« August 2005 | Main | October 2005 »

September 2005

September 30, 2005

さ~て、そろそろ・・・

こんばんは。

というわけで
あと1週間で発表。

「発表いつだったっけ?」という
メールが来たり電話がかかってきたりして
こちらももう落ち着きません(笑)

8月下旬から始めた
5科目の復習もほぼ終わりましたが
そろそろ勉強が手に付かなくなってきたような(苦笑)

来週は
口述過去問の復習の予定ですが
もう一人口述ゼミごっこでもやって
気分をまぎらわすしかないですね。

試験前に緊張せずに
発表前に緊張するって言うのも
なんだか変だけどね。

この胸のつっかえを
気分良く取り払ってくれよ。

そんじゃ
胸のつっかえを感じながら
酒でも飲んでさらなる現実逃避へ参ります(笑)

そんな感じで。

ではまた。

September 28, 2005

超夜型

こんばんは。

ってもう3時過ぎて
4時前なんだけど(笑)

論文後から
夜型がひどくてね。

明け方に寝て昼ぐらいに起きる生活。

まじで
ニート最高だぜ。

一度やったら
やめられないね。

やめられないと
人生やめることになりそうだけど(苦笑)

っていうか
誰がニートだって?

さて、
勉強の方は
刑法に入っているわけですが。

刑法に関しては
口述もまあある意味論点チックな聞き方をするので
普通に復習しておけば良いかなと。

と油断すると
地獄を見るわけですが(笑)

なんかもう最近
1500って数字が
でっかくなったりちっこくなったりしてさ。

買い物行く時、
シャワー浴びている時、
食事をしている時、
電車に乗っている時、
歩いている時、
そんな何気ない時に
そんな思いにかられるわけよ。

これが10人とか100人なら
まだ少しは気が楽になるのかもしれないよね。

1500って数字がまた微妙にでかいだけに
入っているだろうという根拠のない期待と
入ってなかったらどーすんだよという意味のない不安が
次々に顔を覗かせるわけでさ。

先週の神戸新聞杯楽勝していた
ディープインパクトみたいにさ
他の馬を自分の引き立て役にするぐらいの
実力があれば
そんな思いにかられないんだけどね。

こっちは
ハナ差、頭差の世界で
日々もがき続けている凡人だからね。

最近すっかりタバコも
増えちまったし。

つくづく弱い人間だと実感するね。

日本一の恥さらしここにありって感じで(笑)

先週にさ、
Lがハイレベル1000ポイント特典の
ホテル券の事前登録用紙とか送ってきたんだよね。

忘れていたけど
3人だけ(笑)当たるホテル宿泊券。

新浦安のホテルだったら
タダなら泊まってやろうかと思ったけど
八丁堀って何だよ。

電車乗るなら自宅から行くって。

そもそもビジネスホテルって嫌いなんだよね。

社会人時代は出張やら何やらで
さんざんお世話になりましたが
部屋にいると気分悪くなるんだよね。

隣の部屋の携帯の話し声が聞こえる
壁の薄さや
空間的な狭さや
空気の悪さ。

なんかもう利益至上主義って感じが
全面に出ていて耐えられないわけよ。

また社会復帰したら
お世話になるんだろうけどね。

せめて一人で
ツインの部屋に泊まれるように
なりたいもんだけどね。

そんなわけで
無意味な特典はスルーだよ。

っていうか
特典の前提条件すら
まだ満たしてないわけで。

つうことは
いくら登録しても
向こうからスルーされることだって・・・

あ~、また
タバコに手が伸びてる(笑)

こんな意味もない
ドキドキ感を
あと少しだけ
心ゆくまで
楽しませてください。

そんな感じで。

ではまた。

September 27, 2005

SPA!

こんばんは。

すっかり秋ですね。

あの暑さが懐かしいぐらいに秋めいてきました。

さて、毎週読んでいる方も
もしかしたらいるかもしれませんがSPA!

