« 秋晴れの下で | Main | 心の叫び »

October 13, 2006

終わりなき旅

こんばんは。

このところ良い天気が続きます。
天高く馬肥ゆる秋です。

というわけで
発表からもう1週間が経ったわけだが。

去年の論文は落ちて本当にショックだった。
発表当日はさんざん泣きまくったし
何も手に付かない状態が続いていた。
あたかも時が止まってしまったかのように。

でも今年は違っていた。

結果を見て
「ほっとした」というのが
偽らざる心境だった。

司法試験という
自らが自分に課した
呪縛からようやく解き放たれたという
安心感に包まれた。

柔らかい秋の日差しとそんな安心感で
この1週間は本当に気持ちよく過ごすことができた。

こんな気持ちの良い1週間は
いつ以来だろう?

そんなことを考えている。

この司法試験の世界は
言い古された言葉だが
入るのは簡単だけど
去るのは本当に難しい。

「やればできる」。
「1年で合格出来ました」。
「努力は裏切りません」。

そんな言葉に踊らされて
入るのは簡単だ。

一方で
去るのは本当に難しい。

合格するか諦めるか。

前者は客観的に難しく
後者は自分の気持ちの整理という意味で
主観的に困難だ。

この段階でローに行くのも
結局は結論の先延ばしに過ぎない。

最終的には
合格するか諦めるか。

その二者択一の世界で
揺れ動くことになる。

そんな二者択一の終わり方を前にすると
結局この世界にとどまるという結論が
一番自分の中に安心をもたらす。

結論を出してしまえば
あとは簡単。

5月の択一、7月の論文に向けて
努力努力の毎日。

何も考えずに必死に勉強すれば
月日は驚くほど早く過ぎる。

気づけば正月を迎え、
サクラが咲き、
択一がやって来て
論文を迎える。

立ち止まる余裕すらなく
時間は過ぎていく。

あとは成績通知を見て
自分の弱点をもう一度あぶり出して
それを補強する勉強を。

秋の日差しの中
そんなことを考えてもいた。

そして
結論を出した。

司法試験を止めることにした。

来年の旧司法も受験しないし
ローにも行かない。

この世界から
完全に去ることにした。

この3年半、
結局何も結果を残せずに
終わってしまった。

20代最後の年から
30代始めまでの3年半、
何も生み出せずに終わってしまった。

自分の能力を過信し
ついつい飛び込んでしまったこの世界で
色んな辛酸をなめ、屈辱を味わい
絶望と言う名の現実にもがき苦しんだ。

でも一方で
色んなことを学べた3年半だったとも思う。

自分自身を見つめ
自分自身と向き合った
濃密すぎる3年半だった。

「あ、司法試験の勉強したけど
ダメだったわけね」。

他人からすれば
そんな軽い一言で済んでしまうような時間かもしれない。

だけど
自分自身の中では
社会人だった7年間以上に
懸命に生きたと思える
そんな3年半だった。

客観的には評価されても
主観的には満足出来ない。

そんな人生を歩んできた自分にとっては
初めて主観が客観を超える時間を過ごせたと思っている。

数字で計算出来る失ったもの以上に
数字で計算出来ない得られたものの多い時間だった。

組織の中で生きている中で感じた「乾き」を
十二分に潤してくれた。

そんな3年半だった。

これはある意味で
合格という結果を残せなかったからこそ
得られたものかもしれない。

クラスの仲間もいない
教官もいない
社会的地位もない
収入ももちろんない。

そんな状況に
身を置き続けざるを得なかったからこそ
得られたものかもしれない。

仮に合格していたら
組織に属していた時に感じた「乾き」は
十分に潤されることなく
再び内なる「乾き」との葛藤にもがいたのかもしれない。

レールに乗ってしまったことで
自分の思いとは違う方向で物事が進んでしまい
結局は元と同じように
というかむしろ
元より悪い形で「流される」自分になってしまったのかもしれない。

その意味では
こんな世界に3年半も居続けたことを
感謝しなくてはいけないのかもしれない。

本当に学ぶことの多い時間を過ごすことが出来た。

でももう十分だ。

これから1年この世界にとどまっても
もはや主観的に得るものはないと思う。

不合格を確認してから
安心感に包まれるようなそんな人間に
結果を追い求める資格もないと思う。

むしろ結果を出せずに過ごした
他人から見れば無価値の3年半を抱えながら
この先の人生を歩んだ方が
自分自身の中では良いのかなと思っている。

恥ずかしい話だが
司法試験の勉強を始めてから終えるまで
一度も法曹の仕事に憧れを抱くことはなかった。

結果が出ずに
この世界と訣別出来て
本当に良かった。

いつの日か
心からそう思えるように
平凡だけど幸せな日常を
一日一日大切に生きていきたいと思う。

この1週間で部屋に広がった
参考書やら答練資料やら六法やらを片づけ
「司法試験」の4文字に囲まれた
日々に別れを告げた。

勉強を始めた時に感じた
あの心躍るような感じはない。

静かに淡々と
段ボールに詰めるだけだ。

積み上がった段ボールの重さが
3年半の時の経過を
感じさせてくれた。

きょうの夕方
片づけ終わって空っぽになった
自分の部屋で一杯だけ飲んだ。

振り返るとあっという間だったけど
色んなことがあったよな、本当に。

組織を去る時に感じた寂しさ。

緊張で震えがとまらなかった初受験。

毎日予備校に行って
狂ったように答練受けまくっていた2年目。

熱くなりきれなかった3年目。

色んなシーンが頭をかすめた。

「本当に終わったんだな」。

日が暮れて
秋の虫が鳴く中
そう痛感した。

このブログの読者の皆さん、
本当にありがとう。

身勝手で幼くて単純で稚拙な
こんな私のブログに
訪れてきて頂いただけでも感謝が尽きません。

せっかく色んな形で(笑)
応援して頂いたのに
最後の最後まで
結果を出せずに
惨めで格好悪くて本当に申し訳ない。

皆さんは思う存分やりたいことをやって
格好良く生きてください。

で、このブログ。

来週中にsumeruのリンクを外すけど
ブログ自体はそのまま残しておこうと思う。

「そういえば、こんなバカもいたな」。

勉強で疲れた時にそうやって笑ってもらえれば
それはそれで良いかなと。

世には出ることの少ない
不合格体験記だね。

しかも振り返って書かれたものでなく
3連敗の同時進行形式だ(苦笑)

私もたまに訪れて
熱かった時を思い返そうと思っている。

最後に。

去年論文落ちた時に励ましてくれた人達。

本当にありがとう。

そして
結果を出せずに本当に申し訳なかった。

でも皆さんのおかげで
この1年続けることが出来た。

そして
何も思い残すこともなく
この世界を去ることが出来た。

去年の段階で去っていたら
色んな後悔が渦巻いたであろう私にとって
この1年は貴重な時間となった。

本当に感謝しています。

そんな感じで。

ありがとう司法試験。
さようなら司法試験。

PS・

成績通知書が来た。

総合A。色んなものが足りなかった結果。

PS2・

今月18日付けでsumeruからのリンクを外してもらいます。

ご了承のほどお願いします。

PS3・

発表翌日の記事とこの記事に寄せられたコメントに返事書きました。

遅くなって申し訳ありませんでした。

本当の大勢の方にコメント頂き感謝しています。

ありがとうございました。

« 秋晴れの下で | Main | 心の叫び »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

 ぷーさん、こんばんは。
 今日は秋めいていて、とても涼しいですね。
 その代わりかわかりませんが、少しカゼ気味です(笑)。

 今日の日記、読ませていただきました。
 おそらく、もう去年のように「もう一度やってやる」というようにはならないんだろうなと思っております。ぷーさんの中で、心の整理が付かれたようなので。
 まずは、お疲れ様でした。

