« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

May 31, 2008

キマグレン

再びこんばんは。

最近
キマグレンの
「LIFE」という曲が
結構好きです。

ただそれだけです(笑)

そんな感じで。

ではまた。


あすが日本ダービー


こんばんは。


起案の後じゃないと
氷結@新幹線の
旨さが減少するなと感じた
きのうでした。


さて、
あすは日本ダービー。


東京の方は
まだ雨降ってるんですかね?


資金は
きょうの金鯱賞で
とりあえず稼ぎました(笑)


ちなみに
あすのこちらは
真夏日予報。


みなさんの予想は
いかがでしょう?


そんな感じで。


ではまた。

May 26, 2008

ダービーウイーク

こんばんは。


というわけで競馬ファンにとっては胸騒ぎ、血踊るダービーウイークです。


私も当然ながら研修所近くのコンビニでブックとギャロップをゲット。


どの馬から行こうかあれこれ妄想中です。


起案の後の競馬雑誌は最高だね。


そんな感じで。


ではまた。

May 25, 2008

精神論

こんにちは。

雨も上がった
日曜日です。


さて、
きのう岡田JAPANが
コートジボアールに勝ちましたね。


「オシム流」からの脱却を
宣言してからの
初めての試合だっただけに
岡田監督には
相当なプレッシャーがあったはず。


豊田スタジアムで
玉田が決めて
楢崎が守るという
良い感じのゲームでした。


ところで
岡田監督の指導について
「精神論ばかり」などと
不平をこぼす選手もいるらしいです。


だけどたぶん
それはそれで良いんでないかと。


そんな風に思うんだよね。


やっぱり最後は
気持ちの勝負。


司法試験も全く同じ。


特に直前期になればなるほど
気持ちの勝負。


「精神論が役に立たない!」という
人間は
それはそれで良いんだよ。


気持ちがしっかりしているか
気持ちが全く伴っていないかの
いずれかだろうしね。


今年の択一試験。


受験していないが
色んなところから
評判を聞く。


評判の中で
試験中に寝ていたアホが
結構いたとの話が
ほとんどと言っていいほど
必ず出てくる。


「もう旧司は終わりだな」。


私はそんなことは
絶対に思わない。


だけど目立つ話は
寝ている奴の話ばかり。


合格者の数だけじゃなくて
受験生の態度からも
もう終わった試験だと
そんな風に思わせる話が
目立って語られている。


そんな
試験中に寝るアホに限って
「小手先のテクニック」を
求めているんだろうなと思うと
正直言って吐き気がする。


「精神論は役に立たない。
受験テクニックを教えて欲しい」。


直前期じゃなければ
そんな思いは当然だと思う。


だけど
直前期になって
変な小手先テクニックを聞いてどうすんだ?


それを試験までの短い時間で
自分のものに出来るのか?


勝手にバカにしている
精神論を無視して
試験時間中どんな難しい問題が出ても
心を折らさずに
頑張ることが出来るのか?


今年の択一。


憲法と民法が難しかったことは
色んなところからさんざん聞いた。


だけどさ
問題が難しいというのは
受験生全員にとって
同じ条件なんだよ。


どんな難しい問題でも
ちゃんと点とっている奴は
いるんだよ。


「難しいからもうダメだ」とか
決めつけて心が折れるか
折れないか。


小手先のテクニックでは
差がつかないほどの点差がついていることを
ちゃんとわかってるのか?


「精神論じゃなくて
具体的な方法を」とかって
直前期になってもグズグズ言っているような奴は
目先の1点を効率良く取ろうとして
大きな点数を失っていると
ぶっちゃけ思うんだよね。


