« January 2007 | Main | March 2007 »

February 2007

February 22, 2007

目が・・・

おはようです。

やばいです。

朝から花粉飛びすぎです。

目もかゆすぎ、

くしゃみも止まらない。

やっぱり温泉?

しかも海沿い?

そんな感じで。

ではまた。

February 20, 2007

毎年のことだが

こんばんは。

なんか幹事長が「美しい国」とか強調しまくって

ファシズム的な雰囲気が平気に爆発しているのが

鬱陶しい今日この頃です。

さて、

土曜日の京都記念は

雨が足りませんでしたね。

マイソールサウンドもまあまあ

頑張った方だと思いますけど(苦笑)

で、

毎年のことですが

花粉症が出始めて辛いです。

とにかくくしゃみが止まりません。

だから何ってこともないんですけどね(笑)

療養を兼ねて

温泉でも行こうかなと。

毎年そうなんだけど

花粉症の時期に頑張りすぎると

梅雨の時期に疲れが出てしまう。

ここでの「溜め」が

4月半ばから7月半ばまでの

直線コースでの

鬼脚につながるはずだ。

やっぱり温泉に行こう(笑)

「そんな奴は300人に入れない」

と思ってるあなた!

肩の力入りすぎ(笑)

そんなムキになっていると

択一でパニくって

終わっちまうぜ。

そんな感じで。

ではまた。

February 16, 2007

本家

こんばんは。

週末は天気悪いらしいですね。

さて、

このブログのタイトルの元となった

私の愛読雑誌

競馬最強の法則」。

発売日の13日に

いつも買っているショッピングセンターの書店に

売っていなかったので

近くの書店まで車で行ったら

その書店が閉店していた(笑)

で、きょう、買い物ついでに

駅近くの本屋を見たらなぜか売り切れ

デパートの書店でも売り切れ、

コンビニ2件に行っても姿がない。

次のコンビニでようやく目にするも

立ち読みでぼろぼろ(泣)

そんな状態の雑誌は買いたくないので

足を伸ばして大きい書店でようやくゲット。

ここまで苦労したのは初めてだ。

東京にいる間はそれほど意識しなかったけど

地方は本当に色んな面で不便極まりない。

馬場の芳林堂が懐かしいです(泣)

しかし、あれだね。

たかが競馬雑誌を求めて

必死になって書店やコンビニをまわる

33歳無職司法浪人ほど

悲しいものはないね(苦笑)

自分で書いてて恥ずかしくなるよ。

来月からはちゃんと

定期購読にします(笑)

こんなことばかり書いていると

「競馬と同じぐらい情熱持って勉強しろ」との

的確かつ痛烈な突っ込みが入りそうな悪寒。

はいはい。

ちゃんと勉強します。

だから一言いわせてくれ。

京都記念は

マイソールサウンドの逃げに注目。

開催後半の荒れ馬場に

雨が降ったら

追い込みは届かない。

これは競馬の基本。

当たるも八卦、当たらぬも八卦。

そんな感じで。

ではまた。

February 15, 2007

見えない敵と見えない仲間と

こんばんは。

ちょっと間隔空きました。すみません。

グラミーは主要部門Dixie Chicksだらけでしたね。

Gnarls Barkleyが主要部門を取れなかったのは残念だけど

Red Hot Chili Peppersが最優秀ロックアルバムを受賞したのは

良かったですね。

ナールズもレッチリも

去年の論文前に聴きまくっていのたのが

懐かしい思い出です。

さて、

願書も提出したわけだけど

みなさんご存じの通りで

私は普段自宅で勉強しているわけで

他の受験生の姿を目にすることはありません。

今年はおそらく総択1回目までは

ほとんど予備校にも行かないので

なおさらです。

それでも

本試験会場に行くと

受験生が大勢いるんだよね。

去年の択一は慶應で受けたんだけど

その人の多さにかなりほっとしたのを

はっきりと覚えている。

今年もおそらく

択一会場には多くの人がつめかけるのだろう。

普段は顔を合わせることもないけれど

みんな頑張っているわけだ。

私の受験も今年で4回目。

疲れた時には

そんな見えない敵と見えない仲間の存在を

敢えて意識して頑張っている。

2月も後半。

がんがん行きましょう。

そんな感じで。

ではまた。

February 09, 2007

「ど真ん中受験生2007」

こんばんは。

なぜかFMから流れてくる

trfの「EZ DO DANCE」が

心地よすぎる夜です。

昔、大学生の頃

trfのドームのライブ行きましたが、何か?

