« 択一直前模試は早稲田だらけ | Main | 雨 »

March 15, 2006

春眠

こんばんは。

よく晴れたね。
やっぱ春はこうじゃないと。

去年の秋に比べて
たいぶ頻度は減ったけど
たまに眠れないことがある。

そう、悔しくて。

去年の論文で
私は2日目の午後で
それまで1年の全部を台無しにした。

「ああ書いておけば」

何度頭をよぎったかわからない。

「なんでこれを思いつかなかったのか」

何度悔いたかわからない。

胃が痛み、
眠気が遠ざかる。

眠ろうとして
本を読んでも
字面追っているだけで
頭に入らない。

悔しくて悔しくて
太陽が昇るまで
眠れなかった日が何日もあった。

年が明けて
ようやくそういうことも少なくなった。

でも
きのうは
久々に眠れなくなった。

はっきり言って
もうこんな思いに
苛まれるのは
もうこりごりだ。

今さら悔いても
なんにも変わらないのは
よくわかっている。

おそらく
脳が疲れ切っていないから
そんな悔しさが頭をよぎるのだろう。

脳の疲れが
限界までくれば
邪念も消えてくれるはず。

これからは
これぐらいでと思った所から
あと1時間、
朽ち果てるまで
限界まで
毎日やってやろうと思っている。

来年はよく眠れるように。

そんな感じで。

ではまた。

« 択一直前模試は早稲田だらけ | Main | 雨 »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

実力を出しきれなかったから悔しいんだろうな。
今年は全力尽くせば合格だな。
頑張れよー。
体調に気をつけろよー。

Posted by: ニル | March 16, 2006 at 10:04

ニルさん、コメントありがとです。

今年こそは
ちゃんと出し切れるよう
パワーを溜めつつ頑張ります。

あと4ヶ月、
ちゃんとペース配分して
最後に脳がショートしないよう
気をつけます。

ではでは。

Posted by: ぷー | March 16, 2006 at 23:09

 気持ちよく分かりますよ。
 私は論文終了後、発表までの間が最も眠れない日々が続きました。夏休みを比較的気楽に過ごせたのは択一に失敗した年しかなかったように思えます。
 受験時代のつらさを正面から受け止めて、堪え忍ぶ経験は、その人の視野をいやがおうにも広げます。例えば、人生は「やればできる。」ってもんじゃないんだということが分かるとか(笑)。そして、その経験は実務についてから間違いなく役に立ちます。
 私も苦労して何とか合格できた部類なのですが、「それも無駄ではなかった。短期合格の場合とは違う意味があった。」と思える今日この頃です。
 是非、眠れない日々を糧にして、良い法曹になってください。

Posted by: rain | March 16, 2006 at 23:12

rainさん、コメントありがとです。

私の場合は
夏は合格しているという夢につつまれていたので(苦笑)、よく寝れました。

>受験時代のつらさを正面から受け止めて、堪え忍ぶ経験は、その人の視野をいやがおうにも広げます。例えば、人生は「やればできる。」ってもんじゃないんだということが分かるとか(笑)。そして、その経験は実務についてから間違いなく役に立ちます。

すごく味わい深いコメントありがとうございます。

すでに合格した人だからこそのコメントですね。

この辛い日々が良い思い出になるよう
精一杯頑張ります。

これからもよろしくです。

ではでは。

Posted by: ぷー | March 17, 2006 at 23:22

The comments to this entry are closed.

« 択一直前模試は早稲田だらけ | Main | 雨 »