 昨年不合格を知って、ぷーさんに「不合格というだけでは語りつくせない財産を手に入れたんだよ。」という言葉をいただいたこと、今でも覚えております。
 いろんな人のいろんな言葉に支えられたけど、その中でも今でも忘れられない言葉です。気持ちがこもっていたから。

 あれから組織に入って働き始め、確たる目標を持つことなく媚びへつらう人達を見て、ぷーさんが司法試験を始められたきっかけも少し理解できた気がしています。
 会社に入って、本当に輝いている人は少ないものなんですよね。でも、組織にいる安心感に浸っているというか。
 そのような安心感を捨ててでも司法試験を始められたぷーさんには本当に敬意を表します。

 ぷーさんの次の夢は何ですか。もう、ぷーさんの心の中では決まっているような気がしておりますが。
 私の方はもう一息、最後まで走り抜けたいと思っています。

 最後に、これまでたくさんの元気と勇気をありがとうございました。
 これきりと言わず、気が向いたらブログ続けて下さいね。

 それでは。

初めまして。

今まで、ずっと、blogを読まさせていただきました。
ぷーさんと同じように3年前に数年勤めた会社を辞め、司法試験を専業で受け始めてから。

私も、恐らくぷーさんと同じ大学を出て、大企業に勤め、組織の乾きを感じ、自分の過信が講じて司法試験に挑戦した類です。
ぷーさんと違って、択一にも合格しないまま今は、4月から再度サラリーマンとして某企業に勤めておりますが・・・

今回のぷーさんの決断は、とても晴れやかで、ご自身とともに読者である小生でさえ、妙な納得感に包まれてます。

ありきたりな言葉かもしれませんが、この3年間は、決して無駄では無かったはずですし、これからの決断を「正解」にしていくことが大事だと思います。

小生も時々、司法試験に対して未練がましく感傷にふけることもありますが、司法試験の世界から去って失うものよりも得るものの方が多いことも
事実として痛感しています。

これからですよ。
人生なんて。

司法試験で結果が出せなかったことなんと屁でもない。
この世の中には、もっと感動的で、もっと刺激的で、もっと躍動的なことがたくさんあり、その中で自分の存在価値を見つけることの方が、数倍素晴らしく意義のあることだと思います。
小生も結果を出せなかったので負け犬の遠吠えに近いですが・・・

これからの別世界での活躍を心から期待しております。

一読者としてお願いですが、今後も別世界からの視点で、ユーモアをウィットに富んだ文章を拝読させて頂けるとあり難く。。

初めて投稿させて頂きます。

まずは、おつかれさまでした。

これからも色々とあるとは思いますが、あなたの決断は正しいと思います。はっきり言ってこの試験は狂っている試験です。私自身はたまたま運良く端っこでひっかかりましたが、私より頑張っていた人や優秀な人がどんどん落とされていきました。それを間近で見て私も何度も「今年がだめならあきらめよう」と思ってきました。実際にたまたま受かっていなかったら間違いなく辞めていました。

最後までやり通すことも大切ですが、あきらめ時も心得ていないと臨んではいけない試験です。

最後になりますが、これからの人生が良いものになるよう祈っております。

初めて投稿いたします。
有能な方がこれ程まで悩んで苦しんでいる姿を見て、読んでて居たたまれない気持ちでした。
社会に再び戻られ、ご活躍されることを願ってやみません。

ぷーさん、お疲れ様。
お互い、充実した人生にしたいね。

はじめまして。今年の5月ぐらいからぷーさんのブログを拝見させていただいてた者です。私は今年から本格的に司法試験の勉強をはじめている者ですが、ぷーさんの日記を読みながらこの試験の過酷さ、残酷さを痛感してます。今大学の3年で就職活動がはじまるなか、この試験に突っ込むのにかなり悩みました。でもこれから頑張ってみようと思います。この試験はもしかしたら正直どんなに頑張っても自分の能力じゃ受からない試験かもしれません。でも1度きりの人生1度人生賭けて挑戦してもいいじゃないか。ぷーさんの日記を読んでそんな気持ちになりました。ぷーさんがこの試験のなかで得たものは、合格でないにしてもそれよりも大きな価値のあるもののように感じます。合格しても人間としておかしいような弁護士の話もよく聞きますし、逆に司法試験に失敗して別の分野で成功した人の話もよく聞きます。受かってもそれは人それぞれ意味合いも違いますし結局本人が主観的にどれだけ悔いなくやれたか、じゃないかと思いました。わたしがこの先司法試験にどういう形であれ終わりを迎えるとき、願わくばぷーさんのように目に見えないなにかをつかみたい。そう思います。お疲れ様でした。ぷーさんの成功を心より願っております。

「終わりなき旅」ミスチルからとったのかな?
確かに人生は苦しく厳しい旅だけどね。
でも、楽しい人生とも考えられる。
「CROSS ROAD」
すべては巡り合い。すれ違いもあるが、いい出会いもある。苦い出会いも。人だけじゃなくすべての事象に対して。
すべては主観だ。人からの目も。自分を取り巻く環境も。自分の評価しだい。人間には客観なんてない。
第三者からは「おつかれさま」「これからもがんばれ」としか言えない。
現実の知り合いでもないならなおさら。
だから「よくがんばった。おつかれさま。」と、ぷーさんに言いたい。
挑戦し、そして苦しみ、悩む人はすばらしい。
人間らしい思考が働いているから。
すべてを割り切り、思考を止める人間は醜い。
そんなのはただの物質だ。
「これからもがんばれ。」
これしか言えないが、心をこめて言いたい。さようなら。

ぷーさん、こんばんは。

ほんとうに、お疲れ様でした。

なにを書いても、
ちがうような気がするから、
コメント、書けなくて困ります・・・。

ぷーさんのブログ、好きでした。
尖ってたり、繊細だったり、自信満々だったり、
元気なかったり。

ほんとうに、お疲れ様でした。

撤退の話を読んだときには、ひとごとながら、思わず声に出してびっくりしてしまいました。
本人の決めたことにとやかく言う権利はないけれど、ぷーさんも頑張ってるから自分も頑張ろうと励みにしてきただけに、残念でした。
これからは過去の記事読んで励みにすることにします。

本当にお疲れさまでした。
私はなかなか引き際が決められずに来年も受けると決めてしまいましたが、引き際も大事ですよね。
「結果を見てほっとした」という一言が切なかったです。
私はこう思えるくらい努力もしてないし、苦しみもまだ味わっていないと思うので、もっと頑張ります。
ぷーさんの新しい場所でのご活躍を心より期待しております。


さようなら、祝田橋であなたに渡す花を考えていました。もうそんなはかない夢がきえたのですね。

ぷーさん

コメントをしたのは、前回(発表前日?の記事)が初めてでしたが
ずっとずっとこのブログを拝見させていただいていました。

私はロー生ですが、ずっとぷーさんのブログから
元気をもらっていました。

今、なんとコメントを書けばいいのか分かりません。
さっきから、コメントを書いては消し、書いては消し、
の繰り返しばかりしています。
うまく表現できません。
でも、どうしてもぷーさんに伝えたい気持ちがあります。

