« 雨降って | Main | 色んな無理が »

June 23, 2008

クライマーズ・ハイ

こんばんは。


実務修習が始まりとともに
私自身の久々の通勤生活が
始まりました。


前職では
地方局時代は車通勤、
東京時代も出勤時間は遅かったので
普通の通勤時間に電車に乗るのは
実は初めてだったりします。


始まる前は
「逆方向だしたぶん座れるな」と
考えていたのですが
普通に混んでいます。


普通に座れません。


普通に眠れません。


そこで
本を読むようにしました。


「勉強しろよ!」と
お考えの方も大勢いらっしゃると思いますが
私自身の中のバランスを保つためにも
電車の中では
全然関係ない本を読むようにしています。


まず手始めに読み始めたのが
「クライマーズ・ハイ」。


85年の日航機墜落時の
地元新聞の記者が主人公です。


描写が大変細かくて
電車の中では
世界に引き込まれています。


ちなみに
今年の修習生には
85年生まれの方が
結構いらっしゃいます。


私と12歳、一回り違います。


彼らは
日航機墜落や
阪神の日本一の時に
生まれたんですよね。


若いって良いなあ(笑)


自分が22歳の時と比べて
段違いにしっかりしている
彼らの姿を毎日見て
自分の甘さを痛感します。


でもそんなことは忘れて
行きと帰りは
「クライマーズ・ハイ」の
世界に入り込んでいます。


やっぱり
私のDNAは
あちらの世界なのでしょうか?


と自問自答しながら。

そんな感じで。


ではまた。


« 雨降って | Main | 色んな無理が »

その後」カテゴリの記事

Comments

おぉ!さすが同世代!(笑)
御巣鷹の事故の当日のことは、鮮明に覚えてますね。
アメリカ人にとっての9.11に匹敵するような、「あの日、自分が何をしていたか」を明確に覚えている数少ない日でしょう。
「クライマーズ・ハイ」私も読んでみたいです。

Posted by: schulze | June 23, 2008 at 22:57

日航機事故関連の本はたくさん読みまして、クライマーズ・ハイも昨年読みました。
横山秀夫の文章にはぐいぐい引き込まれてしまいますよね。
緊迫感がすごいsweat01

来週公開の映画もひそかに楽しみにしていたりします。
たいてい原作を先に読んでしまったときって、原作のほうがよかったー、ってなりがちなんですが、たぶん見に行くんだろうなぁ。

Posted by: 睡蓮 | June 24, 2008 at 19:02

◆schulzeさん

コメントありがとです。

実務修習は順調ですか?

私の方はぼちぼちやっています。

毎朝
自分の住んでいる県で
現行型の修習が行われないことに
怒っていますが(苦笑)

ではでは。

◆睡蓮さん

コメントありがとです。

映画は見ましたか?

横山秀夫は
元新聞記者だけあって
作品を読んでいると
マスコミへの
望郷の念に似た思いを抱きます。

ではでは。

Posted by: ぷー | July 04, 2008 at 22:53

The comments to this entry are closed.

« 雨降って | Main | 色んな無理が »