« 東京方面の受験生の方へ | Main | 音楽とともに »

December 14, 2007

ほろ苦DEBUT


こんばんは。


帰宅して
真っ先に冷蔵庫から取り出す缶ビール。


喉ごしは良いんだけど。


きょうのビールは
ちょっと苦いね(笑)


さて、
きょうは思い出の地である東京本校で
ガイダンスに参加させていただきました。


温かく受け入れてくれた
他の合格者講師の皆さん。
スタッフの皆さん。


本当にありがとうございました。


そして何より
寒い中
足を運んでくださった受講生の皆さん。


本当に本当にありがとうございました。


正直、
口述の時の数倍以上緊張していました。


「ブログなんてやるんじゃなかったな」と
今さら思っても仕方ないことを思っていました。


自分自身でプレッシャーを勝手に高めて
教壇に立つんですから
救いようがないバカ野郎です(苦笑)


出張帰りの
サラリーマンに囲まれた
帰りの新幹線。


クリスマスに彩られた
車窓の風景を眺めながら
「言いたいことの半分も言えなかったかな」と
反省していました。


東京の講師の方々と違って
私はぶっつけ本番。


お見苦しい点、お聞き苦しい点も
多々あったかと思います。


こちらでのガイダンスでは
今回の反省を踏まえて
より一層頑張りますので
引き続きよろしくお願いします。


で、
きょうのガイダンス。


始まる前はもう少し
くだけた感じで話そうかなと思っていました。


だけど
教壇に立って
みなさんの熱意に
正直、驚きました。


空間を支配している空気は
真剣さそのものでした。


最終合格して私の方が
ついつい忘れかけていた「何か」。


そんな「何か」をみなさんの視線や姿勢から
教壇に立って話をしながらひしひしと感じました。


「『何か』を学んで欲しい」などと
偉そうなことを言っていた私の方が
受講生の皆さんから
「何か」を学ぶことが出来ました。


東京本校でも
LIVEでガイダンスをするチャンスを与えて頂き、
本当に感謝しています。


というわけで
繰り返しになりますが、
足を運んでくださったみなさん
本当に本当にありがとうございました。


これから
こちらでのガイダンス、そして
本講座が待っています。


ガイダンスと本講座を通して
私が4回の受験で学んだ
出来る限り多くのことを
みなさんに出来るだけ伝えたいと思っています。


精一杯頑張りますので、
よろしくお願いします。


今度は
苦みの少ないビールになると良いな(笑)


そんな感じで。


ではまた。

« 東京方面の受験生の方へ | Main | 音楽とともに »

その後」カテゴリの記事

Comments

ガイダンスおつかれさまです。
たまたま名古屋に住んでいるので、来週行く予定です。
コメント評判いいですね、期待して待ってます。

Posted by: 昭和 | December 15, 2007 at 03:49

今日は本当にお疲れ様でした。
僕はぷーさんのブログを読み始めたのは少し遅かったのですが、本当に合格者講義が実現するなんて改めて凄いことだと思いました。本当にお疲れ様でしたm(__)m
関西方面では予定がないということですが、名古屋で講義があるとは知らなかったんです(昨日辰巳の一月期パンフレットを見て初めて知りました)。僕は名古屋でも行けるので、22日は何も急用が入らない限り行かせてもらいます。
ぷーさんに会えるなんて今からかなり楽しみです。ちょうど、CDを何度も聴いて憧れを抱いているロックバンドのライブに行くような感覚でしょうか(笑)
では22日、よろしくお願いいたします(´∀`)

Posted by: テル | December 15, 2007 at 08:00

昨日はお疲れ様でした。
ぷーさんのガイダンスは他の方に比べ、人数が多かったですね。改めて、ぷーさん人気を実感しました。
内容も分かりやすく、非常に為になりました。

名古屋でのガイダンスは通信で、講義はVBで聞きますので、今後ともよろしくお願いします。

Posted by: 競馬大好き | December 15, 2007 at 12:05

お疲れさまです。ガイダンス。ぷーさんのおっしゃる
「アウトプットのためのインプット」。感銘を受けました。
基本書を丹念に読む方法では実戦力に不安を感じる。
そこで受験界では知識と実戦力をともに身につけるべく
答案回し-答連といった方法が主流です。しかしこの
方法は大量の答案をあまり整合性なく読んで行くため
基礎知識がいまいちアバウトだったりします。
オレも答案回し-答連をずいぶんやりましたが、論文
本試験ではBどまりでした。結局いずれの方法も帯びに
短したすきに長し。