「本当に、お疲れ様でした。」

ぷーさんの新しい場所でのご活躍を心からお祈りしたいと思います。

【追伸】
でも、内心「やはり、続けることに決めたよ。」って
いつもの口調で戻ってきてくれるんじゃないかな、と
期待してしまっています・・・。

ぷーさん、ありがとう!!!
やっぱりぷーさんは最高!
どうかこれからももっともっと輝いてください。

お疲れ様でした。

ぷーさんがおっしゃられている様に、
実は続ける事よりも、やめる事の方が、遥かに勇気がいるし、
とても難しい事なんですよね。

人生は一度きりです。

結局は今生を去るときに、
『色々な辛いことも経験したけど、この人生で良かった』
と思える事が、一番だと思います。

だから、ぷーさんの辞めるという決断も、
『この人生で良かった』と思えるような一要素なのだと思います。

極めて難しい決断であったとは思いますが、
英断と呼ぶにふさわしい、素晴らしい決断だと思います。

今後の人生も、様々なことが待っているとは思いますが、
この三年半の経験は必ず役に立つはずです。

今まで本当にお疲れ様でした。

ぷーさん。おつかれさまです。本当に本当に撤退されるのですね。電撃的な発表だったので、しばらく呆然としてしまいました。ぷーさんは、まだ3年しかやってないし、これからロースクールに行くという選択肢もあったはずです。それを蹴って、撤退するというのは、どうしても納得できません。もったいないです。才能がないとおっしゃいますが、まだまだ、これから伸びる可能性の方が高いんじゃないでしょうか。。。あれこれ考えていたのですが、やはり年齢的なことが撤退の大きな原因になっているのでしょうか。ぷーさんは、おそらく33歳。ローにいって1回目で合格したときの年齢を考えると、35歳になっている。そうなると、結婚も遅くなり、就職できないリスクが高くなる。。そう考えての決断だったのでしょうか。確かに理解できます。でも、これから3000人合格者がでるというのに、撤退するのは、もったいないと思います。2010年、3000人の合格者が出たときに、「あのとき、撤退しなければ」と思う可能性はありませんか。ぷーさんなら、絶対に3000人の中に入れます。それは、このブログを読んでいる方々が認めると思います。どうか、考え直してください。無茶言ってすみません。

同じように揺れて、
自分は来年も特攻しますよ。(笑)

組織の中にいつつ、
こりゃ合わねーという思いを変わらず抱きつつ、
それでも仕事は自分を鍛えてくれるし。
逃げ道を抱えつつ、なのかもしれませんが。。。

世界が同じでも、
違っても、
今後も変わらず熱く。

初めてコメントします。
僕がぷーさんのブログに出会ったのは平成16年8月。
受験生活が長くなり勉強へのモチベーションが下がった僕にとってぷーさんのブログは自分も頑張らねば!と気持ちを奮い立たせてくれる大変貴重なブログでした。

司法試験の世界は入るのは簡単だけど去るのは難しいというのは本当にその通りだと思います。
勉強をやればやるほど、これだけやったんだから最後までやり遂げたいという気持ちが強くなる。

ぷーさんは完全に撤退するという選択をされたわけですが、司法試験の勉強を通じて法律知識以外でも学んだことはきっとあるはずです。
今後の人生でそれを生かすことができれば、司法試験に費やした時間は無駄ではなかったと言えるんではないでしょうか。

最後になりますが、本当にお疲れ様でした。
司法試験は撤退してもまた別の夢を見つけ頑張ってください。

ぷーさん、お疲れさま。

いっぱい元気もらいました。

これからはぷーさんでなくなるのだろうから、
ありがとう、ぷーさん。
さようなら、ぷーさん。

初めて投稿させて頂きますが、本当におつかれさまでした。

過去、私も司法試験受験生だったのですが、私の周りでも本当に多くの受験生仲間が志半ばで辞めていきました。受かって法曹やっているのなんてごくわずかです。

司法試験を辞めるときに「ありがとう」と思えるのなら、きっとそれはよい辞め方なんだろうと思います。私の周りで辞めていった人の中で「ありがとう」と思いながら辞めることができた人は本当にごく僅かです。

司法試験で学んだことや感じたことは、きっと深いところでこれからの人生において必ず役に立つはずです。ぷーさんのこれからの人生が実りあるものとなりますように。

本当にお疲れ様。ぷーさんの熱い生き方好きでした。

いろいろ考えた末の結論だろうが、君は旧司に合格することが目的にすぎなかったように感じる。
法律家になり、社会正義を実現することが目的でなかったようだ。
現時点で、多分、君より力の劣る私としては、一人の上位者が撤退したことは300-1で大変喜ばしいことだ。
しかも、君に影響されたらしい輩が、幾人か撤退するという。
私は、君のブログから、逆に力を得て、来年の旧試にむかう。
今まで、ありがとう。

最後に、君と修習をうけたかった

ぷーさん、本当にお疲れ様でした。

私は会社を辞めて会計の世界を志しましたが、スランプに陥った時には、前代未聞の最難関となった旧司法試験受験生の方のブログを読むことで、次元の違う不条理に懸命に立ち向かい、乗り越えようとする皆さんの生き様を拝見し、励まされ、へたれた自分に喝を入れてきました。

1年半前にぷーさんのブログを見つけた時は、何て強い、かつ情に厚い人間的な人がいるんだと驚愕したのをよく覚えています。以来すっかりファンになり、徹夜でログを貪り読み、正論に頷いたりウィットに富んだ文章に爆笑したりと夢中になりました。

会計士試験合格後も毎回読んでは力を分けて貰いました。
ぷーさんには、本当に合格して欲しい、生き様が報われて欲しいと心から思っていました。結果が判明した今、胸が苦しく、痛く、咽に詰まるものがあります。

(ぷーさんのご決断に意見できる立場にないのですが、時間が経ち、振り返って忸怩たる思いが沸くことも多々あるかと思います。その思いが許容水準を超えた時には、上で幾人もの方が指摘されているように、ロー経由で雪辱を期し、合格した後で本当の自由を享受されては如何でしょうか。)

今までありがとうございました。これからも力を頂きます。
ぷーさんの幸せを心からお祈りします。

ぷーさん、今までありがとう。
あなたのブログは色々な刺激をくれる、
一番大好きなブログでした。

私も司法試験から撤退し、
別の道へ進もうとしている者ですが、
受験勉強をしている時は、
「修習生になって、ぷーさんに会いたい」、
ずっとそう思っていました。
あなたの文章は、そう思わせる何かがありました。

また、気が向いたらブログを更新してください。
その時には必ず書き込みをしますから。

ぷーさん、本当に今までお疲れ様。
そして、ありがとう。
それでは。

ぷーさん、ありがとう。
今までほんとうにたくさん勇気をもらいました。
へこんだときに、
ぷーさんのブログをのぞいては
自分も頑張ろうって、励まされていました。
あなたが書き続けてくれたことによって、
そんな気持ちになった人間がここにいるのは確かです。
また、気が向いたら、更新してくださいね。
ありがとう。

おつかれさま。今までありがとう。
俺も自分が納得のできる生き方をしたいです。

 良く思うのですが、
 人生をトータルで見ると
 +か-かは
 その人がその経験をどう生かすか
 にかかっていると思います。
 司法試験に合格すれば
 それは+ですが
 つい良い気になって
 傲慢な生き方をしてしまえば
 周囲から恋人や友人が離れてしまいます。
 本人は
 法曹というまぶしい光の中で
 盲目になっていることも多く
 気づくころにはもう手遅れ
 ということがままあります。
 逆に、「司法試験に挫折した」ということを
 自分の中でごまかさずに正面から向き合える人は
 その後の人生の様々な場面で
 人の挫折感に思いを馳せる
 深い洞察力を得ることができ
 社会の中で知らず知らずのうちに
 人の信頼を得ることができるでしょう。
 皆さんが言っておられるように
 ぷーさんなら
 ローへの転換をすれば
 合格可能性が極めて高いだけに
 もったいないとは思います。
 ただ、「法曹への憧れ」が無いのであれば
 やはり他の道で輝かれる方が良いのかな。
 法曹も他の仕事と同じように
 自分に妥協を強いる面も多いことを
 私も最近実感しているので。
 私としては
 ぷーさんが
 その「青臭さ」満載で
 法曹の世界に殴り込んできてくれるのを
 楽しみに待っていたので
 今回の決断には寂しさを感じています。
 また
 どこかで会えると良いですね。

