« 9月の勉強について | Main | たぶんこれはイジメです »

September 04, 2008

総裁選

こんばんは。


というわけで
ニュースは
どれも自民党の総裁選。


麻生とか与謝野とか
小池とか石原とか
いろんな人の動きを追っています。


そんなニュースを見てると
政治家の後ろに写る記者に
昔の同期を発見。


たぶんというか
間違いなく
ずっと激務なんだろう。


かなり痩せて
もちろん歳を重ねていた。


それでも
何かを確実に楽しんでいる
そんな表情だった。


自分が残っていたら
今ごろどうなっていたか。


そんなことは
わかりやしないし
わかりたくもないけど
たまにそんなことも
考えたりもする。

受験生の頃
しばしば
「司法試験に合格すれば
すべて解決する」的な
浮かれた体験記を目にした。


でも実際は
合格したというその事実だけでは
何も解決なんてしないんだ。


合格したことで
「解決を迫られる」。


そういうことなんだよ。


そう。


たぶんこれが真実。

そんな感じで。


ではまた。


« 9月の勉強について | Main | たぶんこれはイジメです »

その後」カテゴリの記事

Comments

私、けっこういい年して修習生してます。
けっこう長いこと
何が自分の人生か分からず、模索を続けていたような… でも今は迷いがなくなったかな。
といっても、ここで頑張ろうと思っているだけですけど。
同期の仲間にも恵まれたので
けっこう面白くなるかも
と一人
思ってみたりします。

お久ぶりです!
合格したことで解決を迫られる…すっごく深いですね、この言葉。
私も勉強中はとにかく合格することを目標にして頑張ってましたけど、もちろんそれでいいと思うけど、ほんとに大事なのは合格した後の自分の在り方なんですよね。きっと。
先生、頑張ってください。そしてまたアツい話お願いします。

「合格すればすべて解決すると思ってるでしょ?」とは、私が以前付き合っていた人に言われた言葉です。グサッと胸に突き刺さりました。ただ、受験生としては、解決すると思わなきゃやってられないということがあることも事実だと思います。ぷーさんのおっしゃるとおりではあるんですが…。

 ところで、最近懐古主義かしりませんが、イカ天やジュリアナ東京の復活等なついなあと思わせられることの連続なんですが、ぷーさんは世代的にど真ん中ではないですか。ちょうど二十歳ぐらいでしたでしょうか。もっとも、ぷーさんがジュリアナ東京のお立ち台で踊りまくってる、ナンパしてるシーンetcは想像付きません(笑)。

この言葉、すごく共感出来ます。

所詮、受験生という身分にはこれといった社会的価値は無く(ロー生も同じく。何か自分は特別な存在だと思ってらっしゃる方が結構いますが)、合格して2回試験を通過してやっとスタートラインに立たせてもらえるわけですし(と言っても僕は合格してませんが・・・)

この前、論文は受けさせてもらえたのですが、どうもかなりのミスがあるみたいで、もう来年に向けて対策しています。ぷーさんのブログの内容に若干反してはいますが。僕は家庭の事情もありローには行けないので、来年で最後の考えです。

ぷーさんの言葉を肝に銘じて頑張ります。(ちなみに、ぷーさんの講座の受講生です。両講座とも予備校講師のそれより素晴らしく、特に論文講座の最後のお話には感動させられました。ありがとうございました。)

◆ブラック・ブラックさん

コメントありがとです。

「迷いがなくなった」。

素晴らしい状態です。
本当に羨ましいです。

私は表面的にはヘラヘラしていても
内面では様々な迷いや模索や
そんな色んなものを抱えて
結局決断し切れていません。

修習でも
「自分は法曹には向いてないんだろうな」と
結構切実に感じたりすることも
しばしばです。

来週から第2クール。

お互い頑張りましょう!


◆ともさん

コメントありがとです。

解決を迫られながら
どうやって生きていくのかという
命題にずっと向き合っています。

私の場合は
大学を出て一度社会に出て
再び考えて社会から降りて
そしてまた社会に戻って
でもまだその決断がつききれなくて。

そんな状態です。

ではでは。

◆にっきーさん

コメントありがとです。

リアルに解決を迫られる立場に立つと
どうしてもそこから逃げたくもなりますが
逃げてばかりもいられないので
ぼちぼち頑張っています。

ところで、
ジュリアナですが。

私はど真ん中じゃありませんよ(苦笑)
もうちょっと上の世代です。

まあ若い人から見たら
同じなのかもしれませんが。

最近若い同期にも
ジュリアナ世代と間違われ
本当に辛いです。

ではでは。


◆D+さん

コメントありとです。

論文試験お疲れ様でした。
もう勉強を再開できるだけの精神力があれば
合格も近いと思いますよ。

去年の私もそうでしたが
主観と客観には必ずズレがあるので
もちろん合格した場合のことも
頭においていてくださいね。

それと択一と論文の講座をご受講頂けたとのこと
本当にありがとうございました。

論文の講座の付録は
ちゃんと読んでおいてくださいね(笑)

ではでは。

The comments to this entry are closed.

« 9月の勉強について | Main | たぶんこれはイジメです »