というわけで

願書の受付が始まりましたね。

私も願書を提出したので

晴れて2007年旧司法試験受験生の仲間入りだ。

で、今年、

私は「旧司法試験ど真ん中受験生」としての

役目を全うしたいと思っている。

まず択一。

これは去年までと同様、大台越えを普通に狙う。

今年は択一合格者がさらに減るので

「大台でも心配だ!」という人がいるかもしれないが

普通に大台取っておけば落ちる不安も少ないはず。

というかこれまで3年間で

3500人の合格者が抜けているので

いくらレベルが上がろうが

合格点が大台に乗ることはないと思っている。

「最低9割!」とか余計なことも言いたくなるが

結果として取れるならまだしも

目標とすると明らかに勉強の方向性がずれるのでしない。

使う道具は

これまで通り。

完択メインで成択サブ。

特にこれまで3年間の受験で書き込み満載の

完択は知識の幅を画する上では欠かせない素材。

バカの1つ覚えみたいに過去問グルグルやっている暇があったら

知識をきっちり定着させた方がよっぽど良いと思っている。

おそらく4月半ばぐらいから完択を読み始めて

各予備校の直前模試を受けて

5月は過去問を年度別に解いて最終調整して

いざ択一。

今年は2月とか3月とかにやる

予備校の択一模試は受けない。

無駄にピークを早めに持ってきても何の意味もないし

不安をまぎらわすために受けるなら

もっと力をいれるべき論文にまわそうと思っている。

で、択一が終了したら

その日に自己採点して論文へ。

去年の反省を受けて

どっかの予備校の直前答練を受けつつ

重点を入れるのは

あくまで

基礎的知識・基本的知識の徹底と

過去問の事案分析の最後の確認。

去年はこの時期に両訴に力をいれすぎて

バランスを失してしまったので

万遍なくやる。

今年の論文に関しては

「合格して当たり前。問題は合格する順位」

そんな感じで行こうと思っている。

ちなみにこれは去年の反省。

去年は「500位でいいや」と思って

案の定少し足りなくて落ちた。

人によるのだろうが私の場合は

「300番でいいや」と思ったら

必ず400番とかちょっと足りないところに落ち着いてしまう。

だから今年は敢えて

「合格して当たり前。問題は合格する順位」

という感じで行こうと思っている。

論文当日は

絶対に問題文に食い付く、

基本は厚く書く、

スジを外さない、

の3点を忘れずに

淡々と答案を書き上げる。

6科目12通のいずれでも

完全な答案を書こうとするのでなく

絶対に暴走しないことが大事。

1通でも暴走したら

リカバリーが大変なのは

去年実感済み。

で、論文が終わったら

少し長めに海外に行く。

脳みそをリフレッシュさせたら

口述対策開始。

で、今年の発表は見に行かない。

なぜなら番号があるのは

当たり前にしたいから。

4回目にして初めて

口述受験票まで印刷された

論文結果通知を手に入れて

出来るだけ小さい数字が書かれた

順位欄を確認したい。

最後に待ちに待った口述終えて

11月に晴れて最終合格をしないと

「ど真ん中受験生」たりえない。

というわけで

妄想は尽きないが(笑)

「ど真ん中受験生」として

出来るだけのことをやりたいと思っている。

この自分でも笑っちまうぐらいの

脆すぎる、脆弱極まりない妄想に

確固たる現実を1つ1つ積み上げて

近づいていきたい。

国だって

本当は旧司なんてどうでもよくて

今年ぐらいからは廃止したいだろうに

わざわざ試験をやってくれるのだから

受験生としてはそれを満喫させていただく。

今年こそ必ず最後まで残らさせていただく。

最終合格者の平均年齢を少しでも上げさせていただく(笑)

ただそれだけのことだ。

てなわけで、

旧司法試験2007。

頑張っていきましょう。

そんな感じで。

ではまた。

February 08, 2007

コップの酒

こんばんは。

というわけで

いよいよ明日から願書受付開始。

今年の旧司法試験を受ける人達。

恒例の願書を書くのもこれが最後だ。

みんなで今年決めようぜ。

予備校どもの旧司手抜きなんて関係なく

がんがん盛り上がっていきましょう。

で、ネタ帳(笑)

===========

413 :氏名黙秘 :2007/02/08(木) 00:33:08 ID:???

>>403
今年は300人でしょ? ムリポ
てか、合格しても今後就職先ないよ

===========

こういう考え方の人は

人生を楽しめない。

よく言われることだけど

コップに半分の酒があって

「もう半分しかない」と考えるか、

「まだ半分ある」と考えるか。

私は当然後者だ。

去年までは「もう一杯!!」という

タイプだったわけだが、

さすがに今年は「もう一杯!!」とは言えない(苦笑)

去年の論文発表直後に書いたことを覚えているだろうか?

300人は努力で何とかなる数字だという考えは

まだまだ変わらない。

そして最後まで変わらないだろう。

というか今年に関しては

私のためのイスが1つあれば

それで十分だ。

全力で奪いに行く。

これが「旧司法試験ど真ん中」の

あるべき姿だと思っている。

まあ

1500人時代に2回とも合格出来ず

500人にも引っかからなかった

阿呆の戯言だと思って聞き流してくれて

結構だけどね。

今年はやるよ。

必勝2007。

鉄板だ。

そんな感じで。

ではまた。

February 07, 2007

今年こそ合格してやるって!

