« 旧司法試験受験生のつぶやき | Main | 落ちこぼれ受験生の発表前 »

September 21, 2006

旧司組にとっての新司合格発表という日

こんばんは。

きょうは新司の合格発表日でしたね。

最終合格された1009人の皆様
本当におめでとうございました。


というわけで
なぜか私のブログへのアクセスも
急増中なわけですが(苦笑)

実は
これまで隠していましたが
実は私は国立の某法科大学院1期既習生で
無事に合格していました。


などという
3年越しの秘密があるわけでもなく、
この時期恒例の微妙な胃の痛みと共に
あるのかないのかわからない試験のために
民訴の定義の復習をしたりしているわけで。

でもまあなんか新聞とかTVでは
旧司よりは大々的に報道されているみたいだし、
旧司の受験生にとっては
微妙な時期の微妙なニュースなわけで。

さすがに私の周りでは
「きょう発表だったんでしょう?どうだった?」
などという勘違いの電話をかけてくる人はいなかったけど
かかってきたりしたら
かなりうざかったと思います。

本当にこの時期の新司発表っていうのは
きついね。

「自分もローに行ってればな」などと
この時期だけについつい弱気に考えてしまいそうな
ニュースなわけだ。

(∩゜Д゜)あーあー聞こえない (∩゜Д゜)あーあー聞こえない
などとやっていることも出来ず
論文発表前の微妙な時期に
心を揺り動かすニュースであることは確かなわけで。

上っ面の数字だけ比較すれば
「なんで旧司法試験なんて受けるんだ?」ってことに
なるわけだからね。世間では。

でもまあ
48%という数字だけみて
「あ~、自分もローに行けば良かった」とか
そんなことを考えちゃいかんなと思ったりするわけよ。

ローに行かないっていうのは
自分の選択だからね。

選択した以上は責任をとらなきゃいけない。
当たり前のことだ。

人生では
色んな選択の局面があるわけだけど
選択した後に他の選択肢をみて
「あ~こうすればよかった」とかって
今さらどうにもならない
後ろ向きなことばかり考えても
何も生まれないわけだからさ。

自分のケツも自分でふけずに
ぎゃーぎゃー泣き叫ぶような
醜い大人にはなりたかないね。

そういう奴は
人間として最悪だ。

「俺はローに行きたくても行けないんだよ」と
言いたい人もいるかもしれない。

だけどさ、
自分を取り巻く環境なんて
人それぞれ千差万別なわけで。

一旦勉強やめて死ぬほど稼いでから
ローに行く道だってあるわけで。

そういうことをする勇気も気概もない奴が
親や家族を理由にして
自分をあたかも悲劇のヒロインにしたてて
悲壮感だけ漂わせて
文句たらたら言っちゃいかんのだよ。

そもそも親が金出さないとか言っちゃだめだ。

親にはここまで育ててくれた感謝はしても
批判はしちゃいけない。

「もっと金持ちだったらよかったのに」なんて
口が裂けても言ってはならない。

それが大人だ。

48%という数字が一人歩きして
司法試験が簡単になった!!とかっていう
イメージが世間に広がることを嫌う
旧司特攻組もいるかもしれない。

だけどさ、
そもそもこの試験始めたのって
世間に評価されるためじゃないだろって。

世間が難しいと言おうが簡単と言おうが
試験の価値も
それに向けて努力してきた自分の時間の価値も
全く下がることはないからね。

そんな
どうでも良いことなんて
気にしちゃいけない。

48%という数字を見て
「48%って、すごくね?俺でも合格するよ」とかって
宣う思慮不足の非受験生もいるかもしれない。

だけど大丈夫だ。

そんな奴らは1時間以上机に座ることすら困難だ。

というわけで
辛い時期だけども
なんとか頑張らないといけないわけだ。
我々旧司特攻組は。

本音を言うと
こんな地獄、もう嫌だけどね(苦笑)

まあ短い人生だ。
やせ我慢上等。
多少無理してでも強く生きようぜ。

調子が出てきたので
久々にネタ帳でもいじるか。


=================
240 :氏名黙秘 :2006/09/18(月) 20:37:24 ID:???
ぷーはもはや賞味期限切れたか
普通にベテ化しているしな
=================


まあ賞味期限なんて
もともとこの世界に入った段階で
とっくに切れているわけで。

「腐った奴がなんかほざいてる」ということで
ほんの一時注目集めただけでも
感謝しているよ。

>普通にベテ化しているしな

そうかもしれませんね。

たぶんこの方は悪口のつもりで書いたんでしょうが
私は正直言って受験を始めた平成16年当時は
この「ベテ」の方々の実力にとてつもない恐怖感を抱いていました。
そして平成16年、平成17年と2年続けて
多数の「ベテ」の方に負けて論文不合格となりました。
その意味では「ベテ」の仲間入り出来て光栄です。



==================
245 :氏名黙秘 :2006/09/18(月) 21:18:21 ID:???
ぷーはおそらく今年も落ちて転進(撤退)する気がするが,ブログはこのまま残しておいて欲しいな。
いきがってる高学歴の新規参入者が,こうしてベテ化し,最後は燃え尽きて廃人となる。
リスキーな試験だという生き証人だ。
==================

>ぷーはおそらく今年も落ちて転進(撤退)する気がするが,

さあどうなるでしょうね?
私自身は予想が外れることを祈っています(笑)

