« ふと思う | Main | 超夜型 »

September 27, 2005

SPA!

こんばんは。

すっかり秋ですね。

あの暑さが懐かしいぐらいに秋めいてきました。

さて、毎週読んでいる方も
もしかしたらいるかもしれませんがSPA!

三流ゴシップ誌って感じで
実は大学の時から
つまり10年ぐらいの間
よく読んでいる(苦笑)

週の始めはAERAで
次にSPAって感じで。

惰性って怖いもんだ(苦笑)

で、今週号のSPA。
「28歳からの就職ドキュメント」という特集で
冒頭に司法浪人が取り上げられていましたね。

要約すると
司法試験10戦10敗で
職歴もない32歳が
就職ダメだって話。

勉強部屋は
本のカビで臭いなど
書かれたい放題。

「論森」や
「スタンダード」
「コンデバ」だけでなく
講義案や
要件事実の本までもが
本棚の写真に写っているのが
リアルっぽい。

SPA!のような雑誌の場合は
あくまでネタと思って読むべきなんだけど
ネタとしても
司法浪人に対する偏見を取りあげるものとして
今回の特集は良くできている。

まあ
司法浪人っていうのは
世間から厳しい目で見られているからね。

単に「働いていない」ってだけじゃなくてさ、
なんか
「身の丈に合わない挑戦しやがって。
私と同じように身の丈にあった仕事しろよ」的な
悪意と好奇の目を持ってみられているっていう感じの。

それはいつの時代も変わりなくあるからね。

だけどそんなのに囚われるのは
本当にばからしいと思うんだよね。

私はみなさんご存じの通り
大卒後7年間の社会人経験があります。

おそらく日本人のほとんどが知っている組織だったんで
いわゆる「世間の目」的には
高評価だったのかもしれません。

だけど、
そんな評価なんて脆弱この上ない
基盤に立っているものだからね。

会社なり組織なりが
叩かれれば
途端に「世間の目」は
厳しいものになるわけよ。

結局
今まで散々書いてきているように
そんな「世間の目」で満足できることなんて
ごくごく限られているんだよね。

たとえ
世間から評価されるような職業に就いていようが
自分自身の乾きを癒すことが出来なければ
それは自分自身にとっては
何ら価値のないものであってさ。

それは
読者のみなさんが
司法試験に通って
法曹の世界に足を踏み入れても同じことだと思うよ。

幸せのものさしなんて
人それぞれ違うわけだからさ。

社会的評価にとらわれて
自分に合わない所に行っても
そこには幸せは待ってないだろう。

いわゆる
大手渉外事務所に勤めて
朝から晩まで休日もなく働いて
高い収入とステータスを手に入れることに
幸せを感じる人もいれば
それに幸せを感じない人もいるんだろうし。

もちろん私は後者ですが(笑)

結局自分自身が求めるライフスタイルに
いかに合致するかっていうのが
自分自身にとっての価値であって
いわゆる「社会的地位」にすがっても
仕方ないんじゃないのってするわけよ。

まあ「社会的地位」では
あの自らを「幼稚でした」という
情けないこと極まりない
恥ずかしい会見をする
杉村議員の方が
バッチつけてふんぞり返っている
弁護士先生よりも上かもしれないわけで。

所詮社会的地位なんてそんなもんだよ。

肩書きで守られる人生なんて
つまらんだろ。

そんな肩書きにすがっている連中に限って
酒飲む場でも聞かれてもないのに
肩書きを誇らしげに語ったりするんだろうけどさ。

どうせあと何十年かすれば
みんな無職になるわけで。

そういう連中は
墓にも「元○○」とかって
肩書きを掘るつもりだろうか(笑)

冒頭のSPA!の記事は
「10年間の勉強期間が
社会に出るにはマイナスだったことを
思い知らされた」とかって
コメントで結んでいる。

確かに
試験勉強している期間って
結果こそ全てって面があるのは
事実だよね。

目的的に行動している限りにおいては
手段は目的が達成されない限り
価値を持たないからね。

だけどさ、
同じ十年過ごしても
色々と学ぶことあるだろうって。

たとえば
記事の司法浪人だったら
10回も落ちているのに
まだ挑戦しているわけで
その一貫性なり粘り強さなりっていうのは
他人に誇るべき長所になり得るはずなんだよね。

