« ヴェテからの手紙 | Main | 反省したぞ! »

May 13, 2007

奢りと現実の間で択一本試験

こんばんは。

というわけで択一試験お疲れさまでした。

私も疲れた。

去年の数倍疲れた。

こういうことを書くと

うざいのだろうが

去年は4時30分の段階で

大丈夫だなと思っていた。

今年は

同じように4時30分の段階で

全て解き終えたにも関わらず

いくつかの問題の手応えが悪かった。

つまり後味が悪い感じだった。

開始前、

表紙の「40頁」との表示を見て

アドレナリンが出過ぎたようだ。

択一は民→憲→刑の順で解くが

最初の民法から空回りしっぱなしで

本当に辛い3時間半だった。

こんなに辛かったのは

初受験以来だ。

無駄に疲れたので

体が熱を帯びてしまい

眠れなくなっているのも全く同じだ。

「お前は初受験の択一から3年間

何をやっていたのか?」。

そんな進歩の無さを感じる

痛いほど感じる真夜中だ。

今年は

択一対策をほとんどしないで

直前模試で50台半ばで安定していたため

少し油断していた。

いや、油断じゃない。

変な欲が出ていた。

「本試験でも57か58ぐらい取りたいな」。

よせば良いのに余計なことを考え始めていた。

その欲が色んなバランスを崩していた。

きょうも

試験が開始してからペースが上がらなかった。

予備校の問題みたいに

「反射神経」だけで取れる問題が少ないことで

さらにペースを乱していった。

「全部取らなきゃまずいのに」。

そんな無駄な焦りがさらに脳みそを混乱させた。

そう。

初受験の時にここでも書いたとおり

緊張で頭が動かなくなったのと

全く同じ。

今年の場合は

「どっからでもかかってこんかい!」と

自分の力を過信しすぎていたことが

大きな足かせとなった。

結果は

LEC基準で

16-16-20の52。

憲法の2が5なら

17-16-20の53。

4年連続大台越えという

択一常勝ヴェテとしての

資格要件はクリアした。

が、しかし、

「旧司法試験ど真ん中」と

呼ぶには恥ずかしい

恥ずかしすぎる点数だ。

当然のことながら

直前模試での点数を割り込んだ。

予備校問題と本試験問題が違うにしても

納得が到底出来ない大きな落差だ。

巷では

「択一の勉強=嫌い、つまらない。

論文の勉強=好き、面白い。」

という二元論をことさらに強調される。

私も2回目ぐらいまでは

そう思っていた。

だけど今は

私はそうは思わない。

択一で英語や数学の問題が出るわけじゃない。

同じ法律の問題だ。

昔みたいに択一が知識だけを聞く問題でなくなっているのは

みんな知っている通りだ。

択一も論文も

「本当の力」があれば

ことさらに違いを強調せずに

クリア出来ると

去年ぐらいから考えている。

「終わった択一のことなんて忘れて

さあ論文だ!」と

突っ走る人間が多いのだろうが

私は敢えて立ち止まって

なぜ自分が択一で失敗したのかを

月曜日1日かけてちゃんと考えたいと思っている。

いい加減な状態で

やれ会社法だ、やれ論予だなどと

勢い負かせに

論直期に突入していったら

これまでと同じように

詰めの甘さで終わりそうな

そんな予感がしている。

そういう意味では

収穫の多い択一だったのかもしれない。

短答式試験の感想は以上だね。

しかしあれだね。

旧司も本試験会場に行くと

「こんな受験生がいたんだ!」と

なんか変な意味で嬉しいね。

もちろん受験生に友達がいない私は

誰とも会話せずにひっそりとしているわけだが

その存在を目の当たりにするだけで

結構気分が良くなる。

次は論文会場で皆さんとお会いできますね。

今度は

無駄なプレッシャーをかけずに

肩の力を良い意味で抜いて

でも心は熱くやりたいです。

そして

「旧司法試験ど真ん中」に

戻りたいです。

そんな感じで。

ではまた。

« ヴェテからの手紙 | Main | 反省したぞ! »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。

論文後はどこかを修正したくてもできませんし、
今の時期にぷーさんに
反省の機会を与えてくれたという意味で
昨日の結果はよかったんじゃないかと、
私からもそう見えます。
得るものの多い択一でしたね。

上見るな下見るな 誰もがそう言うけれど
憧れ 裏切られ 傷つかない方法も 
身につけ 乗り越え どこへいこうか?
ユメで見たあの場所に立つ日まで
僕らは少しづつ進む あくまでも
ユメで見たあの場所に立つ日まで
削れて減りながら進む あくまでも あくまでも

スピッツの「夢追い虫」っていう歌です。
うまく伝わるかわかりませんが
私が今ぷーさんに伝えたいことは
この歌詞みたいなことです。

肩の力を抜いて心は熱く。
私はそれで良いと思います。

これからまたがんばりましょう。

何はともあれ、
択一試験、本当にお疲れ様でした。

菜の花工房さん、コメントありがとです。

択一試験、お疲れさまでした。

50点きちんと突破していらっしゃるのは立派だと思います。
論文もがんばって下さい。

Whoさん、ありがとです。

でももう択一受けたくないです。

なので
論文頑張ります。

ではでは。

The comments to this entry are closed.

« ヴェテからの手紙 | Main | 反省したぞ! »