心がしっかりしてないから
本来なら落とさなくて良い点数まで
全部落としてんだよ。


問題に食らいつく。


合格していく人なら
当たり前に出来るようなことが
出来ないから
点数がどんどん落ちてくんだよ。


で、
そんな奴に限って
落ちた原因を
テクニックや知識不足に求める。


「精神論なんて聞きたくない」。


落ちた原因が
気持ちの緩さにあるのに
そこには目を向けず
偉そうに上から目線で
のたまい続ける。


で、
来年の会場で
同じように心が折れて
試合終了。


精神論をバカにするのは
自分自身の気持ちが
絶対揺るぎないほどしっかりしている奴にだけ
許されることなんだよ。


旧司は倍率が凄いしとか言って
尻込みしているような腑抜けのチキンに
精神論をバカにする資格は
全くない。


顔を三百回ぐらい洗って出直してくれ。


今年の択一が
うまく行かず
これからについて考えている人もいると思う。


来年ちゃんと戦えるのか。

もう一度自分自身の心に手を当てて
色んな事を考えて欲しい。

惰性で受験することだけは
絶対に止めた方が良い。


和光に行って
いわゆる
現役合格組の人たちを
たくさん見る。


彼らには勢いがある。


授業での発言を聞いていても
本当に勢いがある。


今年の論文も
来年の試験も
たくさんの学部生が
もの凄い勢いを持って
試験会場に来るだろう。


そんな勢いのある若手に負けないだけの
気持ちが自分自身にあるのか。


かつての私もそうだったように
何度か負けて
それでも立ち上がってという人は
試験に臨むに当たって
意識的にテンションを上げてもらいたい。


どんなに知識があっても
どんなに答案構成をしていても
どんなに過去問を分析していても
試験会場で
心が折れて問題にくらいついて
いけなくなったら
絶対に勝てないよ。


「精神論なんて役に立たないんだよ!」とか
ほざいている人間は
若い現役生に勝てるだけの
勢いが自分にあるのか
ちゃんと考えて欲しい。


その上でバカにするなら
全然かまわないが
たぶんそんな人間は
多くはいないと思う。


だから
直前期こそ
精神論が大事になる。


精神論を上回る役に立つ情報や
満足できる情報なんて何もない。


私自身も受験生時代、
特に最後の1回は
直前期になればなるほど
精神論が聞きたかった。


だから
I塾のM講師の話を
ストリーミングで見たときは
本当に良いものを見たと思った
(過去の記事参照)。


正直その前の
塾長の判例をごちゃごちゃ解説する部分なんて
何も印象に残っていないが
M講師の圧倒的な精神論は
本当に満足できた。

小手先の方法論やテクニックなんて
知らなくてもぶっちゃけ合否に影響なんて
しやしない。


どうせ論点落としたとか
そんなレベルだ。


でも
心が折れたら確実に落ちる。


あと1年だ。


この厳しい状況で
あと1年だ。

で、
そんなことを考えたら
択一の合格点とか
択一の疑義問について
いつまでも語っている暇は
ないはずなんだが。


傷を舐めあうのは
結果が出てからにしてくれ。


色んな言い訳して
論文の勉強から逃げないでくれ。


この時代
厳しいことを言う人が
少ないので
敢えて言います。


試験に落とされる痛みを
きのうのことのように
よく覚えているので
敢えて言います。

「甘えてんじゃねえぞ」。


気合い入れて
勉強してください。


そんな感じで。


ではまた。

May 23, 2008

経費削減バンザイ

こんばんは。


というわけで
金曜日。


きょうは
1日中起案で
教室のドアが閉められていたので
空気がこもって
熱気がこもって
書いている間に気分が悪くなりました。


お願いだから
冷房入れてください。


我慢大会じゃないんですから。


そんな感じで。


ではまた。


May 21, 2008

こんな歌

こんばんは。

心が折れかけている人にお勧めな曲。

少し前の曲ですが、湘南乃風の黄金魂。

暑苦しすぎる歌詞がとても良いです。

自分自身も特に先月はよく聞きました。

気分が落ち込んでいる時はこういうストレートなメッセージが1番効きます。

もし良ければ一度聞いてみてください。

そんな感じで。

ではまた。

May 18, 2008

新司組お疲れ様でした


こんばんは。


平成20年度の
新司法試験がきょうで終わったとのこと。


お疲れ様でした!


そんな感じで。


ではまた。

持ったまま


こんばんは。


きょうのヴィクトリアマイル。


武豊の余裕っぷりに
結構ひきました。


持ったままで
他馬を交わせると思ったんでしょうか。


オグリキャップの安田じゃあるまいし。


サムソンは石橋、
ウオッカは四位。


さっさと戻して欲しいです。

そんな感じで。


ではまた。

May 17, 2008

空気を読むな!

