« June 2006 | Main | August 2006 »

July 2006

July 28, 2006

I'll be back

おはようございます。

というわけで
論文後は引越準備の肉体労働者となっているわけですが。

去年の秋以降、
論文当日から逆算して
きっちりスケジュール組んで
毎日毎日やってきて、
終わったと思ったら
今度は引越の日程に追われる毎日。

論文までの疲れが抜けきっていない状態で
引越に走りはじめないといけないというのは
さすがに辛い。

せっかく論文が終わったのに
日取りに追われるこの感じが
真綿で首を絞められているような感覚になる。

脳みその疲れは取れてきているんだろうが
体のあちこちが痛い。

実は
今回の引越で
東京を離れる。

生まれてから大学卒業まで東京で育った。

社会人時代、
地方勤務の間は東京に戻りたくて仕方なかった。

そして
ようやく戻ってきた東京。

ありがちな話だが
組織の中枢にいる人、
そして組織の中枢を目指す人の顔つきを見て
20年後、30年後の自分が不安になった。

と同時に
大学入学後
これまでのぬるま湯暮らしに
激しい嫌悪を覚えた。

自分を守り通し続けるために
困難から逃げ続ける術だけがうまくなった
自分に嫌悪した。

何の挑戦もしない
何のリスクも負わない
そんなヘタレな20代を送った時は
もう帰ってこなかった。

色んなことに失望し絶望した。

そして
組織を辞めた。

司法試験の勉強を始めて
当初は「自分は1回で合格できるな」という
根拠が全くない
希望的観測に包まれていた。

択一も1回目から通り
笑える話だが
論文も大丈夫だろうという
これまた脳天気な考えで
おととしの1回目の論文に臨んだわけだ。

だけど
物事はそんな楽にはいかない。

2004年の7月。
奴隷船3階で自分の力に絶望した。

生まれてこれまで味わったことのない
果てしのない底なしの絶望感だった。

甘い期待は完膚無きまでに叩きつぶされた。

だけど時はそんな思いを
薄らげてしまう。

秋からの答練で
そこそこの点数が取れるようになると
再び甘い期待に包まれていった。

そして連敗。

今年の論文までは
本当に精神的に辛かった。

何をやっても
正直楽しくなかった。

テレビなどで
自分と同じ、もしくは年下の成功者の
姿を見るのが辛くなった。

「何してんだろ」。

そんな思いで眠れない夜も
数え切れないほど過ごした。

勉強を始めた頃の
甘い自分への過信は
もう微塵も残っていなかった。

這って這って
なんとか論文まで行った感じだった。

そして引越。

結局何も成し遂げないまま
東京を離れることになった。

まだ自分自身を立て直している状況で
東京を去らなくてはならない。

まさに都落ちだ。
正直、悔しいし情けない。

夏の暑さでは誤魔化されない
忸怩たる思いが胸の中を渦巻いている。

でも物事はとらえようだ。

新しく住む街は
これまで住んだことのない街だ。

もちろん知り合いも一人もいない。

そんな環境で
本当の意味での建て直しが出来ればと思っている。

それでも
次は、
次こそは必ず
進化して東京に戻ってきたい。

この3年、
私が最も通った街である
高田馬場ともお別れだ。

辰巳の喫煙ベンチからの風景とも
セミナーのベランダからの風景とも
LECの窓口での異常に長い待ち時間とも
お別れだ。

次に行く時は
「あの時は頑張ったな」という
良い意味での懐かしさと共に
訪れたいものだ。

あの雑然とした感じが
今は恋しくもある。

で、
今週末、私は東京を去る。

気分だけでも明るく
Pet Shop Boysの'Go West'を
流しながらでも向かいたい。

10月には再び東京へ、
正確には浦安へ
来襲することを期待しながら。

そんな感じで。

ではまた。

| Comments (11)

July 21, 2006

で、みなさんいかがお過ごし?

こんばんは。

というわけで
こんなに1日が長いものかとか
わけのわからない感覚に陥りながら
週末がやってきました。

簡単に1週間振り返ると
論文2日目の夜は飲みながら寝てしまった(笑)

火曜日。
飲みながら寝たのに6時ぐらいに目が覚める。
「やっぱ年とったからな~」と思いながら散歩。

実は今月末に引っ越すので
粗大ゴミの手配をしたり
TSUTAYAで引っ越し先の本を買ったり。

ドトールでアイスカフェモカを飲みながら
気持ちよく煙を吐き出す。

帰った後は
絶望的な荷物の量にため息をつきながら
ゴミの選別。

この試験を受けようと思って
最初に読んだ伊藤真の入門シリーズは
まだ捨てられない。

水曜日。

全然論文の疲れが取れていないのに
きょうも引越準備。

5月に戻ったかのような
涼しさが本当にありがたかった。

その後
久々に実家に帰る。

車検を通すことになった車を久々に眺め
改めてフォルムの格好良さに惚れる。

ちなみに
当然のことながらバッテリーは上がっていた(笑)