スペックとしてはあなたととてもよく似た私です
(私は既婚者であなたよりひとまわりトシが多いですが)。
撤退か否か、まだ決めかねていますが、
死にかけたことのある私としては、
「死ぬ直前に思い残すことがない」ように生きていくつもりです。
そう考えると、撤退を選択することは勇気が要りますね。

ともあれお元気で。

不合格体験記、っていうより、
受験でしか自己実現できない人の、自分探しの記録じゃないかな、このブログは。
貴方は何処へも行けないよ。

野暮なこと書くのやめなよ。中学生じゃあるまいし。

ぷーさん、ここで報告し続けなくても良いから、受験続けな。一生後悔するぜ?

私は10年の勉強の末、撤退し現在メガバンクで営業をしています。

場所柄、弁護士を多数見かけますが、「何でこんなに皆貧相なんだろ

う?」といつも思います。昔の激戦を勝ち抜いて、まだマーケット的には

特権といえる現時点ですらです。まして、これからローのアホ弁が

大量生産されたらどうなるのでしょう?会社のサラリー程も稼げないでし

ょう。ぷーさんが落ちたのは、弁護士になるには勿体無い人材で、

受験を通じて人間的に成長し、これからの日本で大をなす人として

神様が落としたからです。あなたは本当にラッキーです。

そして最後に贈る言葉。    

             「謙虚であれ」

こっそりブログ読んでました。
ぷーさんの事すきでした。
ありがとうございます。

お疲れ様でした。
総合A、そこで区切りをつけられるなら
大変勇気があると思うし
ほかのところに行っても十分
やっていけることでしょう。

法曹の仕事への憧れ
それだけが足りないものだったのかも知れません。
でも、自分でそれを自覚して
去っていけるのであれば、あなたの才能はきっと
ほかのところで輝くはずです。

腐らずに、なにか心から「これをやりたい」という
仕事を見つけ出してください。
資格のものじゃなくてもいいと思います。
要は魅力、それだけです。

本当にお疲れ様でした。

まあ、ちょっと休め。
今更、勉強してもしなくても、たいして変わらんし。
受けたくなったら受けりゃいいし。きっぱりやめるならそれもよし。

総合Aですか。さすがですね。でもここで撤退宣言したからといって
もう受けちゃいけないということは無いんですよ。既判力はありませ
んから(笑)。ブログを更新する義務もありません。気が向いたら
来年また受けて、受かったらブログ更新してみなをアッと言わすと
いうのはどうですか。

そしてpinponへ最後に贈る言葉。

         「謙虚であれ」

ぷーさん、いままでありがとう。
そして、さようなら。
お互いがんばりましょう。

ちゃんと働きながら、来年も一応受ければいいんじゃないですか?
総合Aなら、今年も3回に1度受かるくらいの実力はあったんだろうから、
実力維持だけでも十分勝機はあるでしょ。

自分の話で恐縮ですが、僕も一番頑張った年(一日中勉強してた)
に落ちた後は、ぷーさん同様、やる気がどうしても盛り上がり切らなかった。
勉強に新鮮味がなくて。
なので、次の年は、社会勉強のつもりでバイトを始め、モリモリ働き、
空いた時間で、実力維持しつつ少し+αすれば十分だ、
くらいの気持ちで勉強してた。当然勉強時間は前年に比べて激減…。
でも、受かりました。

受験が長くなったら、一時ほど努力しきれない自分を責めず、
「実力は十分あるんだから、少し上乗せできれば受かるでしょ!」
くらいの気持ちの持ちようでいることが大事だと思います。
そうでなきゃ、つらすぎます。
実際、多少怠けても、実力があれば受かるでしょ。
根性論じゃないよ試験は。

ですから、ぷーさんには、
継続=専従で死ぬほど努力、か、撤退=受けないで新たな道
ではなくて、
半撤退=新たな道を選択しつつ、一応適当に実力維持して受ける
という道も、ぜひ検討してみて頂きたいです。

せっかく悩まれて決意をされただろうに、またそれ以外にも
色々な事情があるだろうに、変なこと言ってすみません。

ぷーさんが今後、素晴らしい人生を歩まれることを祈っております。

「努力」ばかりしてきた人は、勉強しない方が実力が伸びたりする。
視野が広がるからなのか何なのか分からないけど。
とにかく、自分の心に正直な、かつ柔軟な決断であれば、他人が何と言おうと、自分の人生においては絶対的に「正しい」と思います。

ぷーさん、お疲れさまでした。

人生に無駄な時間なんてないということを
改めて思いました。

これからのぷーさんの人生に幸多きことを
心からお祈り申し上げます。

「ありがとう」
この言葉では言い尽くせないくらいいろいろなものをあなたから貰いました。
あなたが司法試験に費やしたエネルギーは、あなたにも多くの物を残したと
思いますが、ここに集まる人たちにも多くの物を残していると思います。
それを忘れないで。

不思議とF1引退を決めたシューマッハとあなたがかぶります。
誰もがまだ彼は走り続けられると考えているけれど、来シーズンにトップを
キープして走るための強さとエネルギー、モチベーションがあるのか、
自分自身に問いかけて、これ以上走り続けるのは、僕のスタイルじゃない
と彼は引退を決めました。

ぷーさんもただ司法試験に合格するのが目的ではなく、他の人に圧倒的な強さを
見せて司法試験に合格したかったのかなと思います。
ここですっぱりと結論をだして前に進める、そういうぷーさんが私は大好きです。
後悔のない人生を送って下さい。

今までコメントすることは無かったけど、
最後に書きます


お疲れ様です

 いつも楽しみに拝読しておりました。

 この度のご決断、傍観者から賛否両論ですが、人間引き際が肝心です。
 あなたは良い選択をしたのだと思います。

 今後の法曹界を思うに、「30歳からの参入」というのは相当の理念と野心、そして、秀でた識見がなければ無謀な挑戦なのだと思います。
 なぜならば、政府、司法府両府の意向は、機動性と割安感を備えた法曹人を要求していると思われるからです。
 これまで様々な法曹養成施策が採られては消えていきましたが、それらにも共通する意向でしょう。

 また、受験生活3年余りで離脱というのはちょうど上記意向に沿うと思います。
 新司法試験の受験制限も5年以内3年ですから、この点からも窺えると思います。

 おそらく数年後あなたはこの「引き際」を悔いることはないでしょう。
 
 そう確信しています。

 どうぞ今後の人生、良きものとなりますよう、お祈り申し上げます。

同年代の人間として時々見てました。

色々な意味で人生の選択が難しいと思いますが、『一度も法曹の仕事に憧れを抱くことはなかった』というのが本当であれば、『転進』は正解だと思います。所詮仕事のための勉強ですから、やりたい仕事ではない仕事のために時間を潰す必要はないし、もうこれから弁護士なんて大した資格ではなくなりますし。。。

周囲にも、司法試験がもっとも難しい試験だったから目指したという意味不明の人間(特に私立中学・高校入試経験者)がいたことも事実で、こういう人が迷宮に迷い込んでどうしようもなくなってしまうことをよく見てきました。そうならなかったことはとても良かったと思います。

でも、本当にお疲れ様でした。


去年の今頃、初めてコメントさせていただいた者です。
あれからもずっと、更新を心待ちにしつつ読みつづけてきました。

今回の撤退宣言。
ぷーさんの静かな、けれどゆるぎのない強い決意を感じました。
今度こそほんとうに、お別れなのですね。

このブログが大好きでした。あなたの文章の大ファンでした。
もう、読めなくなるなんて本当に寂しい、さびしいです。
いつかまた、別の形でもよいので、あなたの文章を読めたら…と思っています。

今はもう、新たな夢に向かって歩き出しているころでしょうか。
ぷーさんの未来に幸多かれと、心の底から祈っています。
お身体に気をつけて、この先もどうか、よい旅を。

お疲れ様でした。
過ごしてきた時間は無駄にならないと思います。
これからも頑張ってください!

