« 全択2回目お疲れでした! | Main | 短答式試験お疲れでした! »

May 12, 2006

あなたの、そして私の、旧司法試験が始まりますよ

こんばんは。

寒かったり暑かったり
曇ったり雨降ったり
晴れたり風強かったり。

めちゃくちゃな天候が続く
今日このごろですが
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

いよいよ、あさってですね。

だいたい最後の1週間って言うのは
長いようで短くて
短いようで長くて。

全択2回目を受けたのが
もう遠い昔のように感じるね。

というわけで
私の司法試験も3回目になったわけだ。

が、しかし。

全然テンションが上がらない。

緊張から来る息苦しさと不安で
辛かった1回目。

リベンジへの思いだけが
大きくなりすぎて
逆にやばすぎるぐらいの
ハイテンションだった2回目。

それと全然違う。

ある意味、
去年で燃え尽きたのかもしれない。
終わったのかもしれない。

それは自分自身でもわかってる。

燃え尽きて届かなかったものを
掴もうとすることの
無謀さも痛いほどわかってる。

「お前には無理なんだよ」。

そう言われれば
どんなに腑煮えくりかえっても
何も反論できない自分がここにいる。

「引き際が大事だよ」。

本当にその通りだと思う。
3年前にそれまで7年間勤めた組織から
勝手に引き際を自分で作ったこと。
去年論文でダメだったのに
諦めずにしがみついていること。
自分は本当に引き際がダメダメな人間だと思う。

正直言って
今年に関しては
周りからも期待されてないだろうし
自分自身も期待してしない。

周りが怖いほど何も言わないのは
たぶん気を遣ってのことだと思う。

というか
私が早く諦めるのを
待っているのだろう(苦笑)

去年の10月、
泣きながら父に電話した時のこと。

もらい泣きした父は
こう言って馬鹿な三十路をなぐさめた。

「お前には法曹よりも
もっと向いてる職業があるから」。

実際その通りだと思う。

万が一合格しても
たぶん無理だ。

自分に合わない服を着て
居心地の悪い感じのまま
これからの人生を生きるつもりも
さらさらない。

おそらく私みたいな人間が
「修習所に最も入って欲しくないタイプ」の
人間だと思っている。

これからロースクール出身の合格者が増え、
たとえ法曹の人材が多様化したとしても
私みたいなタイプの人間は
たぶん生き残っていけないと思う。

受かっても私自身はお先真っ暗なのである(苦笑)

