« 待たせてすまん | Main | ディープが主役の有馬です »

December 21, 2006

師走に筆まで走らせてみた

こんばんは。

ちょっと間があいてしまって

本当にすまない。

ちょっと流行りのウイルスに感染して

ぶっ倒れていただけだ。

でももう大丈夫。

というか

有馬記念に向けて(クリスマスに向けてではない。念のため)

体調を整えるのが

私の年末のあるべき姿だ(笑)

で、有馬記念については

あしたぐらいに書くとして、

亀田。

無難に勝ったね。

この夏の

バッシングは異常だったと思うけど

(やくみつるとか最悪だろ。お前何様だ?って感じで)

それに対して

彼なりに答えを出したんだろうね。

まだ20歳になったばかりの若者にしては

立派だよ。立派すぎるよ。

たださ

あんな試合をしていたら

もう叩かれることすらなくなりそうだね。

でも真価を問われるのは

むしろ注目が下がったこれからの方。

無責任で身勝手な

「世間の声」なんかに囚われずに

勝ちを重ねて欲しいと思っている。

まあ30歳過ぎて

某巨大掲示板の批判に対して

何の結果も残せずに醜態を晒し続けている

私なんかに言われたくないだろうが(苦笑)

寒くなると毎年そうなんだけど

訃報が相次いだね。

青島元東京都知事。

私が選挙権を行使した

最初の機会だったので

よく覚えている。

彼も天才だったね。

金儲けだけに突っ走り

ニヤニヤと権力に阿るような

糞豚野郎がもてはやされた

最近の世の中では

もう「古いタイプ」の人間なのかもしれないけど

彼の反権力、反体制の生き様は

もの凄く格好良かったと思う。

カンニングの中島さん。

前から何度も書いているけど

私はカンニングのファンだったので

とっても残念だ。

エンタの神様に出る前の

虎ノ門に出ていた頃から

結構好きだった。

たいして面白くもないのに

自分が自分がと勘違いして

前に出たがる芸人どもが多い中で

彼みたいな存在は貴重だったと思う。

ご両人ともご冥福をお祈りしたい。

最後に勉強の話。

司法試験再開を決めたから慌てて申し込んだ

北出講師の今年の本試験の問題の

解説ガイダンスを聞いたり

各科目の抑えるべき基本の

ブラッシュアップを図ったり

そんなことをしている。

北出講師のガイダンスを

ちゃんと聞くのは初めてだったけど

かなり良かったね。

自分が本試験の現場で行った思考と

本来あるべき思考の形とのズレ、

そしてそのズレを埋めるために

日頃の勉強で必要なことが

はっきりと浮き彫りになる。

そんなガイダンスだった。

基本事項のブラッシュアップについては

今、会社法をやっている。

まあ来年は今年みたいな

超簡単な問題が出るわけはないので

それなりに精度を上げないと行けないわけだが。

当然ながら小役人の小遣い本はスルーして

(結局第1版も一度も見ないまま(苦笑))

C-BOOKを読み進めつつ

まとめノートを補充完成している。

商法は毎年そうなんだけど

手応えの割には成績が良い。

今年も手形の問題が

グタグタだったので

手応え激悪だったけど

やっぱりAが来た。

ちなみにそのグダグダな第2問、

形式的資格として裏書きの連続を肯定して

実質的資格として白地手形と無効手形の判断基準の

主観説から無効手形認定して

権利外観書いただけ。

改めて見直しても

ひどい構成だが

これでもAが来た。

まあ第1問の出来がだいぶ良かったから

救われただけとも思えるが。

まあ私の場合は

こんな調子なので

これから年末までは

手形をしっかりして

さらに上のAを目指す予定。

手形の場合は

基本事項や論証で躓くんじゃなくて

だいたい事案の把握で躓く。

だからその部分だけを

集中的にしっかりやる。

まあ私もみなさんから

「糞ヴェテ」とお褒めの言葉(苦笑)を

頂くようになったわけだが

長く勉強している分、

科目毎に自分の傾向というのが

つかめてきているので

日頃の勉強には好都合だ。

とにかく来年は

絶対に勝たないといけない。

勝つためには

ダラダラ漫然とテキスト眺めてみたり

答案の構成を数だけこなしていても仕方ない。

自分の足りない所。

そこを重点的に補充していくしかない。

ただここで注意も必要。

去年から今年の論文に向けて

私は極度に両訴に力を入れた。

おかげで

両訴は人並み以上の成績になったけど

それまでより成績が下がった科目が出た。

その結果。相変わらず目の前で足踏み。

詰まる所、バランスも重要。

これが難しい(苦笑)