木曜日。

この日も朝から片づけ。

来週はバタバタ予定が入っているので
今週がある意味勝負という感じなのだが
すぐに疲れてついついビールに手が伸びる(笑)

「まあ論文終わったばかりだししょうがないな」

せっぱ詰まった来週には通用しない言い訳に頼る。

その後
車検の手続やらなんやら。

全然ゆっくりできない(苦笑)

夜は久々に集まって飲んだ。

てな感じで
全然何もしてない自堕落な1週間が終わろうとしている。

これで良いわけないのだが(苦笑)

まあ何はともあれ
引越が迫っているので
落ち着くのは引っ越ししてからかなと。

すでに
論文があったのが
遠い昔に感じている。

今年の論文は
なんかもの悲しい雰囲気に包まれていた感じがする。

雨に濡れた塾長とか
2日目刑訴が終わった後の強い雨とか。

去年までのような熱気は
全く感じなかった。

ちょっと長い総択。

そんな感じだった。

主観的に盛り上がっていなかっただけかもしれないけどね。

おととし初受験の時に感じたような
感慨に全く浸る間もなく
あっという間に論文が終わった。

そんな感じだった。

たぶんあの時みたいな気持ちに戻ることがないんだろうなと思うと
なんだか少し悲しくなるね。

で、終わって片づけながら
この先のことを色々考えている。

まだ何も結論が出ていない状況だけど
色々考えながら過ごしていこうかなと。

試験は
現行から旧司法に変わった。

さすがに当日は「論文終わった!」とはしゃいだが
それを何日も持続させるような雰囲気じゃない。

でもそれは旧司法試験という試験が置かれた状況だ。

とりあえず確かなのは2つのこと。

今年の論文試験が終わったこと。
そして結果についてはうじうじ考えても仕方ないこと。

去年みたいに結果を見て狼狽することのないよう
しっかりと色々な可能性を考えておこうと思っている。

今年に関してはまず合格者数もわからん。

論文でも択一以上の大虐殺があるかもしれんし
何がどうなるかがさっぱり読めない。

下手の考え休むに似たりってかんじで
やることやったのだから
とりあえずは片づけないと(苦笑)

そんな感じで。

ではまた。

| Comments (6)

July 18, 2006

無駄に目が覚めて

おはようございます。

もう論文が終わったのだから
ゆっくり寝ればいいのに
6時すぎに目が覚めた。

不思議と酒は残っていない(苦笑)

外は雨だ。

論文の疲れを癒してくれるような
涼しさが本当にありがたいね。

| Comments (0)

July 17, 2006

論文本試験お疲れ!!!!!!

こんばんは。

論文お疲れでした。

今年は
今までの暑さが嘘のように
涼しかったね。

今年は1階だったので
涼しさと相まって
今までにないくらいに
快適に過ごせたよ。

前の日が36度まで上がっていたから
心配していたけど
本当に涼しくて良かった。

実は前日に下見に行った時、
去年試験会場だった4階に上ったんだよ。

汗だくだくだったね。

私の教室は
試験官も低音ヴォイスの
五月蠅くない人で
環境面では最高だった。

去年みたいに暑さで
脳みそが解け落ちることもなかった。

まあいいや。

とりあえずきょうは
ゆっくり飲もう。

論文受けた皆さん、
本当にお疲れさまでした。

論文前の記事にコメント寄せてくれた人達。

本当に本当にありがとう。

涙が出そうなぐらいに嬉しかった。

とりあえずもう勝手に飲み始めていて
脳みそがアルコール漬けになっているので
また改めてコメント返します。

ありがとうございました。

そんな感じで。

ではまた。

| Comments (10)

July 13, 2006

「さらば奴隷船」

こんばんは。

きょうは暑かったねえ。

ビール飲みたくて仕方ない(笑)

というわけで
もうあとわずかなわけだが。

「どうせぷーは今年も論文ダメだろ」。

そう思っている人も多いと思う。

思い起こせば1年前。

私は
両訴で感じた手応えの悪さに
ひたすらひたすら目を背けて
酒に溺れていた。

そして何を勘違いしたのか
ひたすら口述に向けて
せっせと勉強していた。

哀れである。

あれから1年。

耐震強度偽装の豪華マンションを造ることを止め、
今年はひたすら基礎の部分、土台の部分を固めてきた。

よく再現を作ることが翌年に役立つと言われているが
私の場合は奴隷船で問題に直面しながら感じたことを
翌年に活かすのが一番だと思っている。

去年の奴隷船では
1日目の商法2問目で
事案分析能力の欠如を感じた。

結果としては問題なかったものの
30分間かけても隠れた手形保証の事案であることに全く気づかず
ひたすら支配人の論点を書いて
逃げまくった姿勢は反省すべきだと思った。

そして両訴で地獄をみた。

基本から考えずに
ひたすら答案のパターンを覚えたことで
予備校答練をクリアしてきた去年の私にとって
わからない問題に当たった時に
立ち返るべき基礎は何もなかった。

