかな)、
疲れてきたときに聴くと良い感じで
元気が出てくる。


Jessie J & B.o.Bの曲は
今の心境ととってもつながる感じ(笑


どの曲も
iTunesで落とせるので
興味ある人はどうぞです。


でもやっぱり
ガガさんとかサカナクションとかを
一番聴いてますけどね(笑

このところ日曜夜は
「またあそこに行くのかよ」と思うと
とても嫌だったのだが、
明日は休みなので今日は気が楽。


そんなマイナスオーラ全開の
日々を過ごすために
ここまで生きてきた訳じゃないからね。

脱出した後は完全に切り替えて
やっていこうと思っている。

そんな感じで。

ではまた。


March 19, 2011

本質

ありがとウサギが
出まくっている民放は
吐き気がするので。

久々にNHKの
「トップランナー」を見た。

サカナクション。

前にも書いたとおり
新曲かなり好きなんだけど。

トークを聴いて
さらに好きになった。

弁護士業界でも
金に心を売り、
欲の皮が突っ張った醜い笑顔を浮かべる
卑しい無能な「自称成功者」と
その腐ったバカにしがみついてしか生きていけない
さらに浅ましい下品かつ無能なフン野郎みたいな
タイプの人間どもがいるように。

音楽業界だって
音楽で何を伝えたいのかなど考えもせず
濁った心で売り上げだけを気にする輩も
大勢いるのだろう。

取り巻きのそういう邪心に
どれだけ害されないのかが
アーティストとしての生命線だろうけど。

サカナクションはまだ大丈夫なのかな。


無駄な贅肉をそぎ落とし
ストイックに自分の思いと
向かい合う姿と言葉が
そこにはあった。

音楽を聴いていて
やっぱりそういう部分は
感じるところがあるんだよね。


ある意味見えてくると言うか。


邪念の入りまくった曲は
繰り返し聴こうと思わないし。


いくら歌詞で綺麗事並べても
全然心になんて響きやしない。


弁護士業界だって同じ。


相談者や依頼者は
自分を金づるとしか思っていないタイプの弁護士に
いくら薄っぺらい笑顔を見せられたって
その欲でゆがんだ吐き気のするような醜い笑顔には
何も心は動かされないんだろうね。

だから次に頼むときは別の弁護士にするだろうし
友人に紹介したりもしないんだろうね。


当然そういうタイプのところは
何年やっても先細りになるんだろうけど。

それでも
そんな自分の人間的な魅力の欠如を
全て依頼者のせいにして
自己正当化をし続ける
学習能力のない人間が仮にいるとしたならば、
金でも口にくわえながら
さっさと地獄に堕ちた方が良いね。

金にしがみつく
恐ろしく無能な醜いクソ野郎と一緒にね。


これから弁護士は
競争時代ってよく言われるけど。

依頼者のことを金づるとしか考えない
商売だけがうまい
中身のないタイプの弁護士は
結局淘汰されるのだろうなと。

そんな風に思っている。

綺麗事かもしれないけど
利用者である一般市民は
そんなにバカじゃないからね。

預金残高以外他人に誇れるものが
何もないのに成功者ぶり、
聴きたくもない自慢話を
聴いてもいないのにしゃべり続け、
大御所には米つきバッタのようにぺこぺこして
自分より弱い者にはふんぞり返る、
そんな下品で卑劣なタイプの人間と
そのフン野郎に明日はない。


俺は
村社会での自分のメンツや評判だけを守るために
依頼者のためという正当化の理由付けをして、
自分の依頼者を怒鳴りつけるようなタイプの
弁護士が大嫌いだ。

自分のミスの責任を
必死に他人に転嫁するような
腰の引けた筋も通さない薄汚い野郎が
「責任者」を名乗るんじゃねえ。


政府でも東京電力でも
弁護士業界でも
そんな本質は同じなんだよね。

口では「被災者の人たちかわいそう」とか
「私たちにできることはないかしら」とか綺麗事を並べながら、
舌の根も乾かないうちにスーパーなどで
血眼になって買い占めに走る典型的な偽善者どもも
そんな腐った野郎どもと本質は一緒。