三流ゴシップ誌って感じで
実は大学の時から
つまり10年ぐらいの間
よく読んでいる(苦笑)

週の始めはAERAで
次にSPAって感じで。

惰性って怖いもんだ(苦笑)

で、今週号のSPA。
「28歳からの就職ドキュメント」という特集で
冒頭に司法浪人が取り上げられていましたね。

要約すると
司法試験10戦10敗で
職歴もない32歳が
就職ダメだって話。

勉強部屋は
本のカビで臭いなど
書かれたい放題。

「論森」や
「スタンダード」
「コンデバ」だけでなく
講義案や
要件事実の本までもが
本棚の写真に写っているのが
リアルっぽい。

SPA!のような雑誌の場合は
あくまでネタと思って読むべきなんだけど
ネタとしても
司法浪人に対する偏見を取りあげるものとして
今回の特集は良くできている。

まあ
司法浪人っていうのは
世間から厳しい目で見られているからね。

単に「働いていない」ってだけじゃなくてさ、
なんか
「身の丈に合わない挑戦しやがって。
私と同じように身の丈にあった仕事しろよ」的な
悪意と好奇の目を持ってみられているっていう感じの。

それはいつの時代も変わりなくあるからね。

だけどそんなのに囚われるのは
本当にばからしいと思うんだよね。

私はみなさんご存じの通り
大卒後7年間の社会人経験があります。

おそらく日本人のほとんどが知っている組織だったんで
いわゆる「世間の目」的には
高評価だったのかもしれません。

だけど、
そんな評価なんて脆弱この上ない
基盤に立っているものだからね。

会社なり組織なりが
叩かれれば
途端に「世間の目」は
厳しいものになるわけよ。

結局
今まで散々書いてきているように
そんな「世間の目」で満足できることなんて
ごくごく限られているんだよね。

たとえ
世間から評価されるような職業に就いていようが
自分自身の乾きを癒すことが出来なければ
それは自分自身にとっては
何ら価値のないものであってさ。

それは
読者のみなさんが
司法試験に通って
法曹の世界に足を踏み入れても同じことだと思うよ。

幸せのものさしなんて
人それぞれ違うわけだからさ。

社会的評価にとらわれて
自分に合わない所に行っても
そこには幸せは待ってないだろう。

いわゆる
大手渉外事務所に勤めて
朝から晩まで休日もなく働いて
高い収入とステータスを手に入れることに
幸せを感じる人もいれば
それに幸せを感じない人もいるんだろうし。

もちろん私は後者ですが(笑)

結局自分自身が求めるライフスタイルに
いかに合致するかっていうのが
自分自身にとっての価値であって
いわゆる「社会的地位」にすがっても
仕方ないんじゃないのってするわけよ。

まあ「社会的地位」では
あの自らを「幼稚でした」という
情けないこと極まりない
恥ずかしい会見をする
杉村議員の方が
バッチつけてふんぞり返っている
弁護士先生よりも上かもしれないわけで。

所詮社会的地位なんてそんなもんだよ。

肩書きで守られる人生なんて
つまらんだろ。

そんな肩書きにすがっている連中に限って
酒飲む場でも聞かれてもないのに
肩書きを誇らしげに語ったりするんだろうけどさ。

どうせあと何十年かすれば
みんな無職になるわけで。

そういう連中は
墓にも「元○○」とかって
肩書きを掘るつもりだろうか(笑)

冒頭のSPA!の記事は
「10年間の勉強期間が
社会に出るにはマイナスだったことを
思い知らされた」とかって
コメントで結んでいる。

確かに
試験勉強している期間って
結果こそ全てって面があるのは
事実だよね。

目的的に行動している限りにおいては
手段は目的が達成されない限り
価値を持たないからね。

だけどさ、
同じ十年過ごしても
色々と学ぶことあるだろうって。

たとえば
記事の司法浪人だったら
10回も落ちているのに
まだ挑戦しているわけで
その一貫性なり粘り強さなりっていうのは
他人に誇るべき長所になり得るはずなんだよね。

