« 旧司組にとっての新司合格発表という日 | Main | ディ~プ飛ばず »

September 27, 2006

落ちこぼれ受験生の発表前

こんばんは。

FMから流れてくるNirvanaの懐かしい曲が
妙に心地よかったりする今日この頃ですが
みなさん、いかがお過ごしですか?

というわけで
論文の発表まで
あと10日を切ったわけだが。

前に書いたとおりで
口述の勉強を再開したものの
基本事項を5科目一通りやった段階で
心が折れた。

それでも勉強を進めるのが
受験生としてあるべき姿なんだろうが
もう10月6日まで
勉強するのを止めようと思っている。

あるかないかわからない試験のために
集中力が著しく欠けた状態で
ダラダラダラダラ机に向かって
条文を眺めたり
判例を眺めたり
過去問を読んだりしたところで
はっきり言って何の役にも立ちそうもない。

むしろこの集中力を欠いた状態で
ダラダラダラダラ勉強することが
論文発表後まで常態化してしまうことの方が
よっぽど恐ろしい。

まあ仮に論文通っていれば
地獄を見ることになるんでしょうが
あと10日弱集中力を欠いた状態で
ダラダラやっても
その地獄が緩和されるとは
全く思いません。

というわけで
もう勉強やってません。

論文発表までやるつもりも
全くありません。

というか
いい加減
口述前の地獄っつうものを
体験したいもんだけどね。

というわけで
目下の関心事は
凱旋門賞とスプリンターズSとK-1GP。

凱旋門賞は
ディープに勝ってもらいたい。

というか
今回負けたら
今後10年
凱旋門賞を勝てるような馬は
出ない気がする。

スプリンターズSは
外国馬に注目している。

シーイズトウショウは
これまでさんざん儲けさせてもらっているが
今回は切り。

どう考えても前走の反動が怖いし
中山適性も最悪。

K-1GPは
なんとしてもバンナに優勝して欲しい。

てな感じなわけだが
真面目な話、
発表までの10日弱。

勉強なんかしないで
これからのことを考えておこうと思っている。

合格していた場合、不合格だった場合、
あらゆる可能性を想定して
自分が進むべき道を考えておこうと。

論文直後の記事に
そうすると書いたのに
結局引越やらなんやらで
ここまで何も考えていない。

いい加減考えておかないと
発表日が来てしまうわけで
締め切りが迫っているわけだ。

そんな感じで。

ではまた。

« 旧司組にとっての新司合格発表という日 | Main | ディ~プ飛ばず »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

 ぷーさん、こんばんは。
 
 そろそろ、発表が近づいてきましたね。私も勉強が手に付かず…というか、まったく勉強しておりません、結局(苦笑)。あまり進んでおられないとは書いていらっしゃいますが、基礎的な勉強をしていらっしゃるというだけでもいいのでは、と思います。
 合格・不合格両方の場合に備えていろいろとお考えとのことですが、昨年の不合格経験者から少し申し上げますと、情報だけは仕入れていた方がよいかと思います。私の場合、不合格を知ってからいきなり就職活動せざるを得ない状況となりましたが、情報を仕入れていた分、ある程度は就職活動を乗り切れたのではないかと考えております。
 後は、前にも書きましたが、あまり深刻に考えすぎないで下さいね。ぷーさんなら、きっと道は開けていますよ。

 それでは。

Posted by: とかっち | September 28, 2006 at 23:20

◆とかっちさん

コメントありがとうございます。

まあ今週末にはもう結果出ますしね。
「果報は寝て待て」って感じで
のんびり迎えます。

とかっちさんは
合格していたら口述の勉強は
仕事休まずにやられるんですか?

そうしたら
結構大変ですよね。

風邪などひかぬよう
お気をつけてください。

ではでは。

Posted by: ぷー | October 02, 2006 at 12:23

The comments to this entry are closed.

« 旧司組にとっての新司合格発表という日 | Main | ディ~プ飛ばず »