« よのなか | Main | 燃料ですよ(笑) »

January 26, 2006

スロースタートの理由

こんばんは。

「もてる呪文」があるなら
自分で使うより
人に売って儲けたいと思う
きょうこの頃です(笑)

こんなことばかり書いていると
「ニュースばっか見てないで
勉強しろ」って
言われるんだろうね。

でもさ、
まあ私なりに
まだ追い込むのは
早すぎると思っているわけよ。

去年、
私はこの時期
論文答練3校と
2月からは択一答練2校を
受けていたわけよ。

もう毎日毎日馬場に行って
ゴリゴリ書いて
しゃっしゃとマークしてさ。

一生懸命
どの答練でも
どの模試でも
良い点をとろうと思って
まさに無計画に
ひたすらやっていたわけよ。

で、まあ択一までは
それでも持った。

だけどね、
直前答練が終わった
6月末でなんか切れちゃったんだよね。

ぷっつりと。

車のエンジンがオーバーヒートするかのように
脳みそが焦げ付いたのが
はっきりとわかった。

7月に入ってから
ひたすら数多くの問題を復習していたら
頭の中が色んな記憶でめちゃくちゃになり
さらに混乱していった。

で、本試験。
2日目の刑法が終わった時点で
完全に焦げ付いたね。

で、結果は
ご存じの通りと。

これまで2回の受験経験から
私はそれほど長距離走向きでは
ないことがはっきりとわかっている。

それじゃあそもそも
司法試験に向いてないのではという
的確かつ深刻な突っ込みは置いといて
だったらそれなりの
対策を立てるべきではないかというのが
今年のスロースタートの理由。

この時期から択一模試を
受け始めると
やっぱり高い点をとりたいという
つまらん欲が出てくる。

憲法や民法の細かすぎる知識や
刑法の反対説の細かな理由づけを
抱え込む。

そうすると
それをキープするまで
択一までの4ヶ月間
何度も何度も反復するため
無駄に疲れる。

その分結局
下三法が疎かになる。

脳みそが疲れ果てたまま
直前期に雪崩れ込む。

結果論文で
両訴が焦げ付く。

そんな感じだった。

今年は
同じ失敗をしているわけにもいかない。

今までの経験から
私が精一杯走りきれるのは
たぶん3ヶ月ぐらい(苦笑)

非常に短いのである。

だから
今年は第1回総択ぐらいから
真剣に走り出そうと思っている。

去年以上に択一激戦との
煽りが激しい昨今ではあるが
不安に駆られて
これ以上択一で無駄に点数を重ねても
結局は秋に失望するだけだし。

逆に
論文から逆算すると
それぐらいから
トップギアに変える感じで
今はサードぐらいで良いかと思っている。

かといって
論文直前に見直せないような知識を
わんさか抱え込んでも
私の頭の容量では
どうせ消え去っているに決まっている。

とにかく今は
直前期に見直すべき素材の
確定に努めている。

で、英気を養うだけ養っておいて
4月後半から爆発させようと思っている。

リスクはあるけど
人より不器用だから
仕方ない。

この作戦が成功して
私にとっての最大の障害である
論文2日目の午後に
高いパフォーマンスが出れば
言うことはない。

そんな感じで。

ではまた。


« よのなか | Main | 燃料ですよ(笑) »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

はじめまして、masaakiといいます。
自分も司法試験を目指してることもあり、コメントさせていただきました。

実は自分も去年早くから択一をやりすぎて燃え尽きちゃったんです・・笑。

共感しちゃいました。

ブログをやってるので、もしよかったら見に来てください♪

masaakiさんへ。

コメントありがとです。

択一をいかに省力化して
クリアするのかっていうのは
本当に課題ですよね。

>ブログをやってるので、もしよかったら見に来てください♪

拝見しました。
えらい早起きですね(笑)

ではでは。

こんばんは。以前論文発表後一度だけ書き込んだ者です。私も合格前の2年くらいは直前に詰め込みすぎて、本番前に頭がバーストしてしまった経験をしてます。その反省から最後の年はぷーさんのように詰め込み勉強の時間を減らすことに気をつけていました。受験生にとってあえて細かい知識を捨てたり、時には勉強時間を減らしたりすることはそれはそれでかなりの戦いですが、それに耐えたからこそ合格を手にしたと考えています。具体的な手法としては、私は辰巳の北出先生の方法論が参考になりました。論文向けのガイダンスだけでも(というよりそれで充分)聞いてみることをお勧めします。両訴についても一応AAで合格しましたので、今更ですが、要望があれば書き込みますね。

論文5回目(60期修習予定)さんへ。

コメントありがとです。
脳みそバーストをいかにくい止めるかが
私の課題なんですよね、やっぱり。

>具体的な手法としては、私は辰巳の北出先生の方法論が参考になりました。論文向けのガイダンスだけでも(というよりそれで充分)聞いてみることをお勧めします。

今からだとガイダンスは
無理なので
本講座の方ちょっと考えてみます。

というのも
去年、おととしと
論文の直前期の詰め込みすぎが
本試験当日の思考力低下(2日目の午後は
それが明らかすぎ)につながっているので
直前期に聞ける講座にしようかなと。

もちろん択一前でも
全然オッケーなんですけど。

>両訴についても一応AAで合格しましたので、今更ですが、要望があれば書き込みますね。

ありがとうございます。
ところで2日目の休み時間って
脳みそ休めた方が良いのでしょうか?

またこのコメント欄でも
メールでもヒントを頂けると幸いです。

ではでは。

The comments to this entry are closed.

« よのなか | Main | 燃料ですよ(笑) »