« コップの酒 | Main | 見えない敵と見えない仲間と »

February 09, 2007

「ど真ん中受験生2007」

こんばんは。

なぜかFMから流れてくる

trfの「EZ DO DANCE」が

心地よすぎる夜です。

昔、大学生の頃

trfのドームのライブ行きましたが、何か?

というわけで

願書の受付が始まりましたね。

私も願書を提出したので

晴れて2007年旧司法試験受験生の仲間入りだ。

で、今年、

私は「旧司法試験ど真ん中受験生」としての

役目を全うしたいと思っている。

まず択一。

これは去年までと同様、大台越えを普通に狙う。

今年は択一合格者がさらに減るので

「大台でも心配だ!」という人がいるかもしれないが

普通に大台取っておけば落ちる不安も少ないはず。

というかこれまで3年間で

3500人の合格者が抜けているので

いくらレベルが上がろうが

合格点が大台に乗ることはないと思っている。

「最低9割!」とか余計なことも言いたくなるが

結果として取れるならまだしも

目標とすると明らかに勉強の方向性がずれるのでしない。

使う道具は

これまで通り。

完択メインで成択サブ。

特にこれまで3年間の受験で書き込み満載の

完択は知識の幅を画する上では欠かせない素材。

バカの1つ覚えみたいに過去問グルグルやっている暇があったら

知識をきっちり定着させた方がよっぽど良いと思っている。

おそらく4月半ばぐらいから完択を読み始めて

各予備校の直前模試を受けて

5月は過去問を年度別に解いて最終調整して

いざ択一。

今年は2月とか3月とかにやる

予備校の択一模試は受けない。

無駄にピークを早めに持ってきても何の意味もないし

不安をまぎらわすために受けるなら

もっと力をいれるべき論文にまわそうと思っている。

で、択一が終了したら

その日に自己採点して論文へ。

去年の反省を受けて

どっかの予備校の直前答練を受けつつ

重点を入れるのは

あくまで

基礎的知識・基本的知識の徹底と

過去問の事案分析の最後の確認。

去年はこの時期に両訴に力をいれすぎて

バランスを失してしまったので

万遍なくやる。

今年の論文に関しては

「合格して当たり前。問題は合格する順位」

そんな感じで行こうと思っている。

ちなみにこれは去年の反省。

去年は「500位でいいや」と思って

案の定少し足りなくて落ちた。

人によるのだろうが私の場合は

「300番でいいや」と思ったら

必ず400番とかちょっと足りないところに落ち着いてしまう。

だから今年は敢えて

「合格して当たり前。問題は合格する順位」

という感じで行こうと思っている。

論文当日は

絶対に問題文に食い付く、

基本は厚く書く、

スジを外さない、

の3点を忘れずに

淡々と答案を書き上げる。

6科目12通のいずれでも

完全な答案を書こうとするのでなく

絶対に暴走しないことが大事。

1通でも暴走したら

リカバリーが大変なのは

去年実感済み。

で、論文が終わったら

少し長めに海外に行く。

脳みそをリフレッシュさせたら

口述対策開始。

で、今年の発表は見に行かない。

なぜなら番号があるのは

当たり前にしたいから。

4回目にして初めて

口述受験票まで印刷された

論文結果通知を手に入れて

出来るだけ小さい数字が書かれた

順位欄を確認したい。

最後に待ちに待った口述終えて

11月に晴れて最終合格をしないと

「ど真ん中受験生」たりえない。

というわけで

妄想は尽きないが(笑)

「ど真ん中受験生」として

出来るだけのことをやりたいと思っている。

この自分でも笑っちまうぐらいの

脆すぎる、脆弱極まりない妄想に

確固たる現実を1つ1つ積み上げて

近づいていきたい。

国だって

本当は旧司なんてどうでもよくて

今年ぐらいからは廃止したいだろうに

わざわざ試験をやってくれるのだから

受験生としてはそれを満喫させていただく。

今年こそ必ず最後まで残らさせていただく。

最終合格者の平均年齢を少しでも上げさせていただく(笑)

ただそれだけのことだ。

てなわけで、

旧司法試験2007。

頑張っていきましょう。

そんな感じで。

ではまた。

« コップの酒 | Main | 見えない敵と見えない仲間と »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

>6科目12通のいずれでも

完全な答案を書こうとするのでなく

絶対に暴走しないことが大事。


全く同感です。

ご無沙汰しています。
「EZ DO DANCE」懐かしすぎます(笑)。素敵です。
テンションあげていきましょう!
これまでと変わらず応援していきます。

◆デコピンさん

お久しぶりです。

コメントありがとうございました。

デコピンさんの講義を再度聴いて
今年の本試験では頑張りたいと思っています。

ではでは。

◆モエコさん

お久しぶりです。

お元気ですか?

お忙しい時にコメント頂きありがとうございました。

The comments to this entry are closed.

« コップの酒 | Main | 見えない敵と見えない仲間と »