« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007

November 29, 2007

赤ペン

こんばんは。


守屋元事務次官のゴージャス妻の
たかりっぷりに唖然とする今日この頃です。


自分は努力しないで
旦那の地位を利用して
業者にたかってたかって
骨の髄までしゃぶり尽くす
そのマインドが素晴らしいですね。


旦那が仕事をしている平日もゴルフに
招待するようたかっていたらしいですし、
ブランドものや高級な食事も
全部たかりらしいですし
ようやるわ。


取り調べに対して
「友達だからOK」とか
ほざいているらしいですけど
どんだけ麻痺しているんだ、
この人の感覚は?

友達だったら
ますますたかるなよって思っていますのですが。
言い訳というか言い逃れがその無神経さを際だたせます。


マスコミも
素行が悪いだけの
朝青龍や亀田大毅なんかより
こういう悪質なオバサンを
もっと叩けよと思いますが
どうなんでしょうね。


マスコミ内部では
普段女性にたかられている人が多いから
叩けないんでしょうか?(笑)


さて、
最終合格発表から
ブログの更新が鈍っている理由の一つに
答案の添削があります。

口述模試の対価としての義務添削なんですが
発表の翌週からさっそく始まりました。


「まあ添削は簡単に出来るだろう」と
甘く見ていたのが大きな失敗。

週に20通に抑えてもらったのに
四苦八苦しています。

もちろん添削以外にも
最高裁に提出する書類を集めたり
年賀状の手配をしたり
お歳暮の準備をしたり
近所のスーパーに買い物に行ったりと
色んな雑用もあるので
かなりパンク気味です。


週に40通とかだったら
締め切り前日は徹夜とかって状態で
絶対に破綻しただろうなと
軽く身震いするほどです。


添削といえば
私が受験生の時には
良い思い出もあれば悪い思い出もあります。

さすがに直前答練の時期は
やや諦めていましたが(笑)、
それでも「ちゃんと書いてあるのに読み落とされた」とか
「判例は?」とだけ書かれて減点されたとか
いくらでも不満はありました。


そんな
自分が答練を受けていた時に感じた添削への不満を
今の受講生に抱かせないようにと思って
しっかり一枚一枚、一行一行読んで、
きっちりコメントをしているのですが
慣れていないこともあって
笑っちゃうほど時間がかかります。


時間だけじゃありません。

ぶっちゃけ
自分で答案が書くよりも全然脳みそが疲れます。


まあ私は元々不器用なんで
仕方が無いと言えば仕方がないのですが
添削がこんなに大変と思いませんでした。

「添削なんてちゃっちゃと片づければ良いんだよ」と
割り切ってやってらっしゃる方もたくさんいると思いますが
私はつい最近まで受験生だったこともあり
そんな割り切りは出来ないし、
絶対にしたくありません。

業界全体が新司にシフトする中で
旧司の答練を真面目に受けている受講生の気持ちを考えたら
どんなに時間がかかっても
読んでもらって納得出来る添削をしたいと思ってやっています。


おかげで
添削を終えると激しく脳みそが痛くなるわけだが、
まあ仕方あるまい。

口述直前期を除いて
論文後脳みそを弛緩させていた私の責任でもあるわけですから。

だから
私が添削した答案を返却された受験生に一つお願い。

点数を見るだけじゃなくて
答案の後のコメントもしっかり読んでください。


と書いても「ぷー」の名前で添削してるわけじゃないので(苦笑)
私が添削したことは受講生にはわからないか。


でも
別に私が添削した分じゃなくても
この時期からは今年の合格者が添削することがあるので
色々と参考になると思います。

答練は点数じゃないので
そんな合格者のコメントをしっかりと
参考になさるとよいと思います。

それが答練受講生の特権でもあるしね。


ちなみに
私は来週で
義務添削の60通が終わったら
一旦添削をやめる予定です。

本当は
合格者講義もやりながら
添削もと思っていたけど
このペースだと絶対無理だ(苦笑)

不器用なので済まない。


その分は
合格者講義とそのガイダンスの準備に
全力投球をしますので
是非よろしくです。


詳細は決まり次第
このブログでも紹介させていただきたいと思っています。


脳みそを使った後の酒は格別だなと
きょうも思えるように
この後も添削頑張ります。


そんな感じで。


ではまた。


November 27, 2007

コメントのレスつけました


こんばんは。

天気悪いね。


さて、
大変長らくお待たせしましたが
最終合格の記事など最近の記事に
これまで寄せられたコメントへのレスをつけました。


本当に本当に
読者のみなさんにも支えられて
最終合格があったのだなと
コメントレスをつけながら
実感しました。


大変感謝しています。


メールを頂いた方には
今週中に一通一通返信しますので
しばしお待ちください。


そんな感じで。


ではまた。


November 21, 2007

コタツに入ると眠ってしまいます


こんばんは。


お元気ですか?(笑)


最終合格発表直後から
色んなことに忙殺されていて
なかなかゆっくり出来ません。


「最終合格したらのんびりできるんだろうな」と
受験生時代に思い描いていた冬とは
全然違う冬を過ごしています。


まあ仕方ない部分もあるんだよね。
受験生時代は「勉強しないと」ということで
色んな人に不義理を働いていたから
そういった人達に会ったり連絡を取ったりするのは
当然のことであって。