その期間を無価値にするのも
価値あるものにするのも
全ては自分次第なんだよ。

この試験をやっていると
落とされて落とされて
謙虚になることがあたかも美徳のように
扱われることを多々目にするんだよね。

確かに
鼻持ちならない傲慢さは消えてしかるべきだと思うけど
謙虚になることと卑屈になることは
全然違うんだよね。

司法試験、受けたいから受けてんだったらさ、
変に働いてないこととかに卑屈にならずに
胸張って自信持って日々生きれば良いんだよ。

たとえ結果が出なくても
卑屈になる必要なんて何もない。

こんな時代に現行に挑む
度胸があれば
就職なんていつかは
結果が付いてくる。

「こっちが就職先を選んでやっている」
という姿勢が重要なんだよ。

たとえ就職活動がうまくいかなくても
何も卑屈になる必要はない。

会社にすがって生きている
人事部とかの奴に
肩書きを投げ打って勉強に打ち込む
無謀といえるまでの度胸があるはずないんだし。

そんな小者達の評価を恐れる必要なんて
何もないね。

むしろ
自分が小者どもの評価を気にするようになることに
恐れを感じるべきだね。

どうせそんな奴らなんて
ちっぽけな会社のちっぽけなポストにしがみついて
酒飲み行ったら会社と上司と同僚の悪口しか
話題がないつまらん人間だろうしね。

わざわざこちらから
小者の世界に入って
小者に囲まれて
小者スパイラルに
一緒に落ちていく必要なんて
さらさらないんだよ。

何年もかけて
自分の目標にかけて生きてきたことに
誇りを持って欲しいもんだ。

確かに
自分への誇りで
日々のパンを手に入れることは出来ないかもしれない。

だけどさ、
自分への誇りを失って
手に入れたパンの味は最低だよ。

自分自身への誇りを失った人は
たとえ生物学的に生きていても
人生をある意味で終えてしまっているからね。

旨いパンを手に入れるために
頑張ろう。

そんな感じで。

ではまた。

September 25, 2005

ふと思う

こんばんは。

天気は悪かったのですが
酒飲んだり買い物行ったりと
のんびりとした
幸せな週末でした。

こんな週末がいつまでも続けば
良いのになと思いながら。

久々に
時の流れに嫌悪した
そんな週末でした。

発表前ラストの来週末も
のんびり楽しみます。

1週間歩き疲れたので
デザイン変えました。

私が
司法試験受験生の恥さらし
「日本一」ということで(苦笑)

そんな感じで。

ではまた。

September 23, 2005

三連休

こんばんは。

世間は先週に引き続き三連休ということで。

専業受験生にとっては
ありがたくも何ともないですけどね(笑)

結局CD買いに行けてない。

この連休中には
なんとしても買いに行きたいけど。

そういえば、
きのうLECからパンフが届いていましたね。

今年は後期A答の特待生試験受けるつもりないけど。

論文合格を確信しているからね。


って言ってみたかっただけだよ(笑)

マジでむかつかないでください(笑)

あと2週間でやっと判定の結果が出ますね。

今さら緊張しても仕方ないんだけど
やっぱ緊張するよね。

ということで
今週末も酒漬けの予感(笑)

ちなみにK-1は録画したので
これから見ます。

みなさんも
良い週末を。

そんな感じで。

ではまた。

September 21, 2005

CDでも買いに行くか

こんばんは。

東京は曇りが続いていますね。
あした(正確にはきょう)も
曇りらしいし。

せめて天気だけでも
ぱーっといって欲しいものだけど。

今週末も3連休ですね。

Lの口述ファイナルチェックは
通信で受ける予定です。

わざわざ通学でやるほどのものでもない感じだしね。

さて、
Yahoo!に出ていたけど、
BON JOVIのニューアルバムが
好調らしいね。

FMで流れているのを
繰り返し聞くうちに
かなり欲しくなってきた。

ジャケットも格好良いし。

ミスチルのニューアルバムも欲しいし、
さっそく買いに行こうかなと思ったりもしています。

本当は
新会社法の条文集と
弥永リーガルマインドを買うべきなんだろうが、
ここも現実逃避ということで(笑)

民法の方は
順調に進んでいます。

細かめの要件効果について
これまで条文に頼っていた部分もあるので
きっちり頭にたたき込むのが
毎度ながら辛いです。

そんな感じで。

ではまた。

そうだったのか!!

疲れた。

論文発表カウントダウンスレ見ていたら
こんなの見つけた。


================
326 :氏名黙秘 :2005/09/20(火) 17:30:16 ID:???
そんなこと信じられない。
基本的なところって何だよ法務省のばーか

327 :氏名黙秘 :2005/09/20(火) 18:10:17 ID:???
この板、法務省も読んでるらしいんだからさ、そういうこというのやめようよ。

328 :氏名黙秘 :2005/09/20(火) 18:12:06 ID:???
法務省の皆さん、こんばんは!!!

329 :氏名黙秘 :2005/09/20(火) 18:14:31 ID:???
たとえ読んでたってさ、一人ムカつく受験生がいるからどうこうしようってことになるわけ?
・・・もしかして俺だけ狙い撃ちで何かされるの?ガクガクブルブル

(中略)

348 :氏名黙秘 :2005/09/20(火) 22:44:37 ID:???
ことしは予備校問題ベッタリのぷーさんが狙い打ちされたっぽい。

349 :氏名黙秘 :2005/09/20(火) 22:46:20 ID:???
今年はぷーが狙い打ちw
前期から前予備校の答練を徹底分析w

とにかくネットで目立つ受験生は危ないw
=================

なるほどね。

奴隷船で薄々感じたけどさ(笑)

法務省のスナイパーが
私を撃ち抜けたかどうか。

10月7日の発表を請うご期待。

ちなみに
生き残った場合には
杉村越えを目指すことにしました。

あらゆる手段を使って
目立ちまくります。

法曹人口拡大万歳って感じで。

怒られて大人しくするタイプでもないし(笑)

恐れるべきは
権力でなく
権力に怯えるようになる自分自身。

そちらも請うご期待。

というか
頼むから生き延びてくれ、自分。

というのが本音(笑)

そんな感じで。

ではまた。

September 20, 2005

正直なところ

こんばんは。

雨も降ったりして
夜はすっかり涼しくなりました。

3連休、
みなさんは
いかがお過ごしになられましたか?