またどこかで会えたらいいですね。

ありがとう。ぷーさん。新しい挑戦に期待しております!

私が心配しなくても(笑)
ぷーさんはきちんと気持ちの整理をされていたのですね

一点の曇りもない
とまではまだいかないかもしれませんが
晴れ晴れとした気持ちがすごく伝わってきました

私は毎年夏の高校野球を見ていますが
夏の間、一度も負けることのなかった優勝校の投手ではなく
敗戦の瞬間に
マウンドで、ベンチで、一塁ベース上で
また、さよならエラーをして
泣き崩れる高校球児達の姿に
心が震えたし
今でも鮮明に記憶に刻まれています

ぷーさんは何かに負けたわけではないけれど
泥々とした人間くさい、でもすごくあったかい
「ぷーさんの受験日記」というブログは
他のどの受験生ブログよりも
私の心に残っているし
これからも何度も何度も読み返したいブログです

今後はブログが更新されることはないのかなと思うと
単純に寂しい気持ちでいっぱいですが
ぷーさんを早く司法試験の呪縛から解いてあげたいので
わがままはいいません(笑)

辞めると決めたぷーさんの目の前にも
続けると決めた私の目の前にも
たくさんの可能性と新しい未来が同じように広がっていますよね

新しい分野でぷーさんがご活躍されることを
心から願っています

本当にお疲れさまでした


本当におつかれさまでした。

ありがとう、ぷーさん。

◆とかっちさん

コメントありがとうございました。

論文合格おめでとうございます。

たぶん口述前でお仕事もあって大変だとは思いますが
なんとか乗り切ってください。

また最終合格報告お待ちしていますね。

ではでは。

◆forget-you-not さん

コメントありがとうございました。

私と同じような境遇で受験していた人から
コメントを頂けて嬉しいです。

>これからですよ。
 人生なんて。

おっしゃるとおりだと思います。

これからの長く続く人生を一歩一歩力強く歩んでいく上で
この経験を大事にしていきたいと思います。

>一読者としてお願いですが、今後も別世界からの視点で、ユーモアをウ ィットに富んだ文章を拝読させて頂けるとあり難く。。

いつかどこかで書いてるかもしれません(笑)

ではでは。

◆luluさん

コメントありがとございます。

論文合格されたんですね。おめでとうございます。
これからの口述試験頑張ってください。

>はっきり言ってこの試験は狂っている試験です。

同意します。凄く同意します。
受験生みんな勉強しすぎです(笑)

でもluluさんも
頑張ったから今日があるわけで。

その頑張りに敬意を表します。

luluさんも素敵な人生おくってください。

ではでは。

◆うださん

コメントありがとうございます。

>有能な方がこれ程まで悩んで苦しんでいる姿を見て、読んでて居たたま れない気持ちでした。

有能な人間なら転職先も決めずに
三十路前に組織を辞めたりしません(苦笑)

無能だからこそここまで悩みもがき苦しんだのだと思います。

でもそれだから人生楽しいのかなと。

そんな風にも思ったりしています。

ではでは。

◆runさん

コメントありがとうございます。

「充実した人生」。

そう思えるように再び自力で切り開きます。

ありがとう。

◆名前無しさん

コメントありがとうございます。

大学3年生とはまた若い人からコメント頂き光栄です。

私より一回り下か(笑)

今は大学3年の頃から就職活動するんですよね。
私の頃は早いマスコミでも4年になってからでした。

大学時代にちゃんと勉強しているだけでも凄いと思うんですが
とにかく自分で悔いを抱かないような人生を歩んだら良いんじゃないかと
そう思いますよ。

一つだけ言えるのは若さゆえの無茶はやるだけやっておいた良いよってことですかね。

私みたいに三十路になっても中学生の反抗期みたいなノリで
仕事投げ出すと後始末が色々大変です。

頑張ってください。

ではでは。

◆おつかれさまさん

コメントありがとです。

タイトルはなんとなく浮かんだので「終わりなき旅」と書きました。

「司法試験辞めます」で全部済めば良いんだけど
人生そんなに簡単にはいかない(苦笑)

外形的な所だけでなく内面でもまだまだもがいてます。

>第三者からは「おつかれさま」「これからもがんばれ」としか言えな  い。現実の知り合いでもないならなおさら。

でもブログをつけていて思ったのは
見ず知らずの利益関係がない人間から
こういう言葉を掛けてもらうことのありがたさです。

本当にありがとう。

これからも勝手に熱くなって勝手に頑張ります。

ではでは。

◆あきさん

私のブログ開設当初から本当にありがとうございました。

こんなに格好悪い形で辞めるのもどうかと思いましたが
ここしかないなと。潮時だなと。

世の中に出れば
敗者には誰も見向きをせず、勝者だけに人は群がります。

それでもこの世界では
敗者に過ぎないこんな私にもこれだけの人がコメントを寄せてくれる。

実は実社会よりも全然まともな世界に
身を置けたことだけも良かったかなと思ったりしています。

誰からも相手にされずに
ブログで勝手に吠えていた私にとって
あきさんから最初に頂いたメールは
本当に嬉しかったです。
一生の宝物です。

ありがとうございました。

ではでは。

◆睡蓮さん

コメントありがとうございました。

発表翌日の記事のコメントにも書きましたが
来年、絶対に最終合格を勝ち取ってくださいね。

私は旧司に向かう「覚悟」が出来ずにここで去りますが
続ける方には是非いい形で終わって欲しいと思っています。

>これからは過去の記事読んで励みにすることにします。

またそのうちにブログを更新するかもしれませんので
その時はお楽しみに(笑)

といってもどんな形になるのかわからないけどね。
仕事の愚痴を書いても仕方ないだろうし(苦笑)

ではでは。

◆名前なしさん

>祝田橋であなたに渡す花を考えていました。

花をもらう権利を勝ち取ることが出来ずに
申し訳ありませんでした。

でも今年祝田橋に行って、そして日比谷公園に行って
本当に良かった。

あれで区切りがつけられた。

ではでは。

◆divaさん

コメントありがとです。

>今、なんとコメントを書けばいいのか分かりません。
 さっきから、コメントを書いては消し、書いては消し、
 の繰り返しばかりしています。

気軽に書いてくださいよ(苦笑)

divaさんはロー生とのことで
あの過酷な新司法を受験なさるんですよね?