>ブログはこのまま残しておいて欲しいな。

今年の結果がどうであれ
ブログは残すから安心してくれ。

ま、この人は私のブログなんてどうでも良いんだろうけどね。

私は今となっては
受験3回目の「ベテ」だが
ネットで日記を書き始めた時は
初受験前だ。

正直、私自身も
この人が書いているとおり
「いきがってる高学歴の新規参入者」
だったと思う。

そこら辺のところは
このブログの左側の
「Archives」という文字を叩けば
バックナンバーが全て出てくるから
興味のある人は読んでみてくれ。

過去の記事は
全て残しているし
加筆も削除もしていない。

2004年3月までは
「さるさる日記」を使っていたが
それも全部コピペした。

今となっては
恥ずかしくて消したいことばかり書いているが
その時その時思ったことを
その時その時のまま晒し続けることで
私みたいな廃人人生を送る人が
一人でも減ってくれればと思っている(苦笑)

1500人時代を前に参入を決め
1500人時代に連敗して地獄のさなかにいる
一人の人間の転落の様子としては
極めてわかりやすいブログになったと
自画自賛している(苦笑)

2年連続論文落ちても
「最強の法則」と名乗り続け
敢えて恥を晒し続けている(苦笑)

でもまあ
私は所詮
制度改革の中
自分への過信がここまで
自分を苦しめるものになるものとは
想像だにしなかった甘ちゃんだ。

現段階では
「馬鹿な奴」と言われようが
何も反論できない。

「ローに行くの遠回りだし、1500人なら何とか合格するでしょ。」と
本当に信じてこの世界に参入した
落とし前を取れていないのだから当然だ。

だけど私はこのまま終わるつもりはさらさらない。

この地獄から
必ず這い上がってやろうと思ってる。

燃え尽きた廃人が蘇生するとこまで
ブログで書き続けてやるので
そこら辺の生き様まで追ってくれ。

「このままじゃ終われないんだよ」。


旧司を受けている人なら
共感してくれる言葉だと思う。

きょうという日に
言いたいことは以上。

そんな感じで。

ではまた。

« 旧司法試験受験生のつぶやき | Main | 落ちこぼれ受験生の発表前 »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

本当にシヨックです。私の息子は丁度新と旧のハザマで運よく三年目で昨年どうにか旧で合格いたしました。私は彼が四年生の時法科大学院を進めましたが・彼はすごい剣幕で怒りました。そして卒一のとき論文で敗退しました。25歳以下の特別処置が無くなっていましたので彼も運はよいほうでは、ありませんでした。でも何日か後彼が私の前だけで見せた涙を、忘れることは一生ありません。でもその一方で苦しまないで簡単に司法試験に受かる人がいるなんて、これが世の中なんでしょうか?簡単にお父さんの秘書をして総理に上り詰める人もいれば、苦学して大臣秘書をして、罪人になる人もいます。やはり日本も見えない階級社会なんでしょうか・

ぷーさんこんばんわ。
おひさしぶりです。

新司の発表とそのニュース、
私も若干複雑な思いでみました。

友達はたくさん受かったようで。
おめでとう!っていいながら、
私の10月6日はどうなるかなって考えてます。

ぷーさんの、逃げも隠れもしないとこが
ほんと憧れるとこだし、
そういうとこがかっこいいから、
たくさんのぷーさんファンがいるんだよね

直球勝負で、まじかっこいい。
「最強の法則」
途中まで、競馬雑誌の名前って知らなくて、
ほんとストレートもストレートだなって
思ってたんです。笑


お互い風邪などひかず、定義と条文にはげみましょうネ(>_<)
ではでは、おじゃまいたしました☆

◆昔あなたに娘のアドレスで間違ってメール送ったものです。さん

お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

>でもその一方で苦しまないで簡単に司法試験に受かる人がいるなんて、これが世の中なんでしょうか?

でも私は受けてないんでわからないですが
新司法試験を受験して合格した人達も
色んな苦しみを味わっていると思いますよ。

>やはり日本も見えない階級社会なんでしょうか・

間違いなく階級社会ですよね。

これまでも階級社会だったと思うんですが
みんなそれから目を背けていただけって感じで
最近はそれを直視する国民やマスコミが増えて
より明らかになっているだけという感じがします。

まあ30過ぎて無職の私は
間違いなく階級の最下層に属しているので
偉そうなこと言えませんけど(苦笑)

ではでは。

◆ゆうちんさん

コメントありがとうございます。
お久しぶりです。

身に余るお言葉を頂き光栄です。

不器用なんで球速が出なくても
直球勝負しか出来ません(苦笑)

>定義と条文にはげみましょうネ

すいません。
上に書いたとおりで
全て投げ出して10月6日を迎える予定です。

ゆうちんさんも
体調崩さないようにしてください。

ではでは。

はじめまして。私も旧試験組で論文の発表待ちです。
齢は30。会社勤めを4年ほどしてました。初受験はH17です。
私は年齢のこともあり、ロースクールは厳しいかなと思っているのですが、やはりこの時期は不安になります。その不安もあって2校程、受験しましたが、一校は足きり、一校は落とされました。
ぷーさんのブログを見るのは初めてですが、強い意思のようなものが感じられて、私も不安に負けてないで自分の道を開いていく力を持つんだ、という勉強を始めたころの思いを思い出しました。
そもそも会社を辞めるときに、難関資格だから落ちたときにどうしようという不安がありましたが、その時に思ったのは、落ちたときにどうやって自分を立て直していくかというところに、自分の真価が問われるんだ、ということです。だから、不安がってないで全力で今は勉強しようと。

いや、本当にこのブログを見つけてよかったです。
お互い論文に合格しているとよいですね。祈っています。

The comments to this entry are closed.

« 旧司法試験受験生のつぶやき | Main | 落ちこぼれ受験生の発表前 »