« 笑顔の行方 | Main | 残骸拾い(笑) »

January 15, 2006

ニートですが、何か?

こんばんは。

ライブドア大変みたいですね。

私の人生には
全く関係ないですけど。

さて、
先日紹介した大阪の
合格者ガイダンスで
例の8ヶ月君が
「みなさん、ニートだと思ってください」
って言っていたんだけどさ。

まあ
「お前も修習行く前はニートだろ」って
いう余計な突っ込みは置いといて
私個人は
ニートだろうが何だろうが
結構だろうと思っている。

私が組織を辞めた頃、
まだニートという言葉は無かった。

「ぷー」という言葉が
まだまだ一般的だったと思う。

まあそれが私の名前の由来になったわけだけど。

でも
「ぷー」という言葉に比べて
「ニート」って言う言葉は
しんどいんだよね。

社会問題のように扱われて
バッシングの対照にされてさ。

冒頭の合格者は
「危機感を持ってこの1年過ごせ」っていう意味で
「ニートと思ってください」と言ったと思うんだけど
それってある意味危険だと思うんだよね。

ニートであることに
マイナスの価値観を伴って
危機感を煽った人間って
ニートじゃなくなった後
どういう価値観を持って
生きていくんだろうね。

合格したからと言って
受験生を無条件に下に見る奴。

合格者を前にすると
自分を無条件に下に置く奴。

自分より収入の低い人を
勝手に見下す奴。

自分より社会的地位のある人の前だと
米つきバッタ以下にへりくだり
尻尾を振りまくる奴。

ホームレスを物理的だけでなく
精神的に殴る奴。

そんな奴らは
みんな糞だと思っている。

ニートであることに
恥ずかしさなり屈辱感なりを
感じる人間は
必ずこういう糞な人種になっていく。

最悪な生き方だ。

私は
もう時が来ているので
試験がどうであれ
今年限りでこの暮らしも終わりだ。

社会人を続けていた場合と比べて
どちらが幸せだったかなんて
愚問に答えはない。

ある道を選んだ場合
他の道を選んだ場合に得られたものは大きく見え
その道を選んだことによって失ったものも大きく見える。

まあこの後どういう道を歩くか全くわからないけど
少なくともニートを馬鹿にしたりニートに叱責したりする
勘違いな人間には絶対なりたくないね。

だからこそニートであることに
危機感なり屈辱感なりを抱くつもりは全くない。

むしろそういう感情を通常抱くことはない地位にある者の方が
よっぽど危険だ。

気持ちを引き締めるのは
そういう地位に就いてから。

世の阿呆をみるたびに
そういうことを考えるね。

だからこそ
ニートであることに
マイナスの価値観を抱く必要なんて
全くない。

きょうも言い放しで済まない(笑)

そんな感じで。

ではまた。


« 笑顔の行方 | Main | 残骸拾い(笑) »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

ぷーさん様のような人が身近にいたら、私は惚れていたでしょうね。

Posted by: | January 16, 2006 at 23:17

私はニートであることに少なからず恥ずかしさを抱いています。
全く働いた経験がないとどうしても社会人に負い目をかんじてしまうのですよ。

Posted by: ako | January 16, 2006 at 23:20

お疲れ様です

司法試験で結果を出すこと
高収入を得ること

こういったことは社会の自分に対する評価を向上させるが
自分自身の客観的価値を向上させるものではない

そこがわからないといつまでも
世間が作った虚栄心レース
を走らなければいけなくなる

私は上からモノをいうタイプの人種には
そういった感想を抱きます

しかし、その合格者の勇気(?)には
三瓶ですね
いや、乾杯ですね

講義でスベった後の気分ときたら最悪ですから…
ま、その合格者の発言は世間的にはスベってないんでしょうけど…

じゃ、失礼します

Posted by: 帝王 | January 17, 2006 at 00:05

こんにちは。ぷーさんの言うことはいつもそうだなぁ、って思います。
でも、私は大学を出ていまだ働いていない自分に情けなさを時々感じてしまいます。特に友達の結婚式とかで再会したりしたときに。
かといって友達が自分と同じ立場にいたら、がんばってるなーと応援するだけでバカにしたりはまったくないですが、自分だとまた別みたいです。。。