おそらく両訴とも
2問目は
一桁の惨い点数がついたことだろう。

両訴が得意な人はわからないと思うが
両訴でやらかした時ほど
2日目の夕方のやるせなさといったらない。

やばいかもな。

本人が一番よくわかっていた。

痛いほどわかっていた。

「1500人だし
他の科目でなんとかカバーできるだろう」という
根拠のない救いにすがりつき、
一夏ごまかしつづけた。

口述の勉強をせっせとやることで
逃げ続けた。

今思い返せば
最悪の夏であったね、2005年の夏は。

で、今年。

厳しい試験だ。

今年の合格を確信しているなんて
大それたことは思っていない。

わかりきったことだが
論文で何かが終わるわけでは
決してない。

この2年、
何かの終わりを期待して
その期待を嘲り笑うかのような
残酷な秋がやってきた。

今年は
秋の冷たさに耐えられるように
何も期待しないで
論文を迎えてみようと思っている。

それが今の私の
偽らざる心境だ。

去年の秋、
一度は司法試験をやめようと思った私を
考えてもみなかったような
たくさんの人がネットを通して
励ましてくれた。

そんな皆さんの期待に
応えられるのか、
正直言って不安がないとは言えない。

でも
どんなに醜くても
行ける所まで
走ってみようと思っている。

向き不向きなんて
関係ない。

自分が始めたことに対して
きっちり落とし前をつける。

極めてシンプルなことだ。

そこには
社会的評価や他人の評判や
己の打算が入る余地はない。

たかが試験
されど試験である。

試験そのものに対する姿勢じゃなくて
自分の人生なり生き方なり生き様なりに対する姿勢として
この試験に関しては中途半端ではやめられない。

偏差値が高いという子供も笑うようなくだらない理由で法学部に進み
全く興味のない法律の授業に吐き気を催していたこの自分が
仕事を投げ打ってこの試験を始めたこと自体が
パラドックスパラダイスである。

深刻に考えれば全く意味のわからないことを続けることで
恥をさらし醜さを増してきた。

誰も入ろうとしない冬の海に飛び込んで
ひたすら意味もなく泳いでいるような状況だ。

正直、自分をそういう状況から助けだして
暖かいバスタオルで優しく包んであげたくもある。

だけど
ここで自分を甘やかしたら
負けだと思っている。

自分を甘やかすのは
とっても簡単だ。

「身の丈」という
わけのわからない言葉を持ちだして
自分に無理なこと、危険を伴うことは
一切やらなければいいだけだ。

でもそんな小さくまとまる人生には
全く興味がない。

意味なんて後からついてくるものだ。

それは客観的なものではなく
主観的なものとして価値をもつのだろう。

法曹に向いているかどうかではなく
自分の始めたことに対するケジメとして
エンドマークは結果が出てからじゃないと打てない。

というわけで
短そうで長かった論文直前期ももう終わり。

「ブログばっかやってんじゃねえよ」。

去年落ちた私に優しい言葉を掛けてくれた人達に
そう思われたくないので
意識的に更新を減らしてきた。

この記事も
少しずつ書きたいことを書いて溜めてきた。

この直前期、
私の周りでも
この数年よどんでいた空気が
かすかに、でも確実に動き出した。

私も無限のループからそろそろ
抜け出さないといけない。

去年合格していれば
それが一番だったのは確か。

時期を逸したといわれれば
返す言葉もない。

この1年で
色んなものが私の中から
消えていった。

ある意味
抜け殻のような状態のまま
走ってきた。

それでも
結局ここまでやってきた。

失われたものが多くても
新たに何かを得られれば良い。

そう信じてやってきた。

客観的には信頼が失われつつある
自分の力と可能性を
それでも信じてやってきた。

1500人時代の熱気が去り
寂寥感が日に日に強まる旧司法に
それでもしがみついてやってきた。

旧司法を取り巻く環境と
自分自身の置かれた状況の
奇妙な符合を痛感する1年だった。

気づけば本試験は目の前だ。

今年こそ
奴隷船に別れを告げてきたい。

そして
2日目の夕方に静かに、でも自信を持ってつぶやきたい。

「さらば奴隷船」。

それでは
行ってきます。

| Comments (14)

July 05, 2006

夜分すまないが

こんばんは。

実感ないまま10日を切りました。

このままの精神だと
奴隷船でめった斬りにされそうだ(苦笑)

ところで
この後午前2時28分から
こんな番組がある。

なにげにこの番組は
結構好きだが
今回はテーマが良い。

今月いっぱい司法改革をやるようだ。

できれば
「旧司法」をテーマに1回やって欲しかったが。

新しいものに飛びつくが
古くから続くものの中に
ニュース性を見いだそうとしないのは
マスコミの昔からの悪い所だ。

旧マスコミ人としても
本当に嫌になる。

私がこの番組を見るのは
論文終わった後になるだろうが
見た人いたら
感想でも寄せてください。

そんな感じで。

ではまた。

| Comments (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »