« しびれるね | Main | まだ走ってやる »

November 06, 2005

明日への力

こんばんは。

気づけば
発表から丸1ヶ月。

おそらくあとから振り返れば
色んな変化があった
1ヶ月なんだろうね。

両訴を基本から懸命にやっているのですが
これまでどれだけいい加減な勉強ばかりしていたかを
痛感させられます。

答案暗記的な勉強ばかりで
本当に基本をないがしろにしていたなと。

まあこれじゃあ
2年連続両訴で底G喰らって
合格を逃しても
仕方ないなって感じですね。

答練が無い分
きちんと腰据えて
じっくりしっかり出来ています。

なんとしてでも
来年は合格しやるからな(笑)

論文前はバタバタしていて
ゆっくり聞けなかったけど
ミスチルの
「ランニングハイ」。

改めて今聴くと
歌詞が恐ろしいほど心に染みます。
涙が流れるほどです。

現行受験生なら
誰もが「あるある」と共感できるフレーズが
あふれかえってます。

私と同じように
絶望の淵から
這い上がり切れてない人には
めちゃくちゃお勧めです。

そんな感じで。

ではまた。


« しびれるね | Main | まだ走ってやる »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

同感です。

“退きどきだと言うなかれ素人!まだ走れるんだっ!”

ってあたりに、思わずコブシが・・・(涙)。

Posted by: がんばれぷーさん | November 08, 2005 at 02:17

ぷーさんへ。

おはようございます。
最近、少しご無沙汰でしたね。すみません。

>気づけば
>発表から丸1ヶ月。

そうなんですね~、もう1ヶ月なんですね。
私にとっても、いろいろな変化があった1ヶ月でした。
不合格を知ってから始めた就職活動もようやく終わりそうです。
就職活動を始めるときはいろいろ吹っ切ることができるかって不安だったけれど、
やってみれば吹っ切らざるを得ないわけで、何とかのりきれました。
そう考えて見ると、司法試験もあれがどうなんかなとか
思ってるより先に、動き出すことが大事なのかもしれませんね。
動きさえすれば、多分いろんなものが吹っ切れるんだろうと思うので。

とは言いつつ、私は年内は引越しがどうやらとかで
司法試験はお預けになりそうです。
1ヶ月少し放置しておいただけで、もう知識がかなた遠くへ(苦笑)
怖いもんですね。

ところで、そろそろブログ上での敗因分析などいかがでしょうか。
このブログには多くの実力者が集っているようなので、有益なお話ができると思うのですが。
差し出がましかったら、すみません。

Posted by: とかっち | November 08, 2005 at 10:01

◆がんばれぷーさん さんへ。

コメントありがとです。
私も全く同じ箇所が好きです。
あとは1番の歌詞なんて最高です。

これからもよろしくです。

◆とかっちさんへ。

コメントありがとです。

就職活動の方は
うまくいったみたいですね。

うらやましいです(苦笑)

私も早く戻って
バリバリ働きたいです。

その前に
落とし前つけないといけませんけどね。

>1ヶ月少し放置しておいただけで、もう知識がかなた遠くへ(苦笑)怖いもんですね。

すぐに元に戻るから大丈夫ですよ(笑)

>ところで、そろそろブログ上での敗因分析などいかがでしょうか。

ってうか、もうやりましたよ(笑)

正直、科目成績でCやDがあるなら
答案構成晒して色々意見を伺う意義が
あるんでしょうけど
私の場合は極端な成績ですからね(苦笑)

両方とも底Gくらっているのは
点数からも間違いないですし。

底Gの科目については
答案構成晒す以前の問題ですからね。

ただ頭が悪かったのが
敗因です。

成績を書いたあと
色んな貴重なアドバイスを
メールやコメントで頂いたので
私なりに消化しています。

色々忙しいみたいですけど
風邪などひかぬよう
体調管理だけは万全にして
頑張ってください。

ではでは。

Posted by: ぷー | November 08, 2005 at 22:11

ランニングハイ好きなら
アルバムに入ってる跳べ!もおすすめですよ
ぜひ、来年の合格に向けて跳んでください

Posted by: とおりすがり | November 11, 2005 at 08:04

◆とおりすがりさんへ

コメントありがとです。
「跳べ!」も好きな曲です。

サビの吹き抜け感が
良すぎます。

しかしなんであんな
最高の詞が浮かんでくるのかね。

やばすぎるでしょ。

ではでは。

Posted by: ぷー | November 16, 2005 at 22:06

The comments to this entry are closed.

« しびれるね | Main | まだ走ってやる »