ところで、ぷーさんの先日の日記のタイトルでドリカムを思い出した私はもう若くはないなーと一人思ってしまいました笑

Posted by: 桃 | January 17, 2006 at 12:54

>ぷーさんへ

ベテことは、糞みそにバカにするのに、
ニートは擁護するんだな。W

ベテもニートも同じよーなもんだヨ。WW

Posted by: 大文字W君 | January 18, 2006 at 11:57

おひさしぶりです。

ニート。。。

私は、無職であればなんでもニートにカテゴライズされる最近の風潮には???でして、

何かを学ぶことを優先するために無職でいる人(司法受験生に限らず)までもが
「NEET」に含められるのは違うのではないかと思ってます。
まじめな司法受験生は、無職であったとしてもNEETではないと考えています。
当然、司法受験生とは名ばかりの人(司法受験生であることを無職の免罪符にしているだけで、
あんまり勉強してない人。昔、近所にいました(笑)は準NEETかと。


>先日紹介した大阪の
>合格者ガイダンスで
>例の8ヶ月君が
>「みなさん、ニートだと思ってください」
って言っていたんだけどさ。


これを読んで思ったこと。
合格者の余裕かもしれないのかもしれんけど、
合格するほど一生懸命にやってきた人が自分のことをニートだとは言ってほしくないなーって。
ぷーさんとは別の意味で、なんかちがうぞと、個人的に思いました。


NEETというよびかたにぷーさんがこだわらないのは
自分の納得いくように勉強につとめているから、つまり、私のNEETのカテゴリーにははいらないからと思います。


ま、ニートでもロー生でも社会人でも
司法受験生であるいじょう、合格しなかったら、
どんぐりなんですけどね。

私事ですが、ケガのため留年の危機
に。。。やばい!長期どんぐりだ!うわあーん(泣

とゆうわけで弱気になってた私ですが、ひさしぶりにぷーさんのブログをみて
「おっ!ぷーさん、あいかわらず男前だ。」と元気をいただきました。

でわでわ。。。

Posted by: S(・∀・)@どんぐり | January 18, 2006 at 12:17

ぷーさん、こんにちは。
っていうか
あけましておめでとうございます・・・って今頃・・(笑)

お久しぶりです。

選んだ道と選ばなかった道、不安になると選ばなかった道の方がよくみえたりするけど、結局はひとつしか選べないんだから、選んだほうで頑張るしかないわよね。

最近思うけど、リスクを背負って生きている人の方が光って見える。なんて、お気楽に言っているわけじゃないけどね。

今年もよろしくお願いします。
決着つけるまでは、気持ち、きついでしょうね、身体は大事にしてください。

Posted by: あき | January 18, 2006 at 16:20

◆名前なしさんへ。

ありがとうございます(笑)

◆akoさんへ

コメントありがとです。

でも社会人のほとんどは
同じ会社のより優秀な社員に対して
またより大きな会社の社員に対して
負い目を感じているのも事実です。

どっかで負い目の連鎖を止めないと
一生囚われちゃいますよ(苦笑)

ではでは。

◆帝王さんへ。

コメントありがとです。

>しかし、その合格者の勇気(?)には
三瓶ですね
いや、乾杯ですね

ス、ス、スべってます(笑)

ではでは。

◆桃さんへ

コメントありがとです。

>でも、私は大学を出ていまだ働いていない自分に情けなさを時々感じてしまいます。

大学出てすぐに働きだした私は
当時「働かない」っていう
勇気がありませんでした(苦笑)

消極的にでなく
自分の目標のために
働いてないのだから
むしろ自分の勇気に自信を持った方が良いですよ。

>ぷーさんの先日の日記のタイトルでドリカムを思い出した私はもう若くはないなーと一人思ってしまいました笑

ドリカム、あの頃の方が
全然良い歌歌っていた感じが。。。

ではでは。

◆大文字W君へ。

コメントありがとです。

私が馬鹿にしているのは
ベテじゃなくて
「実力者(笑)」。

全然違うので
そこんとこよろしく。

◆S(・∀・)@どんぐりさんへ

コメントありがとです。

っていうか
結果を出せてない私は
準NEETじゃなくて
純NEETかもしれないっすね(笑)

それより
お怪我の方は
大丈夫ですか?

ローって留年すると
大変なのでは?

◆あきさんへ。

あけましておめでとです(笑)

>最近思うけど、リスクを背負って生きている人の方が光って見える。

私の場合は
リスクを背負っているのではなく
リスクそのものが生きている悪寒が(笑)

大雪で大変だと思いますが
くれぐれも無理せずに
春を待ってください。

ではでは。


Posted by: ぷー | January 18, 2006 at 20:55

>リスクそのものが生きている悪寒が(笑)

ぷーさんったら・・・(笑)

Posted by: あき | January 19, 2006 at 16:47

あきさんへ。

すみません(笑)

Posted by: ぷー | January 20, 2006 at 23:51

The comments to this entry are closed.

« 笑顔の行方 | Main | 残骸拾い(笑) »