こんにちは。


というわけで
受験生のみなさんは
択一後の1週間が
終わろうとしていますね。


で、
みなさん自己採点とかは
もうやっていると思いますが
一つだけお願いが。


それは
合格点を勝手に決めつけないで
もらいたいということです。


自分は40点台前半だから
もうダメだとか。


ガイダンスでも講義でも
話しましたが
もはや誰も合格点を予想なんて出来ません。


たとえ
某巨大掲示板で
○○点が通説!とか
出ていても
全然気にしないでください。


というか
論文に向けて
そろそろ走り出してください。


「択一終わってから何もやってない」
と焦りを感じている方もいるかもしれません。


でも大丈夫です。


去年の私は
択一後1週間、
択一の反動で
ほとんど何も勉強できてません。


今年より直前期の期間が
短いにも関わらずです。


だから
そろそろ択一のことは忘れて
論文に向けて勉強して頂ければと。


「合格点わからない
   ↓
金が無駄になるかもしれないから直前答練受けられない
   ↓
なんとなく勉強も出来ない」。


そんな方もいるかもしれません。


でも
発表後コースがあるじゃないですか。


講義やガイダンスで
何度も言ったとおりで
私は論文直前期こそ
予備校に引きずられずに
自分なりの計画を立てることが
大事だと思っています。


答練を受けることだけが
勉強じゃないはずです。


勝手に決めつけたり
変に空気を読むと
楽なんですよ。


ある意味で
勉強から解放されるわけですし。


でもそれじゃ
やっぱりいかんですよ。


どんなに不安でも
発表の日まで
しっかりやってください。


考える時間は
夏にいくらでもあります。


そんな感じで。


ではまた。


May 16, 2008

念のため(笑)


こんばんは。


なんか今週は
アクセス数が増えているのですが。


念のためですが
私は今年は受験していません。


というか
たぶん旧司も新司も
もう受験できないんじゃないかと。


そんな感じで。


ではまた。


May 15, 2008

カレンダー

こんばんは。

こちらへ来て一ヶ月が過ぎました。

高校生以来となるカレンダー通りの生活で、曜日感覚は物凄く磨かれました。

大学時代は遊んでばかりで、仕事時代は休みめちゃくちゃで、受験生時代は毎日が日曜日みたいなもんだったから普通にカレンダー生活が新鮮です。

日曜日の夜がこんなに嫌なもので、金曜日の夜がこんなに幸せな時間だと知らなかったね。

あしたが終われば幸せな時間。

ゴールが見える木曜日の夜もまあまあ良い。

そんなカレンダー生活を満喫中です。

そんな感じで。

ではまた。

May 12, 2008

新司の方も頑張れ!

こんばんは。

新司も近づいてきましたね。

読者の方や私の論文の講義を受講していただいたみなさんには頑張って頂きたいと思ってます。

択一と論文一緒で科目数も多いため大変だと思いますが、最後まで心折れることなく頑張ってください!

そんな感じで。

ではまた。

お疲れ様です!

こんばんは。

たくさんの方から報告メールをいただきました。

本当にお疲れ様でした。

大台に乗った方も、40点代半ばの方も論文に向けて頑張ってください。

まずはスケジュールを立てることが大事です。

講義やガイダンスで何度も言いましたが、必ず本試験から逆算して計画を立てるようにしてください。

今日一日かかっても全然良いので自分なりのスケジュールをしっかりと。

報告メールもお待ちしてますよ!

そんな感じで。

ではまた。

May 11, 2008

択一試験お疲れ様でした!


こんにちは。


というわけで
択一試験を受験されたみなさん
本当にお疲れ様でした。


きょうから
下三法をやる必要なんて
全くないのは
私の去年の例を見て頂ければ
わかると思います(笑)


きょうは
本当に疲れていると思うので
とりあえずは試験のことを忘れて
のんびりしてください。


疲れているなら
自己採点はあしたでOKです。


今年は
論直期が去年より1週間以上長いので
焦って走り出すより
択一の疲れをしっかり取ることが大事ですよ。


択一試験、
本当にお疲れ様でした!