その期間を無価値にするのも
価値あるものにするのも
全ては自分次第なんだよ。

この試験をやっていると
落とされて落とされて
謙虚になることがあたかも美徳のように
扱われることを多々目にするんだよね。

確かに
鼻持ちならない傲慢さは消えてしかるべきだと思うけど
謙虚になることと卑屈になることは
全然違うんだよね。

司法試験、受けたいから受けてんだったらさ、
変に働いてないこととかに卑屈にならずに
胸張って自信持って日々生きれば良いんだよ。

たとえ結果が出なくても
卑屈になる必要なんて何もない。

こんな時代に現行に挑む
度胸があれば
就職なんていつかは
結果が付いてくる。

「こっちが就職先を選んでやっている」
という姿勢が重要なんだよ。

たとえ就職活動がうまくいかなくても
何も卑屈になる必要はない。

会社にすがって生きている
人事部とかの奴に
肩書きを投げ打って勉強に打ち込む
無謀といえるまでの度胸があるはずないんだし。

そんな小者達の評価を恐れる必要なんて
何もないね。

むしろ
自分が小者どもの評価を気にするようになることに
恐れを感じるべきだね。

どうせそんな奴らなんて
ちっぽけな会社のちっぽけなポストにしがみついて
酒飲み行ったら会社と上司と同僚の悪口しか
話題がないつまらん人間だろうしね。

わざわざこちらから
小者の世界に入って
小者に囲まれて
小者スパイラルに
一緒に落ちていく必要なんて
さらさらないんだよ。

何年もかけて
自分の目標にかけて生きてきたことに
誇りを持って欲しいもんだ。

確かに
自分への誇りで
日々のパンを手に入れることは出来ないかもしれない。

だけどさ、
自分への誇りを失って
手に入れたパンの味は最低だよ。

自分自身への誇りを失った人は
たとえ生物学的に生きていても
人生をある意味で終えてしまっているからね。

旨いパンを手に入れるために
頑張ろう。

そんな感じで。

ではまた。

« ふと思う | Main | 超夜型 »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

 はじめまして。今日の日記読ませていただきました。

 私は、論文で不合格だったら撤退して、就職活動するつもりでいます。
 でも。発表10日前になって刑法の論理矛盾に気づき。某社の既卒採用が今日になっていきなり消えて。何だか参ってました。

 だけど、ぷーさんの日記を読んで、ちょっと元気になった気がします。論文後の日記といい、いつも元気をもらってます。ありがとうございます。

 お互い、7日にいい結果が出るといいですね。

> 「こっちが就職先を選んでやっている」
> という姿勢が重要なんだよ。

あまりの人手不足のせいか、仕事上で採用面接に関わるという経験をした私からみて、そう思います。
”選んでください”という人と一緒に仕事をやりたい・・・という気にはなれない。それこそ、卑屈さを感じてしまった瞬間にダメ。
もっと上の経営側からしてみれば、唯々諾々と従ってくれる方が楽で気分も良いのかもしれませんが、こちらはそれとは違うレベルで闘っているので。

> わざわざこちらから
> 小者の世界に入って
> 小者に囲まれて
> 小者スパイラルに
> 一緒に落ちていく必要なんて
> さらさらないんだよ。

そう思って、自分で選んでやってきたつもりでいたのですが、
結構信頼を寄せていた人にそれを否定されると、
今まで全てに自信がなくなったり迷いが生じたり。
「自分次第」の自分の見失ってしまうような弱い状態にあると、
あっさり”小者”の世界で自分を痛めつけながら落ちていくだけになってしまうような気がする。

端から見たら、そんな状態にいるのは一瞬だったり、大したことではないと思えるのかもしれませんが、渦中の当人にとっては永遠に続く時間のように思われた
り世紀の大問題だったりして(苦笑)。

そんな時にも自分を保てるか、取り戻せるか。
修行?(笑)

長文失礼しました。

はじめまして。

某掲示板からとんできたものです。(苦笑)

今日の日記は、なんというか、ぐっときました。

並列的に紹介されていた、miyukiさんのブログより、男らしさを感じました。

きっと、答案も骨太なんでしょうね。

受かっていることをお祈りします。

太い男ってステキ☆
(生き方がって意味で。

男か女か分からんけど、
僕の中ではぷーさんは男です。
むしろ父です。

ちゃ〜ん!

ぷーさんは受かってると思う。
というか、受かるべき人だと思う。

いつも楽しく読ませて頂いております。

杉村議員には、「幼稚」で大いに結構ですから、
政治屋の真の姿を白昼に晒して欲しいと思ってます。
実は、衆愚政治をこれ以上はびこらせないよう、
国民のリテラシーを向上させることが彼の役割だったりして、いや冗談抜きで。

恐らくあそこだと思われるぷーさんのいた組織は、
新入り時代は特に人間扱いされないんですよね。
私の知り合いも、そこでこき使われて愚痴ってましたよ。
で、組織名と忙しさの自慢(?)しかしない、悪い意味での変人になっちゃいました。
もう、そこまで偉そうにできるのかと言うレベルでね。

大変なことやってる訳ですから、あんまり卑屈になってもね。
それにしても、浪人への世間の目って、世間の軽蔑と羨望が混じってて面白いですよね。
私はプライドを適度に持ってやるべきだと思ってます。
それである日、ラーメン屋で「学生ですか?」と聞かれて無職って言うと馬鹿扱いされるから、
「学生みたいなもんです」って答えてやったw。
そしたら学生料金に割引されて食えたw。
浪人の説明するの面倒だったw。
そんな感じです。気楽に淡々と。