択一と論文が同時で4日間にも渡る試験は
正直言って私にはクリア出来る自信がありません。

世の中では数字だけ見て
司法試験が簡単になったなどといかれた見方をする人もいますが
全然そんなことはないと思います。

今年の48%という合格率だって
おそろしく密度の濃いものだと思います。

divaさんは私みたいな惨めな終わり方しないで
合格を勝ち取ってください。

応援しています。

>でも、内心「やはり、続けることに決めたよ。」って
 いつもの口調で戻ってきてくれるんじゃないかな、と
 期待してしまっています・・・。

どうでしょ?(笑)

ではでは。

◆さるさん

コメントありがとです。

こんな形で終わるのは本当は不本意なんですけどね(苦笑)

また自分を磨いて頑張りたいと思います。

ではでは。

◆ n さん

コメントありがとうございます。

本当は合格した上でこの世界から去りたかったんだけどね。

なかなかうまくいかないもので。

でもここで得たものは絶対に忘れずに
これからの人生歩んでいきたいと思っています。

こちらこそありがとうございました。

ではでは。

◆why?さん

コメントありがとです。

>ぷーさんは、まだ3年しかやってないし

「まだ3年しか」。

おっしゃるとおりでこの世界だとまだまだ甘ちゃんです。
ここからが勝負なんだろうなと思いました。
でも悲しいかな勝負に挑むだけの心が追いついてきません。

それはロースクールという選択肢をとる場合でも全く同じなわけで。

心が折れている人間は去るべきだと自分で判断しました。

でも年齢とか就職とかは
全く考えませんでしたよ。

「自分がやりたいかやりたくないか」

それだけで決めました。

おっしゃるとおりで
これから合格者の数は
どんどん増えていきます。

でもその際減ることはありませんよね。

だからまあ定年後にロー通って
最高年齢記録を作るのも
ありかなと。

そんな風に思っています。

勝手な決断で申し訳ありません。

ではでは。

◆ねこさん

コメントありがとです。

>同じように揺れて、
 自分は来年も特攻しますよ。(笑)

格好良いよ。格好良すぎるよ。
そんな心が私にもあればと本当に思う。
心が折れちまったので私はもう無理だけどね。

熱さがなくなったら
私は負けなので
ちゃんと充電しつつ
これからも暑苦しく生きていきたいと思います。

ではでは。

◆けんしろうさん

コメントありがとうございます。

けんしろうさんのブログも拝見しました。

たった3回で勝手に辞めてしまう私をどうかお許しください。

けんしろうさんが見て頂いた
2年前ぐらいの気持ちがあればまだまだ続けられたんだけどね。

>「成功するには、成功するまで続けること。」

けんしろうさんがブログに書かれていたこの言葉。

今の私にはずっしり響きます。

ではでは。

◆kjさん

コメントありがとです。

私はコメントやメールを寄せてくれたみなさんから
元気をもらいました。

ありがとうございました。

◆puctaさん

コメントありがとです。

私も法学部にいたので(いただけです(苦笑))
周りに司法試験を受けた人
辞めていった人、うかった人がいました。

でも辞めて就職した人達は
みんなそれぞれの世界の第一線で大活躍しています。

たぶん失敗から多くのものを学んだからなんだろうな。

そんな風に思っています。

私の場合はたぶん大活躍をするような優秀な人間じゃないので
そこそこ活躍してそこそこの暮らしを送って
そこそこの人生を歩んでいくことになると思いますが
この3年半で経験した色んなものは
たぶん意識しなくてもこれからの人生の色んな局面で
顔を覗かせると思っています。

どうなる事やら(苦笑)

ありがとうございました。

◆ぬるぽさん

コメントありがとうございました。

>ぷーさんの熱い生き方好きでした。

最後の1年がね、私は熱くなりきれなかった自分に腹が立つよ。
これからまた充電して熱く熱く熱苦しく生きていきたいと思います。

ありがとうございました。

◆miracle2007さん

>いろいろ考えた末の結論だろうが、君は旧司に合格することが目的にす ぎなかったように感じる。

その通りだと思いますよ。
たとえ合格した所で私みたいな人間が社会正義を実現出来るなんて思っていませんでしたし、それは今もかわりません。

>現時点で、多分、君より力の劣る私としては、一人の上位者が撤退したこ とは300-1で大変喜ばしいことだ。
 しかも、君に影響されたらしい輩が、幾人か撤退するという。

だけどさ、他人の動向を気にしているうちは
合格出来ないと思うよ。反省もこめて。

自分自身が本当にやり尽くした先に合格があるんじゃないでしょうか。

私自身は全然やりきれずに勉強をする努力すら出来なくなって
撤退するので何も言えないのかもしれないけど。

でもやるなら頑張ってください。

>最後に、君と修習をうけたかった

私もこんな話を酒飲みながらしたかった。
それが唯一の悔い。

ではでは。

◆ogre さん

お久しぶりです。
会計士の試験を受けていた方なのでよく覚えています。
もう実務の毎日でお忙しいと思われますが
わざわざお越し頂きありがとうございました。

でもogreさんも気づいていたと思いますが
この1年の私はホントに最悪でした。
やることやっても心が躍らず
つまらなそうに毎日を過ごす
そんな毎日でした。

その意味では当たり前の結果が出たのかもしれません。

これからは別の世界に進みますが
ogreさんのように目標を設定して確実にクリアしていく
そんな人間にはたぶんなれないので(苦笑)
少しでも近づけるように頑張ります。

こちらこそありがとうございました。

ではでは。

◆百合の紋章さん

コメントありがとです。

私も「百合の紋章」というクールな名前の方と
修習でお会いしたかったです。

結局こうやって誰にも正体ばれずに終わることの
寂しさも当然あるわけで(苦笑)

和光でばれたかったんだけど
それも叶わぬ夢と言うことで。

お互いこの世界での経験を糧に
頑張っていきましょう。

ではでは。

◆Lunaさん

コメントありがとうございました。

>へこんだときに、
 ぷーさんのブログをのぞいては
 自分も頑張ろうって、励まされていました。

ありがとうございます。

でもこの1年は余り書いていなかったので
本当に申し訳ない。

どうせ落ちるならブログぐらいちゃんと書けば良かったと
今さらながら後悔しています。

ブログを書くというのは
私にとっては自分自身の覇気を上げていく効果があったので
それを時間が無駄だからの一言で減らすのは
振り返ってみれば仇になりました。

こちらこそご愛読頂いて本当にありがとうございました。

ではでは。

◆梅さん

こちらこそありがとうございました。

私も自分自身で納得出来るように
これから頑張っていきたいと思っています。

ではでは。

◆ rain さん

コメントありがとうございます。

おっしゃるとおりですよね。

私の場合はたぶん傲慢な生き方をするタイプの人間だったと思いますが(苦笑)

ローもね、考えたんですけどね、
やっぱり心がついていきません。

>私としては
 ぷーさんが
 その「青臭さ」満載で
 法曹の世界に殴り込んできてくれるのを
 楽しみに待っていたので

こんな期待を抱いて頂いたとは光栄です。

良い意味での「青臭さ」を忘れずにこれから頑張ります。

>また
 どこかで会えると良いですね。

裁判の取材とかでお会い出来るかもしれません。
もちろん私もrainさんも気づかないと思いますけど。

お互い「傲慢な記者だな」とか「傲慢な弁護士だな」とか
思ったりしないと良いですね(苦笑)

ではでは。

◆87さん

コメントありがとうございます。

>死にかけたことのある私としては、
 「死ぬ直前に思い残すことがない」ように生きていくつもりです。
 そう考えると、撤退を選択することは勇気が要りますね。

重い言葉ですね。
私は自分自身の気持ちが追いついていかないという
極めて情けない事情で撤退するので
思い残すことがないかと問われれば
いくらでもあると思っています。

87さんはベストな選択をされることをお祈りしています。

ありがとうございました。

◆pain さん

コメントありがとです。

>不合格体験記、っていうより、
 受験でしか自己実現できない人の、自分探しの記録じゃないかな、この ブログは。

そうかもしれんね。
受験でしか自己実現出来ない人って言われても仕方ないね。

でも仕事で自己実現出来るから偉いとか
受験でしか自己実現出来ないから偉くないとか
そう言う価値観は残念ながら私にはない。

だからこれで良かったのだと思う。

>貴方は何処へも行けないよ。

何処にも行けないし
とどまることもできない。

そんな人間だ。私は。

行き場のない中で閉塞感に包まれながら
なんとかそれを打破してもがいて生きていきたいと思っている。

ではでは。

◆otokoさん

コメントありがとです。

>ぷーさん、ここで報告し続けなくても良いから、受験続けな。一生後悔 するぜ?