私は相変わらず
だらだらと過ごしていたわけで。

お台場に行ったりしていました。

年寄りで申し訳ないのですが
お台場が本格的に開発されたのは
私が大学を卒業して以降でして。

社会人1年目の夏に
東京に帰ってきた時
デックス東京がオープンしたんだよね。

生まれてから22年間
東京で過ごしてきた私にとって
社会人時代最初の地方時代は
最初のうちは
それはもう辛いを超越した時間だった。

数年過ごした後には
すっかり気に入った街も
当時は全てが嫌いだった。

東京に比べて圧倒的に暗く寂しい街並みに
憂鬱な気分になり、
チャンネル数の少なさに憂鬱になり、
買い物の不便さに憂鬱になっていたんだよね。

おまけに
どこの組織でもそうなんでしょうが
特に軍隊的な雰囲気が色濃く残る組織だったので
1年目は人間扱いされなかったわけだし。

「やめちまえ」。
そんな怒号が毎日のように
飛び交う素敵な雰囲気だったしね。

人権なんてまるでない
奴隷的拘束を超えた世界が
そこにはあったわけで。

赴任してから半年は
「こんな組織辞めてやる」という
心の悲鳴にも似た叫びとの
戦いだったわけよ。

まあこれ以上のことは
実際みなさんとお会いした時に
酒飲みながら話すことなんだろうけど(笑)

そんな
地方勤務初期の頃の私にとって
唯一の息抜きは
東京に帰ってくることだったわけで。

それには
自分が生まれ育った所という意味だけでなく
奴隷的拘束から物理的にも逃れるという
意味もあったんだよね。

真夜中だろうが
早朝だろうが
時をかまわずなりまくる
ポケベル(笑)から
電波的に逃げる必要があったんだよ。

そんな新人時代の夏、
今は車検が切れている車で
遠路はるばる東京に帰ってきて
お台場に行った時から
すっかりお台場に魅せられました。

当時はゆりかもめも走っていない状態で
生活感がまるでない空間が
そこには広がっていたわけで。

オープンしたばかりの
デックスはすごく綺麗だったしね。
余計な自由の女神像もなかったし。

馴染みのない地方での
絶望的な生活に疲れ果てていた
私を心から癒してくれたね。

それからというもの
帰京の度にお台場に行き
どんどん成長する街を見ては
時の経過を実感していたわけで。

観光客とかが多いのも
当時の私の状況には
ある意味近かったわけで。

すかした連中ばっかが歩いている
六本木や代官山なんかに比べて
全然親和度が高かった(笑)

その後にすっかり気に入った
当時の赴任先と共に
ある意味
私の20代にとって
忘れられない街の一つなわけだ。

でも転勤で東京に帰ってからは
逆に足が遠のいたね。

仕事が忙しすぎたというのもあったけど
気分転換という意味では
地方に住んでいた時と比べて
全然効果がないわけで。

勉強始めてからは
さらに足が遠のいていた。

今回行ったのも
1年以上振りか(笑)

でも久々に行って
ぼやーっと景色眺めながら
のんびりしていたら
やっぱり良いね。

たぶん空間的な広がりがあるのが
気持ちよい原因なんだろうね。

で、
翌日は
30代の私にとって
すでに忘れられない街になっている
高田馬場へ(笑)

論文前以来久々に辰巳に行ったら
ロースクール校舎が閉鎖されていて
軽い衝撃を受けた。

ロースクール校舎の2階の教室って
結構好きだったんだけどね。

っていうか
スモール校舎をさっさと
閉鎖か改築してくれよ(笑)

で、
ハイローヤー買おうとしたら
「ブックメイト」とかって
いかがわしいシステムが構築されていてさ。

なんかちょっと行かない間に
細かく変わっている感じだったね。

あのパンフと同じように(笑)