そこでぷーさんのおっしゃる「アウトプットのためのイン
プット」となるのだと思います。もっとも具体的にどう
やればいいのかはむずかしい。プーさんの講義を楽しみ
にしています。

Posted by: 42階 | December 15, 2007 at 21:16

重ね重ねお疲れ様でした。

>空間を支配している空気は
>真剣さそのものでした。

>最終合格して私の方が
>ついつい忘れかけていた「何か」。

これはまさしくその通りでした。
本当はチラッと覗いて帰ろうかと思ったのですが、そんなヌルい客を許さない雰囲気でしたね。
出席者の方々の熱意と無念があって自分の合格があるのだと思うと改めて身が引き締まる思いです。
その意味で私にとっても得るものの多いガイダンスでした。

Posted by: 7月31日の名前なし | December 15, 2007 at 22:14

ブログでもご教授して下されm(__)m
利用価値の高い書物の紹介とともに

Posted by: ひろぽん | December 17, 2007 at 14:50

ガイダンス,最初の数分ですが
ネットで聞かせていただきました。

「えー」が入るのが少し気になりますね。
まあ,今はどうか知りませんが,塾長の
講義もよく聞いてみると結構「えー」が
多かったので,それよりましだと思いますが。

Posted by: にし | December 17, 2007 at 16:27

◆昭和さん

コメントありがとうございました。

名古屋では東京とは違った感じで
話そうと思っていますので
請うご期待!

質問も何でも受け付けますので
よろしくお願いします。


◆テルさん

ありがとうございます。

ご無理でなければ是非LIVEで
来て頂けると嬉しいです。

今度は色々と話すことが多いので
私の方も楽しみです。

耳障りにならないよう
話し方自体は落ち着いたテンションでやりますが
伝える内容は熱いものを詰め込みたいと思っています。

ではでは。

◆競馬大好きさん

ご来場頂きありがとうございました。

こっちは緊張しましたよ(苦笑)

>名古屋でのガイダンスは通信で、講義はVBで聞きますので、

本当にありがとうございます。

今度のガイダンスは時間が長いので
メリハリをつけて
講座の内容や択一対策、スケジューリングの方法など
具体的な話をたくさんさせて頂きたいと思っています。

よろしくお願いします。


◆42階さん

コメントありがとうございます。

具体的な方法については
講座でたくさん話す時間があると思います。

よくあるパターンで
「ガイダンス最高、講義いまいち」ということには
なりたくないので
講座については簡単に紹介する程度に敢えてとどめました。

名古屋でのガイダンスは
来年激戦必至の択一について話す
最初で最後の機会なので
具体的な話をたくさんします。

もし良かったら
講義共々ガイダンスもよろしくお願いします。


◆7月31日の名前なし さん

そうでしたね。
なんか忘れていたモノを思い出させてくれました。
これもLIVEならではの魅力で
本当にご無理を聴いてくださったスタッフの方には
感謝しています。

7月31日の名前なしさんとは
あまり話す時間がありませんでしたが、
またよろしくお願いします。

◆ひろぽんさん

コメントありがとです。

名古屋でのガイダンスでは
私が聴いた講座や利用した書物の話もします。

通信もあるので
是非よろしくお願いします。

◆にしさん

ありがとうございます。

内容に関心の無い人ほど
形式に注意が行くらしいので
さすがですね(笑)

最初の数分って
一番緊張していた時間だったので
ご容赦ください。

後半はそれほど言ってないはずですよ(笑)

名古屋でのガイダンスでは注意します。

とは言っても
名古屋でのガイダンスは
ネットで配信しないので
にしさんにはお聞かせ出来ないですね。

残念です(笑)

Posted by: ぷー | December 17, 2007 at 18:53

The comments to this entry are closed.

« 東京方面の受験生の方へ | Main | 音楽とともに »