ではでは失礼いたします。

◆とかっちさんへ

はじめまして。コメントありがとです。

>でも。発表10日前になって刑法の論理矛盾に気づき。某社の既卒採用が今日になっていきなり消えて。何だか参ってました。

今年の刑法、ハヒロは超基本的みたいなこと書いていたけど、現場では結構大変でしたよね。書くこと多すぎって感じで。
2問ともノーミスで出来ている人なんて
おそらくほんの一握りしかいないだろうし
あくまでも相対評価ですからね。
結果はフタを開けるまではわからないだろうし。

就職活動は私も10年前にしたけど(笑)
人付き合いと同じように考えれば良いんじゃなかと思ったりしています。

所詮は相性の問題と考えれば
気が楽ですし。

落とされたら
「この企業は見る目がないな」と
笑い飛ばすのが肝心です。

10月7日お互い良い結果が出て
笑いがとまらなくなることを期待しています。

◆ねこさんへ。

コメントありがとです。
採用側からのコメント、的確すぎます(笑)
仰るとおりですよね、本当に。

必死なんだけど卑屈じゃない
それでいて「こいつと一緒に仕事したい」と
思わせるっていうのがポイントなんですよね。

>端から見たら、そんな状態にいるのは一瞬だったり、大したことではないと思えるのかもしれませんが、渦中の当人にとっては永遠に続く時間のように思われたり世紀の大問題だったりして(苦笑)。

これ、すごくわかります。
悩みってこういうもんですよね。
特に人間関係とか。

主観的に色々考えるのに辛くなる時って
私も多々ありました(苦笑)

そんな時は
ブログとかに吐き出すと気が楽になりますよ。
ある程度自分を客観視できるし。

あ、これもちろん自分のことですけど(笑)

雑多な世の中で
自分を見失わないことは
絶対不可欠ですからね。

ではでは。

◆通りすがりさんへ

コメントありがとです。
某掲示板からこんな僻地まで飛んできていただき
ありがとうございます。

>きっと、答案も骨太なんでしょうね。

試験委員の12回のローキックで
骨が砕けているという噂も(苦笑)

今年の問題は
試験委員皆様の性格の良さが
にじみ出すぎていて
もうたくさんです。

>受かっていることをお祈りします。

あと1週間あまり
世界のあらゆる神々に祈り続けてください。
是非ともお願いします。

ではでは。

◆zabieruさんへ

コメントありがとです。

>僕の中ではぷーさんは男です。
むしろ父です。
ちゃ〜ん!

私みたいな父親がいたら
子供が可愛そうです。

ふと考えていたら
私の両親は私の年には
すでに私を含めて
2人の子育てをしていたんだなと。

偉大すぎます。

彷徨い人生爆走中の私には
とても真似できません。

ではでは。

◆ハルさんへ。

コメントありがとです。

記事に書いている通りで
不安定極まりない精神状態なので
身に余りすぎる言葉本当に嬉しいです。

でも10月7日が怖すぎます。

情けなくてすみません。

ではでは。

◆Yuichiさんへ

コメントありがとです。

>実は、衆愚政治をこれ以上はびこらせないよう、
国民のリテラシーを向上させることが彼の役割だったりして

そうかもしれませんね。

今回みたいに扇動されつくされる国民って
やっぱやばいじゃんって思っているのかもしれませんね。

あの謝罪会見見た?
「私は幅の広い人間です」とか言って
まじで芸人みたいなんですけど。

まあ26歳で他では得難い経験しているんでしょうから羨ましくもありますよね。

私も応募しておけば良かった(苦笑)

>恐らくあそこだと思われるぷーさんのいた組織は、新入り時代は特に人間扱いされないんですよね。

よくご存じで(笑)

こんな私でも
それに耐えましたから。

その反動でしょうか、
肩書きにすがる人間が多いのも事実です。

今は色々大変みたいですけどね。

これ以上は酒の場で(苦笑)

>それである日、ラーメン屋で「学生ですか?」と聞かれて無職って言うと馬鹿扱いされるから、
「学生みたいなもんです」って答えてやったw。
そしたら学生料金に割引されて食えたw。
浪人の説明するの面倒だったw。

面白すぎです。
このマインド最高です。

こんな感じに私もなりたいです。

ではでは。

> こんな時代に現行に挑む
> 度胸があれば
> 就職なんていつかは
> 結果が付いてくる。

この一節が、何だかすんごく気に入りました。

そう簡単ではないにせよ、
私も自分を取り戻させていただきます。
(<って、誰に言ってるんだか(笑))

ありがとうございます。

ねこさんへ。

気に入ってくれてありがとです。

私も自分を取り戻すために日々もがき続けてます。

お互い頑張りましょうね。

ではでは。

The comments to this entry are closed.

« ふと思う | Main | 超夜型 »