合格者1000人越えの時代が
終わりを迎えるのに合わせて
なんか一つの大きな波が
過ぎ去ったような
そんな感じだったね。

で、
論文の発表、
あと2週間あまりだね。

こんなところで
強がっても意味無いので
正直なところを。

論文直後には
早く発表してくれと思っていたけど
今は正直発表が怖い。

とっくに採点も終わって
順位も出ているんだろうけど
発表されるのが怖い。

論文直後に不合格を確信した
去年に比べて
圧倒的に怖い。

去年に比べて
周りも自分も
無駄に期待が高まっているだけ
余計に発表が怖い。

できれば
なんかの間違いで
発表を先延ばしにして欲しいほど
怖いんだよね。

以前にPRIDEのミルコを見て
勝手に励まされたりもしていたが
実のところ不合格の場合の
進路については何も考えていない。

ぶっちゃけ
もし今年の1500人に入れなかったら
これ以上悪あがきしても
仕方ないんではと思ったりもするわけで。

というか
情けないことだが
同じ所をまわることに
すでに疲れてしまっている。

司法試験の1年が
無限のループのように感じてしまっている。

秋の答練から始まって
択一対策が加わり
択一を経て直前へという
無限のループ。

正直、
それに戻るのが
心から嫌なのである。

そういう思いを消すために
とりあえず機械的に勉強をしているけど
今は休み時間というわけで
ぶっちゃけるとそんな感じなわけ。

どっちの結果になっても
論文前のガツガツした気持ちが
自分に戻るかが本当に自信がない。

「勉強していれば
そのうちガツガツした感じも戻るさ」と思っていたけど
9月20日現在、まったくダメである。

法務省が来年の現行の商法について
新司法のコピペアナウンスをしても
何か遠い世界のことのように感じてしまう。

まあこれは
10月7日まで
治らんだろうね。

今年の結果について
白黒はっきりさせてもらわないと
進む先がな~んも見えてこない。

だけど
その発表が怖い。

すっげー矛盾だらけ(笑)

ここまで
弱音ぶちまける人も
そうはいないだろうな。

1500人時代最後の
一受験生の
断末魔の叫びって感じで
聞いてくれ。

仮に論文に合格していたら
私が
昼間叩いた
杉村議員みたいになりそうな
悪寒もするわけで。

取材呼んで
高笑いかましておくかって感じで。

1500人時代の
申し子って感じで
叩かれてみたい自分がいる(笑)

というわけで
自分の支離滅裂さを
改めて思い知った
31の秋。

どーするよ?(笑)

まあ気にしても仕方ないから
いろんな思いをとりあえずしまって
民法を粛々と進めるしかないんだろうね。

現実逃避のために
勉強するってどういうことだよ?(笑)

やばいよ~、やばすぎるよ~。

完全に現行司法試験
受験生の恥さらしだね。

長文すまない。

そんな感じで。

ではまた。

小泉チルドレン

こんにちは。

さっき昼食べながら
TV見てたら面白い特集やってた。

先の衆院選で
南関東比例ブロックで
自民から当選した杉村太蔵(26)についての
特集だった。

自民党の公募で
締め切り直前に書いて送ったら
当選したということで
メディアに取り上げられていたので
ご存じの方も多いと思う。

ただ郵政民営化賛成ということで
自民党であれば
誰でも議員になれるという
今回の選挙を象徴する人物。

当選した後から
取材受けまくって
笑いながら「議員って年収2500万で通信費とかって
月に100万円ももらえるらしいんですよ!」と言ってみたり
「BM乗るのが夢だったんですよ!」とか言ってみたり
まさに調子に乗りまくりだったわけで。

そしたら
どうやら武部に怒られたらしく
今度は一転マスコミの取材に何もしゃべらなくなったらしい。

こいつは
授業中に騒いで
教師に怒られて凹む小学生か?