この腐敗した現状に
甘んじて追随するのか
それとも戦うのか。

そこに自分たち一人一人の「生き方」が
問われているんじゃないのかな。


他人にではなく、
自分自身に言い訳のしない人生を
歩んでいきたいものだね。


そんな感じで。

ではまた。


春の3連休


カウントダウンも
残り「8」まで進み。

きょうからは3連休で
一旦停止。


独立後は
土曜だろうが日曜だろうが
ガンガン仕事をしていきたいので。

こういう暦通りの連休は
最後かもしれないね。

独立に向けて。


まだまだやらなきゃ
いけないことだらけ。


この3連休も
課題があるので
あまりのんびりはできません。


でも前向きなことだから
全然辛くはないんだよね。


この間、
愚痴ってても何も変わらないし
動かなきゃ何も良くならないってことを
骨身に染みて感じた。

我慢すべきことは我慢すべきだけど
我慢すべきでないことは
絶対に我慢しちゃいけない。

そんなことも学んだ。


自分の可能性は
自分で広げるしかないのに
失敗を恐れて、変化を恐れて
現状にしがみついたりしちゃいけないんだと。

受験生時代、
論文に続けて落ちて
「挫折」は味わったけど、
最終的なところで
「絶望」はしなかった。


最終的なところで
自分自身を信じられるのかっていうのが
とっても大事なこと。

少しの勇気があれば
踏み出すことなんて難しくない。

始めてから
より良い「現状」を
作っていけば良いんだからね。

4月からは
本来の自分らしい姿で
日々過ごしていきたいと強く思う。


そんな感じで。

ではまた。


March 18, 2011

What's Happened!?

