« 択一発表 | Main | 「冷え性」22年6月7日 »

June 06, 2010

6月に入って

こんばんは。


6月に入りましたね。


去年は
収容所での憂鬱な日々が待ち構えていたので
この時期はテンション最悪、
コンディション最悪でした。


今年は
そんな収容所生活も無く
普通に過ごせているので
全然マシです。

現行63期の方は
もう収容所に入っているんでしょうね。

自分としては
あんなの修習地でやればいいと思うんですよ。


雁首そろえる必要なんて
全くありませんから。


いちいち全国から呼び寄せる意味が全くないんだよね。
特に後期とか起案ばかりだし。


和光でやる意味なんて全くなし(笑)


講義とか起案の解説とかは
全部ストリーミングでOKだね。


LIVE講義じゃなきゃいけないものなんて
ありゃしなかったよ。


「みなさん、こんにちは」とかって
サスペンダー付けてやってくれよ(笑)。

話は変わるけどさ。

今、弁護士会では
給付制維持とかって
何か頑張っている人とかいるんですけどね。

以前にロースクール推進とか言って
旧司の廃止に尽力した奴らに
協力とかする気なんて
こっちには全くないわけですよ。

「バカ言ってんじゃねえよ」って感じでね。

あいつらが
ロースクールバンザイ!とかって
余計なことやって
新司経由という合格者の大幅増加に賛成したから
こういうことになったんだろ。

貸与制になるのは
もちろん大反対だけど
それをアピールしている連中が
ロー推進派、つまり
旧司を潰すことを是とした奴らだから
とても協力する気にはなれない。

筋が通っていないんだよ。
やっていることに。


てめえがやったことに
落とし前付けてから
次のことをやれって。


そういう奴らに限って
事務所の採用は
「新修習のみ」とかって
平気で差別をする。

旧司を潰して喜んで
現行修習組を差別して。


絶対に協力できないし、
絶対にゆるせないね。


繰り返すけど
こいつらが
旧司を潰して
法曹への入り口を
狭めたんだぜ。


繰り返すけど
こいつらが
適性の受験者減という形で
顕在化している
法曹離れを起こした
張本人だぜ。


なのに
今さら給付制維持だけ
頑張られても
ちゃんちゃらおかしいね。


ふざけんなっつうの。

まずは署名集める前に
自分自身のやってきたことを見つめろよ。


こいつら
どうせ弱者の味方面して
他人に署名を求めるんだろうけど
誰が弱者イジメしてんだ?

怒りすぎか?

でもそんなことはないはすだ。


そんな感じで。

ではまた。

« 択一発表 | Main | 「冷え性」22年6月7日 »

その後」カテゴリの記事

Comments

keroさんの無念、私も分かります。
択一の倍率が20倍なのも、明らかに異常ですし・・・。
keroさんの分まで、頑張るつもりです。

でも、私は大きな病気を患いながら、大学病院に通院しながらの受験なので、出来る範囲でベストを尽くそうと思います。

プーさんのカセットを聞いてますが、
憲法、4年連続Aで、得意だったんですね。
しっかり、聞いて役立てたいです。

Posted by: 曲げられない女 | June 06, 2010 at 22:47

42階さんの分も、頑張ります。
打ち込んだつもりでしたが、見直してみると入力されていませんでした。

Posted by: 曲げられない女 | June 07, 2010 at 00:40

弁護士のなかにはロー理念に賛成派もいれば無関心派も多かったでしょうね。


とりあえず日常業務に忙殺されてローがどうとか法曹増員がどうとかは他人事。

その間大学側は生き残りをかけて必死に一歩一歩そとぼりを埋める。


きがついたら尻に火がついてることに気づいた弁護士たちが大慌て。後手後手な気がするのですが


◆曲げられない女さん

大変ですね。おれも数年前に直腸ガンを患いましてもっか術後3年。再発の兆候はありません。食生活等に万全の注意を払ってます。


病気に負けずにぜひ合格を勝ち取ってください。

Posted by: 42階 | June 07, 2010 at 00:46

◆曲げられない女さん

コメントありがとです。

体調管理に万全の注意を払いつつ
全力で駆け抜けてください!

憲法のコツは話したとおりですので
ぜひ参考にしてくださいね。


◆42階さん

病気との闘いも
本当に大変だと思います。

無理をしないように
今後を見据えていってくださいね。

ではでは。

Posted by: ぷー | June 07, 2010 at 07:06

おっしゃること、本当にその通りだと思います。

ただ、現在法科大学院に在籍中の身としては、
貸与制か給付制かといわれたら、
どう考えても給付制を維持してほしい・・・
大学院にも、アンケートやら何やら来ています。
どちらにせよ、振り回されてしまう受験生。
システム上、筋を通せなくなってしまうような気がして辛いです。

Posted by: | June 07, 2010 at 08:05

◆名前無しさん

コメントありがとです。

私も給付制を維持すること自体は
全く賛成です。

当初3000人に増やすとか
中坊何某がめちゃくちゃなことを
言っていたから
貸与生という話が出たわけで
その前提条件が崩れた今となっては
貸与性にする意味ないですからね。

ロー生はロー生なりの
意見表明の方法があると思うので
ご都合主義のアホ弁連中に利用されずに
頑張ってください。

ではでは。

Posted by: ぷー | June 08, 2010 at 00:30

The comments to this entry are closed.

« 択一発表 | Main | 「冷え性」22年6月7日 »