アホである。
アホそのものである。

怒られてびびってしゃべらなくなるなら
最初からペラペラしゃべるべきじゃない。

信念があってしゃべっているなら
怒られようがしゃべりまくればいい。

どうせ次の選挙で名簿順位上位になることがなくなることは
べらべらしゃべっている時点で確定しているだろうしね。

政治の世界では
議員になっても最初10年は丁稚奉公だと
よく言われているらしい。

丁稚がつけあがるのが
党幹部としては許せなかったんだろう。

おそらく次は
マスコミに取材したVTRを使わないよう
要請したりするんだろうね。

「刺客」って言葉を使わないように
要請したのと同じように。

そんなのに屈するなよ、マスコミ各社。

でもさ、
こいつだって
当選した一人の議員なわけで。

自分で正しいことやっているという信念があれば
それを突き通して欲しかったね。

若い議員がマスコミに出ることで
議員というものに若い人が興味を持つっていう
効果も期待できるわけだしさ。

丁稚奉公を10年しないと一人前と言われない
前時代的な党の風潮を変えることに
立ち向かうぐらいのことはやって欲しかったね。

日本の政治は
自民党幹部のためだけにあるんじゃないんだよ。

どうせこれからは
党の犬となって
ビクビクおびえながら
日々過ごすだけなんだろうね。

つまらん議員人生だ。

あと気になったのは
VTRを見た
コメンテーターのおばさんの一言。

「税金払いたくな~い」。

このおばさんが
どの選挙区の住民か知らないけど
こいつを選んだのも国民なわけで。

投票したら
他人事みたいな面するなって。

こういう奴を議員に選んだ
自分自身の選択が正しかったのか否かということを
他人のことでなく
自分のこととして
ちゃんと考えて欲しいね。

全体主義の世の中みたいに
多数派についたことで
満足してんじゃねえぞって。

夜もまた勝手に更新します。

そんな感じで。

ではまた。

September 16, 2005

何もパンフまで・・・

こんばんは。

すっかり秋めいて
昼間も空気が軽くなりましたね。

さて、
きょう辰巳から
パンフなどがこんもり送られてきました。

とりあえず
口述用のパンフだけ抜き出して
中身はよく見てません。

でも
表紙とか見ると
なんかすごいね。

特にローのパンフのあの表紙。

昭和時代の「キャンパスライフ」(笑)
みたいな感じで。

不自然かつ前時代的な笑顔が
韓流ドラマみたいで
一人で黙々と勉強する
私の気分が害されます。

ああいう写真を表紙に採用するセンスは
どっから来ているのかね。

現行も明らかに
手を抜いている感じのデザインです。

細かい所で経費削減始めたね。

確かに来年から
現行って言うか旧司法試験の合格者は
500人時代に戻るけどさ。

何もパンフの表紙まで
その時代並みに退化させなくても良いじゃん。

一昨年とかは
現行だけでたくさん講座があって
パンフも分厚かったのにね。

自分のこの試験に対する
テンションの高さと比例するようで
なんか寂しいもんだよ。

そんな感じで。

ではまた。

September 15, 2005

ガソリーナ

こんばんは。

というわけで
今年流行ったレゲトンの代表曲を
改めて聴きながら。

前に今年2月に車検が切れてから
車検を通していないと言う話をしたと思うんだけど。

実はまだ車検通してない。

本当は論文終わったら
すぐにでも車検通してという予定だったんだけど。

どうせ我慢するなら最終合格までということで
車検通すのを延期中。

たまにエンジンかけると
最高の音がするけど。

アクセルを踏んでどこかへ
出掛けるわけにはいかない。

寂しいけれど
これが私が置かれている現実だと思って
諦めるしかない。

結果が出るまでは
何も始まらないからね。

と車検通さずにいる間に
ガソリンがみるみる上がっているんだけど。

ちなみに私の車は
ハイオクしか飲まない上に
燃費は非常に非常に悪い。

町中を走る限り
リッター二桁なんて
遠い遠い夢である。

合格したら
出費もかさむことは
覚悟しないといけないね。

「不合格でも
答練とかで余計出費がかさむだろ」とかって
リアルな突っ込み要りませんから(笑)

合格してたら
FUJIYAMA並みの
体感速度でぶっちぎりたいね。

とは言っても
50キロオーバーを
巧みな話術で逃げ切り
現在ゴールド免許な私は
安全運転ですから(笑)

地上60メートルでエンストとかは嫌だけど(笑)

憲法の方は順調に進んでます。

「どっからでもかかってこんかい」
って感じで
口述を迎えたいものです。

そんな感じで。

ではまた。

September 14, 2005

だらだらと音楽の話

こんばんは。

というわけで
違憲判決が出ようが
弥永の新会社法が出ようが
淡々と勉強する毎日です。

最近FMで
BON JOVI の新曲
'HAVE A NICE DAY'とか
ROLLING STONESの新曲
'ROUGH JUSTICE'とかが
よく流れるんだよね。

前者は初来日の西武球場(両親に連れられて)、
後者も初来日の東京ドーム(両親を誘って)以来
来日の度に欠かさずライブ行ったりしているわけで。

相変わらず良いなと。

もちろん
RIHANNAの
'PON DE REPLAY'など
最近の曲も好きなんですけど
昔から好きな歌手の歌聞くと
なんか特別な安心感が得られるんだよね。

イントロがかかると
無条件に心が高揚するっていうか。

ちなみに
この夏話題の「マイアヒ」も
結構好きです。

たぶんこれは
来年っていうか今年の冬でも
流していると恥ずかしい曲に
なりそうですけど。

っていうか
今でもすでに
恥ずかしい曲になっている感じが。

そういえば
私が勉強始めた頃に
爆発的にヒットしていた
T.A.T.U.(笑)

最近ニューアルバムを出したらしく
曲が流れるんですけど。

もう無理でしょうね。

'NOT GONNA GET US'とかは
オールサビって感じで
好きだったんですけど。

まったく
まとまりがない話ですまない(苦笑)

ちなみに
「あの鐘を鳴らすのはあなた」が収録された
サンボマスターの新曲は
11月2日に発売らしい。

どんな状態で
買うことになるのやら(笑)

みなさんは
最近どんな音楽を聴いてますか?