ちょうど家のティッシュペーパーや
トイレットペーパーが切れてきたので。


近くのスーパーまで
車を走らせると。


そこには衝撃の風景が広がっていた。


ガランとした棚。


「お一人一箱まで」。


そんな張り紙が意味をなさない
驚きの光景が広がっていた。

東京では買い占めが始まっているとの
ニュースは聞いていた。


まさか名古屋まで。


March 17, 2011

その先へ


昨晩ゆっくりしたおかげで
かなり良くなった。

足下の心身ともに耐え難いストレスは
消えやしないが、
カウントダウンも残り9。

やっと一桁になってくれたので
先が見えてきた感じだね。


今、事務所事件の依頼者に
自分の退所に伴い
担当が変わる旨の
引き継ぎの電話を掛けているんだけど。


中には泣いて感謝してくれる
依頼者もいたりして。


思わずこっちまでもらい泣きしてしまいそうな
そんな気持ちになっちまう。

独立した後は。


今の余計な足かせやストレスから
完全に解放されるので。


より自分の信念に忠実に
この仕事をしていきたいなと。


そんな思いを新たにしている。


何のために記者を辞めて弁護士になったのか。


何が弁護士としての仕事のやりがいなのか。


青臭いと思われるかもしれないが
そんな根源的な価値観が。

その先にある
自分の人生にとってとっても大事だし
その部分だけは絶対に譲っちゃいけないなと。

そういったことを
耐え難い怒りとストレスにまみれた
この間の内部での様々な出来事を通して
しっかりと学ぶことができたんだと思う。


これからの自分に試されていることは。


経営という思考の枠組みの中で
そんな理念を日常の中で
どれだけ大事にできるのかと。


その点に尽きるのだろう。

この初心、絶対に忘れちゃいけないものだ。


絶対にね。

そんな感じで。

ではまた。

Last 10


朝から良い天気だ。

カウントダウンも
今日入れて
残り10。

頑張れ、俺。

そんな感じで。

ではまた。

March 16, 2011

なごり雪


とてつもなく寒い。


きょうの昼頃。

名古屋でも雪がさーっと降ってきた。


思わず浮かんだ曲が
「なごり雪」。

言わずとしれたイルカの名曲。

僕の年代だと
こどもの頃にみんな聴いたことがある曲。

クソガキだった自分でも
その曲の良さは感じていた。

最近、
iTunesを色々と見ているとき。

秦基博と元ちとせの
「なごり雪」を見つけて
思わずダウンロードした。


おそらく来月になれば
聴かないような曲も。


何となく心に染み入る
この3月。


今夜は
色んな疲れが
噴き出したので小休止。

何も考えずに
音楽を浴びて過ごします。

そんな感じで。


ではまた。

March 15, 2011

ルーキー


サカナクションの新曲。

意外とお気に入り。

カウントダウンは
残り「11」。

脱出準備も着々と進行中。

そんな感じで。

ではまた。


March 14, 2011

桜ソング


きょうのお勤めが終わったので
残り12。

引き継ぎの挨拶も始めたし
あとはカウントダウンを楽しむだけだ。

そんな中、
気分だけでも
先取りしたいので
iPodに桜ソングを大量に注入した。


コブクロ、ケツメイシ、レミオロメンなどなど。


毎年桜が散ると外して
3月下旬頃に再び入れてを繰り返しているんだけど。


今年はやっぱり歌詞が
心に染み入るね。

ハンパ無く心に染みる。

思わず涙を流しそうになるほどだ。


色んな意味で
区切りの桜まであと少し。

桜の名前がついた通りに面した
自分の事務所からの風景は
最高なんだろうね。


そんな感じで。

ではまた。

March 12, 2011

会話


地震の影響が気になって。

東京にいる母親に電話をした。

物が落ちたりしたらしいが
無事を知って安心した。


久々に話をしたので、
独立するという話も報告した。


筋が通らないことや薄汚いことが大嫌いで
教師だろうが上司だろうが
どんなお偉い人々にも
平気でつっかかっていった自分のことを
生まれてからずっと見てくれている
母親だけに。

話をすれば
やっぱりすぐにわかってくれた。


おととし夏に亡くなった父親も
「よく決断した!頑張れよ!」と言って
天国からポンっと肩を叩いてくれてると思う。


ずいぶん遠回りの人生だけど。

自分の価値観や理念を
大事にして生きるという
両親から教えられた素敵な生き方には
いつまでもいつまでも
忠実でありたいね。


そんな感じで。


ではまた。


March 11, 2011

季節


冬がようやく去って
春がようやく来るのだなと。


そんなことを実感した夜。


この冬、
自分が逆境にもがき苦しんでいるときに
相談に乗ってくれたりして
手を差し伸べてくれた人への恩は
絶対に忘れない。

独立してちゃんと頑張ることから
恩返しを始めたいと思う。

カウントダウンは残り13。

週末は数字が進まないのが
少しもどかしいけど。

開業準備に専念して過ごします。

そんな感じで。


ではまた。


March 10, 2011

カウントダウンは順調に


我が人生の汚点となること
間違い無しのイソ弁生活も。

残り14営業日。

嬉々として指折ってます(笑


「辞めてやる」と告げたとき。


「3月31日で」と言ったのは
少し早いかなと思いましたが。


今となっては全然早いと思いません(苦笑

血迷って4月末とか5月末とか
言わなくて良かった。

心の底からそう思ってます。

早く次に行きたくて仕方ない。

抑えきれない衝動を
何とか抑えるのに精一杯です。

たった一人のスタートで。

本当に大変な思いをするのだろうけど。

今よりマシだと思えることだけは。

間違いなく言えますね。

そんな感じで。


ではまた。

March 09, 2011

流れる季節の真ん中で~♪


3月9日です。

レミオロメン最高です。

今年は特に心に響きました。


色んな準備に追われる毎日ですが。


少し気分転換したくなり。


帰宅後は久々の一人ドライブ。

3月とは思えない
冷たい風が吹いていたので。


オープンには出来ませんでしたが。


サクラが咲いたら。


屋根全開で。


昼も夜も最高の景色を
楽しみたいと思っています。

そんな感じで。

ではまた。

March 08, 2011

こだわり

きょうも県外の裁判所へ。

この冬はとにかく遠出が多かった。

3月とは言え
きょうも北風が強く
結構な寒さ。

急行と普通を乗り継いで
1時間以上の長旅だ。

毎日のように遠出して、
体力的にもしんどかったりするんだけど。


依頼者のためだと思うから
何とか頑張れるわけだ。

弁護士になってから
まだまだそんなに時間は経ってないけど。


記者時代と同じように
依頼者に接するようにしている。


「自分から仕事を取ったら何も残りません」的な
ビジネスライクなやり方は嫌いだ。


大嫌いだ。


俺だって俺なりのこだわりがあって
仕事をしている。


綺麗事とか理想主義とか
言われるかもしれないけど。

仕事は金だけじゃないと思っている。

他にも大事なものはたくさんある。

金は後からついてくるものであって
心を売る対象じゃない。

金に心を売れば
卑しさのにじみ出た
品のない顔つきになっちまう。

そんなのはまっぴらゴメンだ。


人間として
断固拒絶する。

俺の「ものさし」は
金だけじゃないから。

前から言っているけど。


吐き気のするような
下品で醜いカネゴンには
なりたかないから。

これから自分の事務所を持つ上で
絶対に忘れちゃいけないことだ。


そんな感じで。


ではまた。


March 07, 2011

悲鳴


「辞めてやる!」と
啖呵切ってから
1か月弱だけど。


1か月前には
想像も出来ないほど
準備は着々と進んでいる。


オフィスも決めたし
備品の準備も進めているし
事務所の名前も決めたし
電話番号も決まったし
弁護士会で必要な手続きも進めているし
HPの制作も始まったし
今の所から私物は撤収したし
職印の発注もしたし
複合機の注文もしたし
PCの注文もした。