こんばんは。

なんかネタ帳で越中詩郎について

触れている人がいますね。

好きですよ。越中詩郎。

新日に出始めた頃から。

あのヒップアタックが最高だって!(笑)

昔の、良い意味で個性を持った

レスラーの一人だと思います。

中邑とか棚橋とかにも見習って欲しいです。

いくら強くても「魅せる」ことが出来ないと

レスラーとしては2流、3流です。

越中はアメトークでもケンコバが

越中詩郎好き芸人として企画をやっていましたね。

ちゃんと録画して見る当たり

私も「越中詩郎好き受験生」なのかもしれません。

ちょっと体調を崩し気味ですが

勉強の方は淡々とやっています。

勢いに任して

「今年の自分は違うんだぜ」とばかりに

自分の進化を無駄にアピールはしませんが

当然自信は持っています。

前にも書いたけど

今年の旧司に関しては

「特攻」とは思っていません。

勝算があるから帰ってきた。

ただそれだけです。

択一、論文、口述と

ぶちかましていきますので

今後ともよろしくお願いしますって!

そんな感じだって!

ではまただって!(笑)

February 04, 2007

「強いものだけが正しい」

こんばんは。

今年のクラシックは

フサイチホウオーがやっぱり中心になりそうですね。

つうか、

ニュービギニング人気しすぎだろ(笑)

もうディープ祭りは終わったんだよ。

いつまでつまらんロマンに浸っていることやら。

そもそもで悪いけど

長年の競馬ファンからすれば

最近まで続いたディープ祭りには

かなりの違和感があるわけで。

昔から人気が出る馬は

強さと脆さが同居する馬だったのに

ディープに関しては

強さしかない。

ちなみに

凱旋門賞3着→失格なんて

何の脆さでもない。

昔ルドルフ、最近ではオペラオーなど

強さだけがとりえの馬には

そんなに人気が無かったのにもかかわらず

あの人気。

「強いものだけが正しい」という

最近の時代の風潮を競馬にすら見た感じがするね。

まあ私みたいな「駄馬」が

ディープのこと語っても仕方ないか(苦笑)

だけどさ、

強くないからこそ見えるものもあるわけで。

そこから目を背けて

強いものに陶酔したり心酔したりしても

それはあくまで現実逃避であって

あしたの自分につながらんと思うんだよね。

そういうことも思ってか

今回のディープ人気には

全くついていけなかった。

挫折を繰り返している者ならではの

屈折した感情ですまんね。

本当は誰でもディープみたいに

強く速く駆け抜けたいんだよ。

だけど悲しいかな、

実際の歩みは

未勝利クラス、

良くて500万下の馬なわけで。

4年前、

自分の能力を過信して

旧司法試験に喧嘩を売ったことの意味は

そのことを思い知らせてくれただけでも

自分にとっては大変意味のあることだと思うよ。

「本当の自分の能力はこんなもんじゃない」と

「もう一人の自分」という過信を胸に抱えながら

組織に居続けていたよりは

よっぽどマシだったと思う。

その意味の限りにおいて

少なくとも私にとっては。

所詮は駄馬なんだよ、私は。

そのことを十分承知の上で、

結果を狙いに行く。

人から見れば

「基地外ドリーマー」なのかもしれないが

「もう一人の自分」という妄想にも近い

ちっぽけなプライドだけを大事にしながら生きるよりは

よっぽど現実的だと思っている。

合格不合格で絶望的な差異を生じる

司法試験も今年で4回目。

このざらついた現実に

今年も身を晒していこうと思っている。

駄馬が豪脚を繰り出すその日を求めて。

そんな感じで。

ではまた。

February 03, 2007

落書き

こんにちは。

久々にネタ帳より。

================

358 :氏名黙秘 :2007/02/02(金) 00:51:32 ID:???

ぷーさんは30超えてます
病院とかいっても恥ずかしいだろうね、無職なんで

医者「ぷーさんは30過ぎなんですか、お仕事は何を?」

================

361 :氏名黙秘 :2007/02/02(金) 08:23:07 ID:???

>>358

ぷーさん「仕事は司法試験ど真ん中!!」

医者「・・・  ハァ━━━━━━ ;´Д` ━━━━━━ン!! 」

=================

こんな答えしたら

他の科にまわされそうだね。

そんな感じで。

ではまた。

February 02, 2007

2月は

こんばんは。

グウェン・ステファニーの

Wind it Upを聴いていると

頭がとろけそうになる

2月の夜です。

というわけで

この2月で司法試験勉強開始から丸4年。

勉強を始めた当時の高校3年生は

順調に行けばこの春大学卒業か。

えらい長いことかかっちまってるな(苦笑)

まあでもこれが

私の能力であり実力であり

人生の歩みなのだから仕方がない。

過ぎ去った日々について

悔いたりしている暇があったら

これから先の日々をよりよくする

努力をした方が良いのが当たり前。

大学時代の4年間は

全く勉強をしないで

だらだら遊んでばかりいたわけだし。

2月は思ったより

あっという間に過ぎる。

これまで3回の受験から得た経験。

この時期に一度、全ての科目の

基本的知識・基礎的知識を

瞬時に浮かんでくるレベルまで

しっかりじっくり

叩き込んでおいた方が

戦いやすいというのも経験則。

方向を間違えずに

頑張りたいところ。

2月下旬に

行政書士の合格証書が

届く頃までには

一通り完成させておきたい。

そんな感じで。

ではまた。

« January 2007 | Main | March 2007 »