「法曹になりたくもないのに
何で仕事やめて勉強やってんの?」

笑いたかったら笑ってくれ。

笑われても仕方ないような
毎日送ってんだから仕方ない。

昔の私なら
絶対にこんなざま見せなかったと思う。

みなさんご存じの通り
私は根拠のないプライドだけで
生きてきた人間だ。

自分をごまかしても
世間の評価を人一倍気にしてきた。

自分を突き通す
勇気も度胸もなかった。

ただひたすら
何をすれば自分の評価が上がるかしか
考えていなかった。

結果、
20代は妥協の連続だった。

「まあこんなものか」
「この程度で良いだろう」

自分の夢なり価値観なんて
何もない。

必要なのは
自分自身の価値観ではなく
評価される価値観。

周りの空気を読んでは
カメレオンのようにそれに合わせた。

一番挑戦すべき10年間で
何に対しても真剣に戦えなかった。

残ったものは
周りの薄っぺらい評価と
中身のないからっぽの空虚な自分。

上司にペコペコしている
アホな米つきバッタを見て
「ああはなりたくないね」と思っていたのに
自分自身が若い米つきバッタになりつつあることに
気づいた時の絶望感。

そんなものを
早く消し去りたいんだよね。
自分自身の中から。

本当に。

ここで消さないと一生消せない怖さが
つきまとう。

暑苦しかろうが
見苦しかろうが
鬱陶しかろうが
仕方ない。

恥まき散らしながら
自分を突き通しているのは
我が人生で今回が初めて。

だからこそ
納得行く形で
終わらせないと
気が済まないし
意味がないんだよ。

これまでの3年間が。

また妥協の日々になんて
戻りたくないんだよ。

絶対に。

この旧司法試験の良い所に
受験生の数だけ
試験の楽しみ方があるということがある。

今年なら
35,782通りの楽しみ方があるわけで。

専業の人、
仕事しながらの人、
ローに通っている人、
ただ択一だけ点数取りたい学部生
脳みそゲームの一つとして受けている人。

純粋な法曹選抜試験である
新司法試験と比べて
動機という点では
本当にバラエティに富んでいる。

そんな一人一人の目的は
絶対に尊重されるべきだし
干渉すべきものではない。

どんな目的も優劣なく
等しく価値を持ったものだと思っている。

そんな中で
私みたいな歪みきった目的を持っている人間が
いたっていいかなと。

だから
なぜか今年もやっぱりここに立っている。

万難を排して
立たせてもらっている。

たぶんこれから歩く道は
去年やおととしよりも
さらに厳しいことだろう。

でも山の頂を眺めて
その距離に絶望した所で
何もうまれやしない。

ため息の一つついた所で
頂までの距離が縮まるわけでもない。

足もと一歩一歩
ゆっくりゆっくり歩くしかないんだろうな。

ムキにならずに
一歩一歩しっかりとね。

去年もおととしも
最後まで行けずに
終わってんだけどさ。

今年はそろそろ
違う景色を見たいね。

みなさんの
ご健闘を心より祈っています。

私もみなさんに遅れないよう
ぼちぼち歩きますので。

直前なのに長文失礼。

あしたは
アド街とか見ながら
ゆっくり過ごしますよ。

今さら詰め込んでも
脳みそ疲れて
逆に点数下がるだろうし。

ま、
何はともあれ
3時間半をじっくり楽しみましょう。

そんな感じで。

ではまた。

« 全択2回目お疲れでした! | Main | 短答式試験お疲れでした! »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

w(゚o゚)w オオー!
お互いに頑張ろうぜ!

俺も脱サラ組みの三十路。
おまけに家庭持ち(子供は無し)
その上、今の気持ちをかなり代弁してくれていた。

感動とともに感謝の気持ちになった。

Posted by: kero's | May 12, 2006 at 23:40

俺と似てるw
俺も周りの目だけ気にして生きてきた。
努力しなくてもソコソコできてしまっていたから、
今まで本当に何かに打ち込んだことなどなかった。
司法の勉強はじめるまでは。
去年論文落ちたときに諦めるべきだったのかもしれない。
でも諦めきれずに今までやってきたわけで。
ここまで来ちまったら、あと2月しがみついてても同じなわけで。
多分今年合格する奴らも、みんな同じ気持ちを抱えてるわけで。
どうせ2月しがみつくなら、悔いの残らないように楽しんだ者が勝ちだと思うよ。
論直期の地獄のような日々も、気の持ち方一つですごく楽しいしね。まあ俺がドMだからかもしれないけど。

言いたいことは、今年も生カトシンを見て、論文頑張って、そして和光で会いましょう。一緒に酒飲みましょう。 

そんな感じで。ではまた。w

Posted by: | May 12, 2006 at 23:53

俺と似てるw
俺も周りの目だけ気にして生きてきた。
努力しなくてもソコソコできてしまっていたから、
今まで本当に何かに打ち込んだことなどなかった。
司法の勉強はじめるまでは。
去年論文落ちたときに諦めるべきだったのかもしれない。
でも諦めきれずに今までやってきたわけで。
ここまで来ちまったら、あと2月しがみついてても同じなわけで。
多分今年合格する奴らも、みんな同じ気持ちを抱えてるわけで。
どうせ2月しがみつくなら、悔いの残らないように楽しんだ者が勝ちだと思うよ。
論直期の地獄のような日々も、気の持ち方一つですごく楽しいしね。まあ俺がドMだからかもしれないけど。

言いたいことは、今年も生カトシンを見て、論文頑張って、そして和光で会いましょう。一緒に酒飲みましょう。 

そんな感じで。ではまた。w

Posted by: | May 12, 2006 at 23:54

泥にまみれても愚直に突き進む。
一生懸命なんてカッコ悪い と楽して眺めてたんじゃ掴めないものは絶対ある。
馬鹿になりきれてない私はぷーさんが羨ましい。

今年のプーさんは青白い炎みたい。
見かけは赤い炎よりクールだけど実は高温(笑)
さて、今年の第一歩をシッカリ踏み出してくださいね。がんばれ(^-^)