「やればなんとかなるもんじゃん!」と
少し気を良くしたりしているんだけど。

やっぱり少しきついね。

心も体も頭も悲鳴をあげている。

でもここで折れたら
絶対に負けだから。

きつくてもきつくても
前に進まないといけないわけだ。


きょうの午前中
修習地での裁判に出掛けて。

修習中から
喫煙所でよく話をしていた
書記官さんにばったり出会い。

独立する旨を伝えたら。


「早いね~」と言われたが。


自分ではむしろ遅きに失したと。


そんなことを思うようになっているわけで。


色んなことがバタバタで
色んな意味でどん底からのスタートだけど。

何とか勝ち抜けるよう
頑張らないといけないね。

ここが踏ん張りどころ。


足りないところは
走りながら直していけば良いんだから。


とりあえず前へ進まないと。

そんな感じで。


ではまた。


March 06, 2011

The Final Countdown

今の状態から
解放されるまで
残る18営業日。


3月31日まで
カレンダー通りに
計算しないといけないので
そうなるわけだ。

昨日送り出した私物の書籍などは
きょうの夕方自宅に到着。

次なる活躍の場を待ちながら
待機中だ。

色んなことが
本当に少しずつだけど、
真のスタートに向けて
動き出している。

もう足もととか気にせずに
前だけ向いて
カウントダウン進む日々を過ごしていきたいね。

そんな感じで。

ではまた。

March 05, 2011

撤収


きょうは
今の所から
私物を撤収した。

「準備は入念に、撤収は素早く」。

前の仕事で学んだことだ。


コンビニでガムテープと軍手を買って、
いつも通りの時間に出勤し、
朝から作業を開始。


撤収するのは、
ほとんどがこの1年半に
購入した私物の書籍。


事前に運送業者に
適当に「ダンボール小10個と中1個」
と発注していたんだけど。


発注したダンボール数が
見事にぴったり。


自分でも驚いたけど、
これも転勤や引越を繰り返してきた
これまでの人生の賜物なのかもしれないね。


よくニュースとかで
アメリカの企業で
経営破綻したオフィスから
ダンボールを持って出ていく
社員の姿が出たりするけど。

あんなに身軽じゃないのが
古くさい商売だなと思ったり。


荷詰めを終えて、
かなりすっきりしたデスク周りを見て、
かなり心もすっきりした。

このところ
これまで1年半の努力とか貢献とかを
全否定されるような
とても残念なことばかり。

自分がここで1年半も時間を無駄にしたことを
後悔することがとても多かったので
余計にすっきりしたね。

それでも
搬出を終えた午後には
かなりぐったり。


どっと疲れが出てしまった。


夕方に
自宅に戻ると
すぐに寝て
夜11時前まで爆睡。

気持ちで何とか持っているけど
体はさすがに悲鳴をあげ始めているね。

まあこの数ヶ月の時間は
尋常じゃない濃さだし、
仕方がないね(苦笑

こんな状態だけど
休めないのが悲しい所。

明日も開業準備で
やることだらけです。

脳みそから煙が上がり
体もボロボロですけど
頑張らんとね。

そんな感じで。


ではまた。


March 04, 2011

死守


自分の中の
こだわりとか価値観とか。

とっても大事なものを
守りきった1週間。

体裁だけ整えて
世間体というか
村人の評判だけを気にして、
ウソで固めた
スタートなんて
絶対に嫌だからね。

これで良かったと思う。

はじめの一歩から
妥協なんてありえんし。

そんな感じで。


ではまた。

March 03, 2011

寒い!


3月なのにとても寒いです。

自分の心と
天候がとってもシンクロして
冬に戻ったかのよう(笑


今度暖かくなったところで
本当の春だね。


カウントダウンは
淡々とだけど確実に進んでいる。


嬉しいね。


そんな感じで。


ではまた。

March 02, 2011

救い


「腹立てるだけ
腹ムダだからもう腹立てるの止めな」と
言われました。


いつまでも
真っ直ぐすぎる自分にとって
本当に救いの言葉でした。

こういう救いを差し伸べてくれる人の
優しさに自分はいつも救われています。


そんな感じで。


ではまた。

disappointed


非常にがっかりな1日。


もう本当にしんどい。


筋を通さないことについての
後付の自己正当化と自己保身は
聞き飽きた。

話は変わるが、
今日から花粉がとても増えたよう。

午前中遠方にいって
風浴びただけで
目が死にそうにしんどくなった。


薬でくしゃみは抑えているけど
夜になるとやっぱり辛い。


タイムスケジュール的にも
今が疲れのピークだと良いんだが。


でもやっぱり
沈んでいられないのが
この時期。

ちょっと古い曲だけど
superflyの
「タマシイレボリューション」。

W杯の時は
別に良いと思わなかったけど、
歌詞最高じゃん。

こうやって昔の曲でも
発見があるから全然OK。

無理してでも
テンションあげていきましょう。

そんな感じで。

ではまた。

March 01, 2011

イソ弁最終月間


人として扱われない
「バッジ付き奴隷」として過ごす最後の1か月。


正直もう話すこともないし
関わりたくもない。


ただ目の前の仕事を
淡々と片付けて
一月過ぎるのを待つだけだ。


独立には
色んな形があるんだろうけど。


自分の場合は
完全に喧嘩別れ。


今回独立に至った経緯については
絶対忘れることないし、
それがこれからの原動力になると思う。


この初心を忘れない意味でも
事務所の場所を決めてやった。


喧嘩上等だ。


おごれる者久しからず。

盛者必衰。


絶対に負けねえからな。

久々に血が騒ぐ3月だ。

そんな感じで。


ではまた。


« February 2011 | Main | June 2011 »