« 入れ込みすぎに注意 | Main | Wからの手紙の件 »

May 29, 2007

国なんて美しくなくて良いんじゃねえか?

こんばんは。

というわけで
どっかの国のどっかの大臣が
自殺したらしいのですが。

ちなみにこの大臣は
JRAを握る農水省の大臣。

たぶん疑惑まみれで
皇族を迎えるのにふさわしくないと言う理由で
ダービーは安倍が行ったのだろう。


で、
この大臣、
遺書に「日本国万歳」とか書いていたらしい。

おかしくねえか?

この大臣が生まれた昭和20年と
何にも変わってなくねえか?

国家ってそんなに素晴らしいものか?


でも、たぶん、
これが「美しい国」の真実なのだと思う。


人命より国家が優先されるのが
「美しい国」。

お国のためなら自分の命をささげちゃう
「美しい国」。

見たくないもの、聞きたくないものには全てフタをしちゃう
「美しい国」。

しゃべりたいことを国家の圧力でしゃべらせなくする
「美しい国」。

普通にうざいんだが。

個人個人がその人なりに美しければ
全体としての国家なんて美しくなくて良いじゃねえか?

そんな風に思ったりもするわけで。

まあ
私の場合は
天下国家の話をする前に
自分の答案を美しくしないといけないわけだが(苦笑)


そんな感じで。


ではまた。

« 入れ込みすぎに注意 | Main | Wからの手紙の件 »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

何の理由があるにせよ死んだら負けです。
残された人達も傷つくので。

人はなぜ自分以外の人を尊重できるのでしょうか?
(それなりに)美しい個人とはどのようなひとなのでしょうか?
なぜその人を美しいと感じるのでしょうか?
自殺された大臣はそれなりに美しい個人ではないのでしょうか?
「美しい国」のために個人が犠牲にされているのでしょうか?


コメントありがとうございました。

The comments to this entry are closed.

« 入れ込みすぎに注意 | Main | Wからの手紙の件 »