Posted by: あくび | May 12, 2006 at 23:57

二重コメント失礼しました。

Posted by: | May 12, 2006 at 23:57

「ひょっとして弁護士に向いていないかも」
そんな臆病な自分と同居している方が
良い弁護士になれると信じています。
私も燃え尽きて灰になってから合格しました。

最後のイメージトレーニングですが、
とても難しい問題が出題されるけど
それに必死になってとりくんで
何とかクリアして
結果的に合格ラインを超えている
そういう姿を思い浮かべるのが良いかと。

がんばれ 受験生
がんばれ ぷーさん

Posted by: rain | May 13, 2006 at 00:18

こういう時期に修習生からの書き込みはうざいかもしれないけど、去年の同時期の自分の心境と似すぎてるので、ついつい書き込みます。

「夜明け前が、一番暗い。」

名前も知らないある合格者が受験生へのメッセージとして書いてくれてた言葉です。
この言葉を信じて頑張りました。

あともう一言。口述のときに伊藤真からの手紙に書いてた言葉です(正確には覚えてませんが)。

「誰もが乗り越えてきた試練です。きっとあなたも乗り越えられます。」

口述までいけたからこそ信じられる言葉だと思うかもしれません。そうかもしれません。もしそうなら先の言葉だけを信じてください。


Posted by: | May 13, 2006 at 01:11

受け始めた年が同じ。受け始めた歳もほとんど同じ(笑)。
ボーナスステージの論文で2年続けて泣かされたのも同じ。そして抱えてる鬱陶しさも同じ。

この2年、ぷーさんのブログに喝采上げて、涙流して、そして勇気づけられてここまで来ました。

一昨年あきらめた人もいるし、去年であきらめた人もいる。そしていまだにしがみついてる、自分も含めた35,782分のα。
試験は孤独な戦いだけど、そんなたくさんの思いが背後霊になって、今年のぷーさんを後押ししてますから(うざったいでしょうけど(笑))、きっと秋には違う景色が見られることでしょう。

まずは奴隷船トライアル、ご健闘をお祈りして。

Posted by: Fumiya | May 13, 2006 at 11:45

だからこそ、だからこそ
あなたは受からなきゃいけないんだ。
俺はそう思うよ。

Posted by: はぐれ | May 13, 2006 at 15:10

 ぷーさんへ。

 こんにちは。いよいよ、明日ですね。
 私は、とても緊張していました。明日の試験ではなく、今日の胃カメラ検査の方に(苦笑)。幸い、異常なしでしたが、もうこりごりですね、あんなのは(笑)。

 さて、試験前最後の書込みになると思いますが。
 ぷーさんは、テンション上がらない、燃え尽きたのかな、って書いてますが。それは多分違いますよ。
 多分、自分の力とか、いろんなものが見えていて、リラックスできているからじゃないかって思っています。変にテンション上がっても、いいとは限らないし。

 それに、私だって友達に言われたことがありますよ。「法曹になりたくもないのに、なぜ仕事しながら勉強してるの?」って。純粋に、法曹になりたい!ってこの試験を続けている人の方が、少ないような気がします。みんなそれぞれ、理由がある。それでいいじゃないですか。

 もう一つ申し上げると、引き際なんて、自分で決めるものだと思いますよ。自分が納得したときが、引き際。引き際が大事ってのは、さっさと辞めれば、ってことじゃなくて、自分が納得するまでやることが大事、って意味だと思っています。
 
 ともかく、明日は普段どおりで行きましょう。それできっと大丈夫。ぷーさんには、運と力がある。それで十分ですよ。

 それでは、お互いの健闘を祈りつつ。

Posted by: とかっち | May 13, 2006 at 15:56

去年の論文試験不合格以来久しぶりにのぞかせてもらいました。僕の方はあれから自分自身の何にも決着をつけず、のうのうと小さな会社で働いています。社長の補佐みたいな仕事と言えば聞こえがいいですけど、どちらかと言えば何でも一応の形をつけてくる便利な小間使い君になっています。仕事の上で弁護士を先生と呼び、社長の法律的にありえないリクエストを代弁する。先生からは失笑され、それでも会社の利益に沿うように形をつける。くだらない仕事だと自分にあきれつつも、新しく出会った人との関わりがうれしくなったりもします。プーさんの日記を見てふと届かなかった日を思い出します。受験生活が自分に何をもたらしたかを今でも総括していませんが、熱かったあの日、至らなかった自分が何故だかむしょうに恋しくなります。試験の合否はあれど、いつか不思議な縁で会えたりしたら嬉しいです。その時プーさんを先生と呼べたら素敵ですね。長文失礼しました。