こんなビリビリと神経を使うゲームなんて

めったにない。

来年まで

ビリビリしびれながら

味わいつくします。

糞ヴェテをなめるなよ(笑)

そんな感じで。

ではまた。

« 待たせてすまん | Main | ディープが主役の有馬です »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

こんばんは。

私も青島さん、好きでした。
上京して初めて会った有名人がその人でした。
優しい言葉を掛けていただいたのを覚えています。

私も亀田好きなんですが、
私は彼の豪快な勝ち方よりも
家族愛や不器用だけど真剣なプロ意識を
まとった亀田の物語に惹かれるんですよ。
でもテレビ的にはこういう地味な魅力は、なし、なんですかね。

普段の勉強のバランスって大事ですよね。
私もこれまでよかったために油断していた科目で
きつい評価がきました。
今年はちゃんとやります。
それにしても両訴をきちんと克服されたのはさすがです。

お互いヴェテ同士がんばりましょう!笑

ではでは。お体のほう、お大事に。

ぷーさん、こんばんは。
先生のアドマイヤメイン、特にアンカツのダメジャーをどう評価するかが有馬の肝だと思いますが、ぷーさんの見解はいかがでしょうか?
次回、あるいは次々回の日記でそこを含めて熱くお願いします。勉強のしすぎで競馬の勘が鈍ってないか見せてもらいますよ。

ぷーさんこんにちは。
ちょこちょこ見に来てます。
文章をよんで、人間性に興味がわく。
その文章力にいつも感心しています。
お互い頑張りましょう。
そして和光でおっさんサークルつくりましょう。

 ぷーさん、こんばんは。
 街はクリスマス一色ですね。私には関係ありませんが(笑)。

 さて、会社法について若干のコメントを。
 私としては、来年もさして難しい問題は出ないのではないかと思っています。
 今年の会社法出題の方針は、基本的なもののみということでしたが、この「基本的なもの」って人によってかなりバラ付きがあるんだと思います。
 例えば、学者にすれば、規則とか細かいことはあまりどうでもよいから、「基本的」とは言えないかもしれません。しかし、実際に株主総会法務をやっていると、会社法って規則を見ないと実務運用なんてできない代物だったりするんですよね。そういう実務をやる人の目から見ると、規則だって「基本的」とも言えるわけです。
 そうすると、結局みんなにとって「基本的」な部分ってかなり基礎的な部分に限られるのではないかと思うわけです。つまり、会社法の背後にある趣旨・考え方、そういったものしか出しようがないのではと思うわけで。
 そう考えると、来年も大したことないと思いますよ。

 そろそろ年末となり、あわただしい頃となりますが、体調を崩されませんよう。

 それでは。

◆未知人さん

コメントありがとです。

青島さんみたいに
上には楯突き下には優しい目線を持った
人間になりたいです。

亀田はあのビッグマウスが
なりを潜めないことを期待したいですね。

あの攻撃的な言葉に隠された
家族への愛情こそが魅力なんでしょうし。

お互い踏ん張りどころ。
頑張りましょう。

ではでは。

◆shallowimpactさん

コメントありがとです。

上の記事でご満足頂けましたか?

shallowimpactさんの見解も是非よろしくです!

ではでは。

◆apiruさん

コメントありがとです。

人間性むき出しの文章で
どうもすみません(苦笑)

和光では「三十路サークル」を是非結成しましょう(笑)


ではでは。

◆とかっちさん

コメントありがとです。

さすがですね。
まさにその通りだと思います。

>つまり、会社法の背後にある趣旨・考え方、そういったもの しか出しようがないのではと思うわけで。

そうなんですよね。
これはアナウンスされなくても
毎年聞かれていて毎年配点が重くおかれている所
ですもんね。

来年へ向けて
参考になる考えをどうもありがとうございました。

とかっちさんもお仕事お忙しいと思いますけど
なんとか年末まで乗り切ってください。

ではでは。

The comments to this entry are closed.

« 待たせてすまん | Main | ディープが主役の有馬です »