そんな感じで。


ではまた。

May 10, 2008

さあ択一だ


こんにちは。


というわけで
受験生のみなさんは
明日が択一本試験。


厳しい状況の中
ここまで頑張ってこられたみなさんなら
自分の力をしっかり発揮できれば
結果はきっちりついてくると思います。


自分に自信を持って
落ち着いて
問題文をちゃんと読む。


記憶した知識を使うだけじゃなくて
頭を使うべきところは
落ち着いて頭を使う。


この2つさえ
出来れば大丈夫です。


試験前日というのは
私自身も何度過ごしましたが
独特の息苦しさがあって
嫌な感じでしたね。


自分もそうしていましたが
きょうは早めに勉強は切り上げて
良い意味でリラックスして
試験現場で頭が働くような状態を
作っていただければと思っています。


あすは
本試験だからといって
特別なことをやるのではなく
これまで通りに過ごせば大丈夫ですから。


みなさんからの良いご報告
待ってます。


自分の力を発揮することだけを考えて
頑張ってきてください!


そんな感じで。


ではまた。


May 06, 2008

択一超直前期のみなさんへ


こんにちは。


というわけで
択一まで残り1週間を切ったということで
受験生のみなさんは
仕上げにかかっていると思います。


この時期は
「あれもやらなきゃ。これもやらなきゃ。」と
色んなことを考えてしまい
ついつい勉強が手につかなくなりがちです。


でも
択一は
中学校の中間テストじゃありません。

前の日に徹夜して
教科書やノートを読めば
それで事済む試験じゃありません。

これまでしっかり勉強してきた蓄積に自信を持って
堂々と残り数日間を過ごせばそれで良いんじゃないかと。

そのためにも
「これだけはやりたい」ということを
自分で厳選して
それだけは取り組むと良いんではないかと。

いろいろ出来そうで
いろいろ出来ないのが
超直前期。

それは受験生みんなも同じです。

地に足をつけて
やるべき事だけしっかりやって
本番に挑んでください。

みなさんからの
良い報告待ってます!

そんな感じで。

ではまた。


暑い


おはようです。


きょうも暑くなりそうだ。


そんな感じで。


ではまた。

May 04, 2008

春天

こんにちは。


というわけで
春の天皇賞。


マックイーン産駒のホクトスルタンに
注目が集まっていますが
私はテイオーの弟にあたる
トウカイエリートを応援したいです。


あくまで
「応援」ですが(笑)


馬券はもう1頭の
トウカイトリックから。


そんな感じで。


ではまた。

こちらは


もう夏だね。

暑いよ。


そんな感じで。


ではまた。

May 03, 2008

GW始まる

こんばんは。


というわけで
ようやく連休入り。


やっぱり
こちらが落ち着くね。


久々に
ゆっくり滞在できるので
本当に嬉しい。


和光では
マイペースでやってます。

自分のペースを崩すのは
好きじゃないので
こんなもんだろうなと。

自分の場合は
「法曹になるため」という
目的意識があるわけでもないので
シャドーロールをかけられた馬のようjに
視野が狭くなることがないよう
常に意識しています。


受験生の皆さんは
きょうは総択2回目でしたね。

お疲れ様でした。

もう自己採点終わっていると思いますが
点数は気にせずに
「自分がどんなミスをしたのか」だけ
きっちり書き出すなどして
自分自身で把握をしておけば
これから1週間の勉強で
活きてくるはずです。

残り1週間は
「1点を積み上げていく」というよりは
「1点を落とさないようにする」といった感じの
勉強が大事になります。

自分の今ある知識の精度を高めたり
問題を解く段階でのミスを防いだり
そんな良い意味での守りの勉強をしっかりやっって
本番に向けて仕上げて頂けたらと思います。

講義やガイダンスなどでも
何度も言いましたが
「今年が最後」と思うことは
これから択一超直前期、
論文直前期を通して
本当に大事だと思います。

別に1日中勉強をする必要は
全然ないですが
やるときはしっかりやると。

そんな感じで
やってみると良いのではないかなと。

あと少し
本当に頑張ってください。

そんな感じで。


ではまた。


« April 2008 | Main | June 2008 »