Posted by: 秀人 | May 13, 2006 at 21:38

ずっとログしてたけどこのカキコ読んで初めてレスをつけたくなった。
>今年なら
>35,782通りの楽しみ方があるわけで。
悔しいけどこういうこと書いてくれるからつい読んでしまうんだよ、バカがここにもいるってね。(笑)
さて、寝るとしますか・・・。
この一年、明日からの祭りを楽しめるだけの事をやってきたかっていわれると??だけど、乗りかかった泥舟にこのまま身を任せてその先を覗いてみるとしましょうか!
じゃあね!!

Posted by: 35,782分の1のバカより | May 13, 2006 at 23:36

◆kero'sさん

コメントありがとです。
脱サラだと私もそうですけど
色々と辛いこともあると思います。
特に精神的に。

でも負けずに道を拓きましょう。
自分の生き方を見せつけましょう。

きょうはお疲れさまでした。

◆名前無しさん

コメントありがとです。
なんか同じような思いしている人がいて
嬉しくなりました。

今年こそは勝利の美酒に溺れながら
冬を迎えたいですね。

きょうはお疲れさまでした。

◆あくびさん

コメントありがとです。

>今年のプーさんは青白い炎みたい。

お褒めの言葉?ありがとうございます。

去年が赤すぎたので(苦笑)
まあこれがぐらいが良いかなと。

たぶん無事に一歩踏み出せていると思うので
これからもよろしくです。

◆rainさん

コメントありがとうございます。

>私も燃え尽きて灰になってから合格しました。

格好良すぎます。
私もそんな格好良い言葉かけるように
精一杯頑張ります。

ありがとうございました。

◆名前なしさん

コメントありがとです。

>こういう時期に修習生からの書き込みはうざいかもしれないけど

全然うざくないです(笑)

わざわざありがとうございます。

>「夜明け前が、一番暗い。」
>「誰もが乗り越えてきた試練です。きっとあなたも乗り越えられます。」

どちらの言葉も心に刻んで
これから地獄の2ヶ月頑張ります。

ありがとうございました。

◆Fumiyaさん

コメントありがとです。
お久しぶりです。

>試験は孤独な戦いだけど、そんなたくさんの思いが背後霊になって、今年のぷーさんを後押ししてますから

どうも最近肩こりがひどくて(笑)

いやいや、そんな皆さんのおかげで
今年の旧司法受けることができているので
本当に感謝しています。

トライアルは通過したっぽいので
GⅠ勝ちを狙います。

これからもよろしくです。

◆はぐれさん

コメントありがとです。

はぐれさんのコメントが
心に染みて染みて
本当に嬉しかったです。

試験前に勇気づけてくれて
ありがとうございました。

◆ とかっちさん

コメントありがとです。
きょうはお疲れさまでした。

>自分が納得したときが、引き際。引き際が大事ってのは、さっさと辞めれば、ってことじゃなくて、自分が納得するまでやることが大事、って意味だと思っています。

めちゃくちゃ良いこと書きますね。
今年は納得できるまでやり尽くしたいと思っています。

これからもよろしくです。

◆秀人さん

コメントありがとです。
久々に覗いてくれてありがとうございました。

>新しく出会った人との関わりがうれしくなったりもします。

これ、すごくわかります。
社会人時代はこの喜びのために
毎日頑張っていました。

>いつか不思議な縁で会えたりしたら嬉しいです。

ですね。
でも秀人さんはたぶんぷーさんだとは気づかない。
それがまたよかったりもする(笑)

ではでは。

◆35,782分の1のバカよりさんへ

コメントありがとです。

>ずっとログしてたけどこのカキコ読んで初めてレスをつけたくなった。

もっとレス頂けるように頑張りますので
よろしくお願いしますね。

きょうは
お疲れさまでした。

Posted by: ぷー | May 14, 2006 at 22:58

The comments to this entry are closed.

« 全択2回目お疲れでした! | Main | 短答式試験お疲れでした! »