そんな感じで。

ではまた。

September 12, 2005

久米宏復活おめ

こんばんは。

というわけで
昨日の選挙速報は
ほとんどTBSで
あとCM中にザッピングって感じだったんですけど。

TBSが民放では
視聴率トップだったらしいですね。

一方テレ朝はイマイチだったらしいです。

超短命で終わった
日テレでやっていた
アジアの情報番組での
久米宏は本当にダメだった。

テレビスクランブル(古すぎ)みたいなのかと
思って1回見たら
とてもじゃないけど見れないひどさだった。

でもきのうの久米宏は久々に
冴えていた。

筑紫哲也の存在が
とっても薄いものになるほど
輝きまくっていた。

政治家への
インタビューのタイミングや切り方が
あまりにもお粗末だったという
制作サイドのマイナス点を考慮しても
他の民放よりは全然見るに耐えるものだった。

やっぱり視聴率も良かったと言うことで
自民党と共に復活した感じだね、久米宏。

制作陣に
プロ集団のオフィストゥワンを従えて
そろそろちゃんとしたニュース番組
復活してもいいんではないかと思ったね。

で、勉強の方は
きょうから憲法。

判例の事案の再度チェックに力を入れつつ
淡々と進めています。

焦ってペースを乱したり、
その日ごとに気分でやること決めて
勉強した気になったり、
飛ばしすぎて表面なぞっただけで
次の科目に移ったりするのが嫌なので
本当に淡々とやっています。

そんな感じで。

ではまた。

September 11, 2005

自民すげえ

再びこんばんは。

自民党圧勝ですね。

石原伸晃の弟も当確らしいし。

そういえば
私が子供の頃を過ごしたのは
旧東京4区。

石原伸晃とオウムの麻原が
直接対決した選挙区でもありまして。

駅前で石原軍団とオウム軍団が
スピーカーをお互い上げまくって
対峙していた姿は
それは壮絶なものがありました。

一方は太陽に吠えろのテーマソング、
他方はショーコーショーコーの歌と踊り。

そこには世紀末の断末魔が確かにありました。

小選挙区になって
私の住んでいる地域は
パッとしない候補者ばかり。

選択肢の多様性という意味では
やっぱり中選挙区に戻して欲しいですけど、
今回の勝ち方を見たら
絶対戻そうとはしないでしょうね。

これで
参院が否決しても
衆院の3分の2の特別多数で
再可決とかできちゃうので
郵政改革も進むのでしょうが。

っていうか
なんでも特別多数の再可決で
参議院なんていらないって感じなんでしょうね。

参議院で郵政否決したから
衆院解散で
参院の意味なくすっていうのも凄いですよね。

究極の荒技。

でもなんか
勝ちすぎている感じで嫌ですけど。

プレビシットの危険が
今そこにある危機って感じで。

次の選挙では
「憲法改正が
全ての改革の前提です。
憲法改正できなくて何が改革できるのか。
改革を止めるな」
とか言い出しそうな勢い。

次は参院ですからね。

そうすれば
国民投票の
過半数なんて余裕じゃんって感じで。

是非は個々が判断すれば良いんでしょうけど
今回みたいにイメージで決まるのは嫌ですよね。

国債発行とかじゃんじゃかやって
アメリカの犬みたいな外交しかしないのに
郵政だけで勝たせてしまう。

衆愚政治そのものって感じで。

この危うい感じが良いですね。

次の選挙では
国民のバランス感覚が試されるんでしょうけど。

そんな感じで。

ではまた。

選挙

こんばんは。

きょうは衆院選の投票日ということで
雨の中投票に行ってきました。

大学生の時に
都知事選で青島に入れて以来、
ほぼ10年ぶりの投票です。

まあ社会人時代は選挙の時は忙しすぎて
投票どころじゃ無いという感じだったのですが。

勉強初めてからも
何かと忙しかったり
面倒くさかったりしたので
投票に行きませんでしたしね。

今回はまあ
衆院選よりも
国民審査が重要で。

早く私の席を空けてくれ(笑)って
感じで投票に行きました。

刑訴も予想以上に
順調に終わったため
これから
夕食食べながら選挙速報でも見ます。

もちろん
私はTBSを見ますけど。

筑紫哲也と久米宏。

20世紀時代のキャスターが
未だに好きなので(笑)