かもしれないね。

でも今の段階だと
気持ちがおいつかない中途半端な状態で
これから1年過ごすことの方が後悔大きそうなんだよね。

結果も残せずに極めて情けない形で終わってごめん。

◆pinponさん

コメントありがとうございます。

10年勉強された方から見れば
私なんてまだまだ甘ちゃんですよね。

私自身でも情けないです。

>ぷーさんが落ちたのは、弁護士になるには勿体無い人材で、
 受験を通じて人間的に成長し、これからの日本で大をなす人として
 神様が落としたからです。

いや、私は何も出来ないちっちゃな人間だ。
現に自分自身を痛めるだけで何もできちゃいない。

その意味では論文試験というのは
ちゃんとチェック機能が働いているんだろうね。

>「謙虚であれ」

どうなんでしょうね。

私はまだこのレベルに達していません。

能力がないものが謙虚になるとただの卑屈です。

心にとどめておきますけど、たぶん反発し続けます(苦笑)

ではでは。

◆初コメですさん

初コメありがとです。

私もこっそりみなさんのコメント読んでいました。

読者の皆さんのことが好きでした。

ありがとうございました。

◆同じく初コメですさん

コメントありがとございます。

>要は魅力、それだけです。

こういう本質的なことをずばっと言える人を
私は尊敬します。

私も頑張らんと(苦笑)

ではでは。

◆名前なしさん

コメントありがとです。

>まあ、ちょっと休め。

この1年休み続けていたようなそんな感じなので
もう休みすぎです(苦笑)

>受けたくなったら受けりゃいいし。きっぱりやめるならそれもよし。

そうですね。

こんな柔軟な考えが出来る人間に私もなりたかったです。

ではでは。

◆42階さん

コメントありがとございます。

>気が向いたら来年また受けて、受かったらブログ更新してみなをアッと 言わすというのはどうですか。

いやいや、やるなら受験前から書きます。
結果だけをしかも良い結果だけを書くためにブログ残すような
そんな人間にはなりたくありませんので(笑)

とりあえず競馬関連は書くかもしれません(苦笑)

ではでは。

◆武田さん

コメントありがとです。

まあ「謙虚」が美徳なんて言うのは
明治時代までだと私は思っていますけど(苦笑)

ではでは。

◆撤退組さん

コメントありがとです。

こちらこそありがとう。

これからの人生でこの経験をお互い存分に活かして頑張りましょう。

ではでは。

◆カトー・コバーンさん

コメントありがとです。

>ちゃんと働きながら、来年も一応受ければいいんじゃないですか?

無理無理(苦笑)

それにそんなことやって結果得られても私にとっては
何のプラスにもならない。

必死にやって結果を残すというプロセスこそが
私にとって欲しいものだったから。

それに仕事やる以上は自分のベストを尽くしたいし。

カトーさんみたいに実力がある人なら出来るんでしょうけど
私は不器用な人間なので勉強時間が減ればそれだけ成績も下がる悪寒。

でも
>「実力は十分あるんだから、少し上乗せできれば受かるでしょ!」
 くらいの気持ちの持ちようでいることが大事だと思います。

この点は大事だと思います。

そんな風に気持ちを整理出来れば良かったんですけどね。

本当に不器用ですみません。

ではでは。

◆怠け者さん

コメントありがとです。

>とにかく、自分の心に正直な、かつ柔軟な決断であれば、他人が何と言 おうと、自分の人生においては絶対的に「正しい」と思います。

そうですね。

私はとにかく現時点ではもう心が追いつきません。
来年の受験の厳しさからすれば
それなりの覚悟をしなくてはならないのに
それが出来ませんでした。

最終的に自分自身の弱さに負けた。
そんな感じです。

この甘さはたぶん死ぬまで治らないので
それをうまく操縦出来るようになろうと思っています。

ではでは。

◆micoさん

コメントありがとうございました。

>人生に無駄な時間なんてないということを
 改めて思いました。

おっしゃるとおりですよね。

人生は他人が評価するものじゃなくて自分が歩むもの。
自分の中で位置づけが出来ればそれでどんな経験も糧になると思います。

ありがとうございました。

◆kaedeさん

コメントありがとうございました。

>「ありがとう」
 この言葉では言い尽くせないくらいいろいろなものをあなたから貰いま した。あなたが司法試験に費やしたエネルギーは、あなたにも多くの物 を残したと思いますが、ここに集まる人たちにも多くの物を残している と思います。それを忘れないで。

いや、私にはそんな力はありません。
みなさんが作ったものだと思っています。

>不思議とF1引退を決めたシューマッハとあなたがかぶります。

いやいや、あんな強さは私にはありません。

何も残せないまま、誰も知らないまま、
ランキングの下位のまま
静かに去っていく。

そんな人間です。

>ぷーさんもただ司法試験に合格するのが目的ではなく、他の人に圧倒的 な強さを見せて司法試験に合格したかったのかなと思います。

そうかもしれませんね。

そんなことは全く無理だとわかっただけでも収穫です(苦笑)

ありがとうございました。

◆rom人さん

こちらこそありがとうございました。

◆名前なしさん

コメントありがとうございました。

発表翌日の記事の方にもコメント頂いたので
そちらにレス書いています。

人間は怒った時に本音がでるというのを最後まで実感しました。

ありがとうございました。

◆お疲れさまです。さん

コメントありがとうございました。

同世代の人間から見られると恥ずかしいのですが(苦笑)

>周囲にも、司法試験がもっとも難しい試験だったから目指したという意 味不明の人間(特に私立中学・高校入試経験者)がいたことも事実で、 こういう人が迷宮に迷い込んでどうしようもなくなってしまうことをよ く見てきました。そうならなかったことはとても良かったと思います。

すいません。

私も私立中学入試経験者です。

たぶんその方々と同じです。

迷宮に迷い込んで迷宮を破壊して逃げ出そうとしている一人です(苦笑)

◆ canicular さん

コメントありがとうございます。1年ぶりですね。

>このブログが大好きでした。あなたの文章の大ファンでした。
 もう、読めなくなるなんて本当に寂しい、さびしいです。
 いつかまた、別の形でもよいので、あなたの文章を読めたら…と思って います。

身に余るお言葉ありがとうございます。

こんな終わり方でホントにすみません。

ブログは別に書いたりはしないので
万が一ここに戻ってくる可能性があるだけですが
その時はまたよろしくお願いします。

ではでは。

◆おっちゃんさん

コメントありがとございます。

過ごしてきた時間を無駄にしないよう頑張ります。

◆ねねさん

コメントありがとです。

このブログを読んで頂いた読者の方と
一度もお会い出来なかったのが唯一の悔いです。

ありがとうございました。

◆アイリーンさん

コメントありがとうございました。

アイリーンさんは来年の試験、絶対に勝ってくださいね。

私みたいに闘う前から心が折れて情けない形で終わらないでください。

>今後はブログが更新されることはないのかなと思うと
 単純に寂しい気持ちでいっぱいですが

どうでしょ。更新する時が来るかもしれません(笑)
でもまあ司法試験受験生でない私のブログなんてつまらないですよね。

ではでは。

◆たこわさん

コメントありがとです。

こちらこそありがとうございました。

たこわさんは
最後までブログを読ませていただきました数少ない人の一人です。

煽ったり煽られたり色々でしたが(苦笑)

