« 国なんて美しくなくて良いんじゃねえか? | Main | さあ6月だ »

May 30, 2007

Wからの手紙の件

こんばんは。


疲れが溜まってくる時期ですね。

でもあと少しです。
あと50日弱で解放されます。


出来る時に出来るだけやる。


当たり前のことですが
試験後に後悔を残さないよう
やりきりたいと思っています。

さて、
先日、私の家にも
Wから黄色い封筒が届きました。

事業譲渡とのこと。

どんな理由でどんな経緯で
事業譲渡するのかわかりませんが。


私は
プロフィールにも書いていますが
Lの基幹講座を経てきているので(苦笑)
Wに関しては
答練や単発講座の通信が中心です。

でもWの雰囲気って結構好きですけどね。


実は大学時代にも
Wに通っていたってこと書いたことあったっけ?

まあ司法試験セミナーじゃなくて
マスコミセミナーで
しかも最初の2,3回だけ行って
後は顔すら出さなかったわけだが(苦笑)

ちなみに
司法試験の勉強初めて
登録証作った時に
金取られたよ。

昔、登録証作っていたとかいう理由で。

誰がそんなもの保管しているんだって感じだったけどね。


で、セミナーといえば学院長なわけだが
禁煙を叫んでいる割には
実は馬場ではセミナーの喫煙所が一番充実している。

各階のバルコニーという一番いい場所が喫煙所。

タバコを吸う人ならわかると思うけど
タバコは外で吸った方がうまい。

喫煙ルームとかで空気悪い中(苦笑)
吸ってもうまくない。

馬場では
Tも外に喫煙ベンチがあるが
各階にあるWの勝ちだ。

去年の夏に東京を離れて以来
一度も行っていないが
試験が終わったら
本でも買いに行きたいところだ。


それに
Wは出版物が
実は受験生に一番親切だ。

誤植が多いとか色々問題はあるが
新会社法が出来て
問題集とかちゃんとすぐに改訂したのは
Wだけだし。


事業譲渡されても
こういった受験生に優しい面は
継続してもらいたいものだ。


ところで、
安田記念。

わけわからないのだが(苦笑)

まあ出走馬確定してから
ぼちぼち検討します。


そんな感じで。

ではまた。

« 国なんて美しくなくて良いんじゃねえか? | Main | さあ6月だ »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

今日は。初めてコメント書く者です。
数年前より息子が司法試験を受けるというので、直接聞くのも何だから其の生活を知るために色んな司法関係のブログを読んできました。読むだけでコメントは書いたことはないのですが、貴方のブログを読んでコメントすべく突き動かされました。
ブログを読んでものの考え方がしっかりされ、非常に他人への思いやりも感じられ感じ入りました。既に合格されていても当然なのに司法試験の難しさを痛感しましたが、今年は絶対受かる(自分の第六感ですが)と思いますので試験直前の体調に留意され頑張って下さい。
最終合格者のなかに名前のあらんことを!

Posted by: のぼ | May 31, 2007 at 12:47

>>禁煙を叫んでいる割には
実は馬場ではセミナーの喫煙所が一番充実している。

マジで笑いました(笑)。

私はセミナー=誤植のイメージしかなったので
少し見直しました。よく見てらっしゃいますね。

ところで、この前の記事の最初のコメントですが
名前つけ忘れました。すいません(苦笑)。
個人的なことを思い出してしまったので。

ブルーハーツのリンダリンダが好きな私も
同じような感想でした。
価値観の押し付けだけは
絶対に絶対にやめて欲しいです(苦笑)。

長々かつ一々すいません(苦笑)。

ぷーさんもお体にお気をつけください。
あとちょっとがんばりましょう!

Posted by: 菜の花工房 | May 31, 2007 at 22:41

◆のぼさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

私の場合は社会人を7年していて、
その後に、しかも30歳を前に
突然「司法試験を受ける!」と言い出したので、
親には心配や迷惑や不安をかけっぱなしです。

本来ならば勉強すべき大学時代に何も勉強せず
本来ならばバリバリ働くはずの30代になってから
勉強ばかりしていて
本当に親には申し訳ない気持ちで一杯です。

のぼ様のご子息も
日々懸命に勉強されていることと思います。

おそらく「合格して早く親を喜ばせてあげたい」と
思っていらっしゃるでしょうから、
あたたかく見守ってあげてください。

司法試験の世界というのは
ひとたび試験場に入れば
うかるか落ちるかのギリギリのところで
やらないといけない
精神的には結構シビアな試験です。

私自身も
両親には、時には励まされ、時には一緒に泣き、
色んな場面で救われてきました。

のぼ様のご子息のこの試験での
成功をお祈りしています。

それでは。

◆菜の花工房さん

いつもありがとです。

この前の記事は
あまり突っ込むと論争になりそうなので
返信は簡単にする予定でしたので
悪しからずです。

セミナーは誤植は多いですが
参考書にしても問題集にしても過去問集にしても
1つの種類だけでなく色んな種類を出して
受験生に選択の余地を残すという
ある意味いい仕事をしてきたと思っています。

これからも続けてくれると良いですね。

ではでは。

Posted by: ぷー | June 01, 2007 at 00:41

The comments to this entry are closed.

« 国なんて美しくなくて良いんじゃねえか? | Main | さあ6月だ »