« Viva La Vida | Main | 猛暑日 »

July 13, 2008

あと1週間


こんにちは。


暑いですね。
こちらは35度超えて
猛暑日です。


さて、
論文まで残り1週間となりました。


この時期の細かい注意点は
講座で説明したとおりなのですが
去年のこの時期に私が注意していたことを
いくつかご紹介しておきたいと思います。


▼やっぱり基本が大事

これは講座を通して
またブログを通して
何度も何度も書いていることです。

過去問を分析すればすぐにわかりますが
問われている中心論点は
あくまでも基本です。

もちろん出題趣旨には
基本論点以外にも
応用事項について
触れられていることがあります。

だけど
こういう事項について
しっかり書けているか否かでは
合否は決まらないと思います。

残り時間が少なくなって
あれもこれもと不安になって
やりたくなるのはわかりますが
それを我慢して
むしろ基本事項について
「しっかり書けるか」を
最後まで確認してください。


▼暗記だけに走らないこと

これは私がH16とH17で
惨敗した大きな原因だと思っています。

その当時は
答案暗記型の勉強をしていたため
超直前期は
覚えられない答案の暗記に走っていました。

結果どうなるかというと
本番で問題文を見て
頭が働かないんですよ。

だから
基本事項の確認とともに
たとえば過去問を使って
「何を書かなきゃいけないか」の
チェックはして欲しいと思います。

過去問については
もちろん答案を書く必要なんて
全くありません。

問題文を読んで
「書かなければいけないこと」を
5分で列挙してください。

これは
前から思っていることなんですけど
やっぱり問題文を読んでから
最初の5分が重要です。

その5分で
書くべき事項をしっかりと
思いつけたら
評価は良いし、
20分ぐらい考えて
やっぱり思いつかなくて
慌てて構成をした答案は
やっぱり評価が悪いです。

だから
「最初の5分」の能力を
高めるためにも
最後の1週間、
各科目1問ずつでも良いので
「頭を使うこと」を
忘れずに取り組んでください。


▼無理をしないこと

これは
超直前期だからこそ
大事なことです。

残り1週間
頑張るだけ頑張ろうとすると
緊張感もあるので
思った以上に頑張れたりします。

だけど
疲れが出ます。

確実に出ます。

当日の朝
外で待っていて
クーラーの効いた
試験会場の部屋に入った瞬間に
疲れが出たりもします。

そうなったら
終わりです。

だから
これから1週間は
絶対に無理をしないように
心がけてください。

いくら頭に詰め込んでも
当日頭から出てこなければ
何もやっていないのと同じですからね。

くれぐれも
無理は避けてください。


▼睡眠リズムを作ること

これは
私みたいな超夜型人間には
とっても大事なことです。

受験生時代の私みたいに
昼頃起きる生活をしている受験生がいたら
あしたからは早起きするようにしてください。

別に今の私みたいに
朝6時前に起きろとは言いません。

遅くとも8時には
ちゃんと起きるように
リズムを作ってください。

これは
試験前日ぐらいから
やってもかえって疲れますので
遅くとも月曜日からやってください。


▼体調管理をしっかりすること

これはもう言うまでもありません。

万全の体調で
試験に臨むように頑張ってください。

以上ダラダラ書きましたが
良い意味で自信を持って
頑張ってください。

変な不安は抱く必要は全くありません。


みなさんこれまで頑張ってきたんですから。


それでは
残り1週間
以上の注意点を参考に
無事に過ごしてください。


そんな感じで。


ではまた。


« Viva La Vida | Main | 猛暑日 »

その後」カテゴリの記事

Comments

ぷーさんの講義の受講生(初学者)です。 刑法はたくさん学説を覚えたほうがいいのでしょうか?

Posted by: ふとう | July 22, 2008 at 11:49

ふとうさん

はじめまして。

学説をたくさん覚えるとか
そんな勉強してたらいかんでしょう(笑)

択一用に択一六法の学説を覚えれば十分です。

Posted by: ぷー | July 22, 2008 at 19:52

The comments to this entry are closed.

« Viva La Vida | Main | 猛暑日 »