« サムライソウル | Main | ようやく »

February 13, 2006

敗因分析

こんばんは。

冬のオリンピック。
日本代表があまり芳しくないみたいですね。

W杯では
好成績を残しているのに
オリンピックでは好成績を残せないと
よく言われる敗因がメンタル面。

でも結局
オリンピックで結果残せない実力っていうのは
所詮、実力不足なんだろうね。

旧司法試験も全く同じ。

答練でいくら良い成績を取っても
本試験で落ちれば実力は全くないわけで。

1回目の受験の時は
色々と敗因を考えた。
もちろんメンタル面も考えた。

でも結局2回目もダメだった。

「馬鹿だから落ちた」。

結局そういうことだった。

私の今年へ向けての戦いは
そこから始まった。

本試験で評価される答案を書くことが
「実力」であって
それ以外の答練でいくら良い点とっても
それは「実力」じゃないからね。

ただただ手を広げて逃げるだけじゃなくて
向き合って乗り越えないといけないこともあるわけよ。

それが
自分自身への
責任の取り方。

自分をごまかして生き続けても
生きてる意味はないからね。

不器用でも
端から見れば馬鹿馬鹿しくても
結果を出せずに笑われても
構わない。

自分が出来が悪かったのだから
仕方ないさ。

ただ
自分自身に対してだけは
きっちり落とし前つけて
年を重ねたい。

そこだけは譲れない。

そんな感じで。

ではまた。

« サムライソウル | Main | ようやく »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

例えば、モーグルの上村愛子、エアー点が25パーセントじゃなく50パーセントならメダルに手が届いた気がする。重量制限の規定が無ければ原田もメダル取ったかもしれない。スピードスケートの加藤も二回の合計タイムじゃなく、以前のように一発勝負ならメダル取ったかもしれない。
でも、それは全部仮定の話。
どんなルールだろうと、その中で戦ってメダルとらなきゃ評価されない。
ぷーさんは、メダル取らなきゃ評価されないアスリート。
私は、メダル取らなくてもコーチの言う事聞いて合宿したら入賞でOKだよ、って甘い誘い水に乗ってみた。
そしたら、合宿所の中でコーチが思った以上に理不尽な事色々言うので気力萎え萎えだったりする。
勝手な事言うようだけど、自分の力で好きなようにトレーニングしてメダル目指せるぷーさんが羨ましかったりもする(笑)。
ぷーさん金メダル目指してがんばれ!

あくびさんへ

コメントありがとです。

>どんなルールだろうと、その中で戦ってメダルとらなきゃ評価されない。

仰るとおりだと思います。
特に旧司法はメダル取らないとね。
受けるだけなら誰でも出来るわけだし(苦笑)

今年こそはきっちり頂けるよう
頑張ります。

やっぱりコーチとか合宿所とか苦手だしね(苦笑)

ではでは。

The comments to this entry are closed.

« サムライソウル | Main | ようやく »