合格証書の交付期間とかも
なんか無駄に短いんだよね。


本籍地を離れている人が
郵送で戸籍抄本を取り寄せてとか
そういう手間を少しは考えろよ。


で、地方の法務局とかには
「人権擁護委員会」とかあるのが笑える。


一番人権を蹂躙しているのは
あんたららだろうと
法務省の役人に笑顔で伝えたいね。


さて、
先日の記事で募集した講義の内容についての
コメントやメール、たくさん頂きました。

本当にありがとうございます。

また決まったらご報告します。

先日のマイルチャンピオンシップ。

ゴール前でスタンド側に顔を向けて愛嬌を振りまく
スズカフェニックスを見て笑ったね。

複勝290円はつけすぎだろ。
普通に儲かりました。
馬を見る目のないみなさんありがとうございました(笑)

最終合格発表日のコメントの返信については
近日中に必ず1つ1つにつけますので
もうしばらくお待ちください。

そんな感じで。


ではまた。


November 15, 2007

続行か撤退かで悩んでいる人へ

こんばんは。

少しずつですが確実に寒くなってきています。

さて、
去年のこの時期、
私は撤退か続行かで悩んでいました。

ネタ帳ではよく「撤退芸」などと
笑われていましたが
結果が出なかった以上
悩むのは当然です。

逆に悩みもせずにダラダラ続けるような
態度はすぐにでも改めるべきだと思っています。


で、
悩んでいる時には
色んな人が色んなアドバイスをしてきます。

結論を出した後にも
色んな人が色んな意見を行ってきます。


去年の12月1日の記事に寄せられたコメントを読んでみてください。

応援してくれる方々が居る一方で、
「情けない」とか「リスク管理」などと
言いたい放題人の人生に干渉する輩がいました。

ぶっちゃけ凄く腹が立ちましたが(笑)


で、
当然予想されたことですが
そうやって言いたい放題言った奴らは
今年私が最終合格しても
コメントの1つも寄せません。

仮に私が落ちていたら
たぶんコメントを寄せたことでしょう。

「それ、見たことか」ってな感じで。

あなたの人生に偉そうに干渉する
他人の意見なんてそんなものです。

絶対に振り回されないでください。

自分の人生なんだから
自分自身の判断で決めるのが一番。
決めたらやるだけです。


私自身は
去年のちょうど今頃、
法学検定の試験を受験した後に
最終的に司法試験を続行することを決意しました。

論文発表から1ヶ月以上悩み、
勉強再開までは2ヶ月ほどかかりましたが
それでも今年はうまく行きました。


悩む時間は決して無駄ではありません。

自分自身の中で
明確な答えが出てくるまで
しっかりと考えて結論を出されると良いと思います。

そんな感じで。


ではまた。


November 11, 2007

どんな講義が良いですか?


再びおはようです。


さきほど予備校から
口述模試の対価としての義務添削の資料が届き、
軽く目眩がする日曜の朝です。


ところで
合格者講義について
近日中に予備校の方と打ち合わを行う予定です。


で、
それを前に読者の皆様から
「こんな講義を聴きたい!」という意見があれば
それをふまえた上でプレゼンしたいと思っていますので
率直なご意見を是非お聞かせいただきたいと思っています。


コメント欄かメールで
是非よろしくお願いします!


そんな感じで。


ではまた。


November 10, 2007

A QUESTION OF HONOUR

こんばんは。


発表から2日経ち
ようやく
発表前の緊張が解けてきました。


で、意外と早く
「様」だけ手書きの(笑)
封筒に入った
合格通知書が届きました。


口述は305点、16位。

論文とあまり変わらない順位で踏みとどまることが出来ました。


口述については
また改めて書きますが
「地獄の2週間」+「口述後の脱力2週間半」を
過ごしただけに
おそらくというか間違いなく
20代に積んだ
7年間の社会人経験に助けられたのだと思うね。


しかし
こんなところで
20代の経験に助けられるとは思わなかったというのが本心。


色んな経験や歳月が
人を思わぬ所で助けることもあるのだなというのが実感。


さて、
発表当日の記事にはたくさんのコメントを頂き
本当にありがとうございます。


また来週中に
コメントレスをさせていただきます。

そんな感じで。


ではまた。

November 08, 2007

time to say good-bye

こんばんは。

今、東京からの新幹線に乗ったところです。

何度も嫌な思いをしてきた霞ヶ関のあの場所で、きょうは自分の名前を見つけることができました。

二十代の最後から始めた司法試験受験生としての日々もきょうで終わりました。


やっと司法試験に「さよなら」を告げることが出来ました。


何度も逃げ出す形で終わらせようとしたけれど、最終合格という形で綺麗すっきり終わらせることが出来て本当にホッとしています。

これもみなさんのおかげだと思っています。

受験生の知り合いが一人もいない私にとって読者のみなさんの時には優しく時には厳しいリアクションが色んな意味で刺激になりました。

本当にありがとうございました。


このブログですが、まだまだ書きたいことは山ほどあります。


論文合格後に書きたかったことも「最終合格するまでは」と我慢していたことがたくさんあります。

というわけで、これからもご愛読頂ければ幸いです。


そんな感じで。


ではまた。

November 07, 2007

いよいよ明日が発表です


こんばんは。


というわけで
体調崩して寝込んだりしていたら
もう発表が明日となりました。


あしたは天気が良いみたいなので
やっぱり「FEEL LIVE」ということで
掲示板をこの目で見に行きたいと思っています。


なんとか自分の番号が載っていると良いんだが。


そんな感じで。


ではまた。

« October 2007 | Main | December 2007 »