たこわさんはあと一踏ん張りして来年勝ってくれたらいいなと
思ったりもしています。

ではでは。

お疲れ様でした。
・・・としかいえませんが,
今後ともいろいろ頑張って下さい。

直接の面識は多分ありませんが,
こちらは結構見ていました。

一度も憧れを抱いたことはなかったかもしれませんが,
仮に今後憧れを抱いたとき,
今書かれていることが足かせにならぬよう。

今後の御発展を祈念いたします。

ぷーさんと同じ大学、私立受験経験者です。多分学年も同じ?
他学部だけど。
ぷーさんより、1年前に仕事を辞めて司法を目指し、択一だけやっと受かって論文は歯が立たず1年前に撤退しました。
正直、私は司法試験の勉強を始めたことは後悔してますね・・・。
3年以上、司法の勉強が生活の中心になっていたのに、いまとなっては
「ま、法律知識ちょっとついたかな」程度の結果にしかなってないから。

今はラクな仕事にとりあえず復帰してしていますが、仕事に慣れるにつれて、また組織の不条理さを感じたり。自分の居場所も定まらない状態です。企業も社風がいろいろなので、転職して入っていくと、相当気を使うものです。昔の会社の常識と今の会社の常識は違うので、色々ストレスためてしまってます。(ぷーさんも前は大きな組織にいたんですよね。)
ずっと新卒時に入った会社に居座ってれば良かったなあなんて思ってしまいますよ・・・。これからどうしようって思ってます。

ぷーさんもゆっくり休みつつまたご活躍を!
ブログたまに書いていただけたら嬉しいです。

司法試験は本当難しいね。
子供の頃からの試験勉強の究極の場だからね。
そこに何か強い憧れがあるんだよね。

こちらは来年も続けますが、
ぷーさん、本当にお疲れ様でした。
これからの人生における新たな活躍、期待しております。

ぷーさんお疲れさまでした。
私もぷーさんの文章、言葉に勇気付けられてきた者の一人です。
一番印象に残っているのは、予備校の掃除のおばさんのためにゴミの分別をしっかりすべきというさりげないコメントでした。
ぷーさんの優しい心に感銘を受けました。
ぷーさんは私などはるかに及ばない経歴と頭脳を持つ優秀な人です。
新しい人生で必ず成功されることを祈念しております。
今まで、ありがとうございましたと言わせてください。
できれば、またこれからもぷーさんの文章を
読ませていただけたらうれしいです。

本当にお疲れ様でした。
ぷーさんの努力は決して無駄な努力ではないと思います。
今後の人生に必ず役に立つはずです。
これからどのような道を進むのかわかりませんが、
楽しく幸せな人生を過ごしてください。

◆East ◆HWEastS17oさん

はじめまして。わざわざこんな僻地までお越し頂きありがとです。

>一度も憧れを抱いたことはなかったかもしれませんが,
 仮に今後憧れを抱いたとき,
 今書かれていることが足かせにならぬよう。

まあ憧れを抱くことは
一生ないと思いますけどね。

自分を誤魔化すにも限界があるもので。

法曹が世間一般から憧れられてしかるべき職業だという認識は
全くありません。

最後まで期待を裏切るのが私の特徴なので(苦笑)

ではでは。

◆kumoさん

はじめまして。

>ぷーさんと同じ大学、私立受験経験者です。多分学年も同じ?
 他学部だけど。

私立中からってことですよね?

良い時代でしたよね。

>正直、私は司法試験の勉強を始めたことは後悔してますね・・・。
 3年以上、司法の勉強が生活の中心になっていたのに、いまとなっては
 「ま、法律知識ちょっとついたかな」程度の結果にしかなってないか  ら。

外形で判断しちゃだめだよ。
知識なんて時代が変われば使えなくなるものだし
あった所で金に変わる知識なんてほとんどないもんだし。

それより司法試験に受けようと思った時の
心の高まりだとか
落とされても落とされても挑んでいくそのマインドだとか
そういったものをこれからの財産に活かさないと。

ただの知識詰め込み期だけにしちまうのは
なんとももったいないぜ。

>ずっと新卒時に入った会社に居座ってれば良かったなあなんて思ってし まいますよ・・・。これからどうしようって思ってます。

いや、わかるけどさ。

残ったら残ったで色々大変だったと思うよ。

自分が選択しなかった道は、それから離れることで良い面しか見えなかったりするからね。悪い面は全く意識されずに過度に美化されてしまう。

だけどさ、
自分の選択なんだから自分で良くしていくしかないんだと思うよ。

現状を否定して過去にすがるものに
未来は開かれないからね。

ってな話を酒飲みながらでもやりたいね(笑)
お互い司法試験経験者という微妙なカテゴリー同士で。

ではでは。

◆通りすがりの受験生さん

コメントありがとです。

>司法試験は本当難しいね。
 子供の頃からの試験勉強の究極の場だからね。
 そこに何か強い憧れがあるんだよね。

だよね。

ロー経由の新司法のおかげで
せっかくの試験がなくなっちまうのが
悲しくて仕方ないぜ。

>こちらは来年も続けますが

頑張ってくれよ。マジで頑張ってくれよ。

今はそれしか言えないけど、本当に頑張ってください。

ではでは。

◆一ファンよりさんへ

コメントありがとうございました。

ゴミの話を覚えていてくれる人がいるなんて感激です。

まあ私の場合は頭脳は腐っているけど心だけで世間に立ち向かいます。

ではでは。

◆mさんへ

コメントありがとございます。

>楽しく幸せな人生を過ごしてください。

これだね。大事なのは。

肩書きでも収入でもなく
心が穏やかで楽しい人生を送れるのが一番。

お互い楽しんで生きましょう。

ではでは。

すっかり寒くなってきましたね。
ぷーさんは、今頃どんな生活をしてるんでしょう。
試験っていうフィルター通さなくっても良いから、新しいジャンルででも何か書いてほしいな(リクエスト♪)。
だって、見ず知らずの人からこんなにコメントたくさんもらえる受験生なんて居ないとおもう。
すごいな。

ぷーさんは、法曹って道を選ばなくっても他にも選択肢があるって事うらやましく思います。
私は法曹って職業として考えているので、他に自分の条件と合うものがあればそれを選びたい。
でも、ない(涙)。
というわけで生産性に何の貢献もせぬまま もう少しお勉強予定です。
ぷーさんはお仕事も猛烈にこなすタイプなんでしょうか。
体には気をつけてくださいね。 
ではでは~。

あくびさんへ

コメントありがとです。

>ぷーさんは、今頃どんな生活をしてるんでしょう。

風邪ひいたり大変です(苦笑)

>試験っていうフィルター通さなくっても良いから、新しいジャンルででも何か書いてほしいな(リクエスト♪)。

好きな競馬の話以外は何も書けません(再び苦笑)

>私は法曹って職業として考えているので、他に自分の条件と合うものがあればそれを選びたい。でも、ない(涙)。

これって素晴らしいことなのでは?

社会に出る前から自分なりの条件を考えて
それにあった職業を選択するというのは
馬鹿学生だった自分自身と比較すると
とてつもなく凄いことのように思います。

目標へ向けて勉強頑張ってくださいね。
応援しています。

あくびさんも風邪などひかないようお気をつけください。

ではでは。

The comments to this entry are closed.

« 秋晴れの下で | Main | 心の叫び »