そんな感じで。

ではまた。

September 08, 2005

ここまで来れば

こんばんは。

というわけで
発表まで1ヶ月を切ったわけですが。

たぶん論文を受けたみなさんと同じように
合格を100%確信するわけでもなく
かといって合格への望みを完全に失ったわけでもなく
「あ~あと1ヶ月か」という
なんの意味もない感想を抱いているだけの
凡庸きわまりない状態です。

残り1ヶ月まで来れば
発表まであっという間ですからね。

論文2日目終了後、
家族に早稲田まで車で迎えに来てもらったのですが、
車に乗り込んで
「これで自由になったのだ!」と
サザンの「BONBO NO.5」を
最高に気持ちよく聞いたのが
遠い昔のようです。

勉強の方は
淡々とこなしていますが
精神面がまだまだ緩んでいます。

まあ発表が近づけば
自然と再び引き締まるのかもしれませんが。

今年の夏は
おととし勉強を始めて以来初めて
完全に休んだ時期があったので
元に戻すのは大変です。

知識より何より
気持ちで負けていては
勝負になりませんからね。

再び戦える気持ちを取り戻すことこそが
この1ヶ月の課題になりそうです。

そんな感じで。

ではまた。

September 06, 2005

雨よく降るね

こんばんは。

しかしよく降るね。

あしたは
HERO’Sがあるけど
やっぱ当日テレビっていうのが
嬉しいよね。

PRIDEみたいに
何日か後だと
結果を見ないようにする努力で疲れる(苦笑)

ネットは
YAHOO見ないようにしたりして回避できるんだけど
一番嫌なのは
駅の売店に並んでいたり
電車でオヤジが読んでいる
スポーツ新聞だったりするんだよね。

ついつい無意識に視線を投げかけると
「ミルコ○○!」とかって書いてあって
ひどくがっかりするんだよ。

まあ大人しく
PPVで見れば良いんだろうけど。

でも金出すなら
現地行きたいよなとか色々考えて
結局毎回地上波待ち。

PRIDE武士道は
余り興味がないので
今月は
HERO’Sと
K-1GP開幕戦で
満足する感じです。

刑訴は捜査が終了で
あしたから公訴・公判。

論文前の鬼の集中力には及ばないけど
だいぶ戻ってきた。

あとは
1日1日があっという間に過ぎると感じるようになったら
完全に元通りってことですね。

緩んだ脳みそで醜態晒すのだけは嫌なので
きっちり仕上げます。

そんな感じで。

ではまた。

September 05, 2005

あの鐘

こんばんは。

しかし昨日の雨凄かった。

さすがに速報やっているだろうと思って
NHKつけても
永遠と盆踊りバックに朗読やっているし。

もうアホかと。

これ以上は自粛しますけど(笑)

さて、
恒例のサンボマスターネタですけど。

今度はジョージアのCMソングを歌うらしいです。

歌うのが和田アキ子の「あの鐘を鳴らすのはあなた」。

たぶん何度か
紅白でこの曲歌っていると思うんですけど
すごい好きな曲です。

この曲を聴くと
「あ~今年も終わりだな」と
しんみりして
初詣に出掛けたくなります。

その曲をサンボマスターが
カヴァーするとのことです。

やっぱ
サンボマスターらしく
「あの鐘を鳴らすのはですね!!
あなた方なわけですよ!!」
とかって叫ぶんでしょうか(笑)

早く聴きたいです。

勉強の方ですが
きょうから刑訴ということで
ぼちぼちやっています。

接見とか
各種答練で
大ヤマ!とかって煽られて
さんざん書いたなあとか
思い出に浸りながら(苦笑)

今答案書いたら
書くスピードだいぶん落ちてるんだろうな。

論文終わってから1通も書いてないし
こんなに書かなかった期間って
久々だしね。

どうなることやら(笑)

そんな感じで。

ではまた。

September 04, 2005

雨やんできた

再びこんばんは。

雨が小降りになってきました。

しかし最近は
こういう土砂降りが多いね。

きょうも早めに家帰ってて良かったよ。

で、
あしたからは刑訴。

こちらも
規則含めて手続の流れを
きちんと確認しながら
緻密にやっていきます。

そんな感じで。

ではまた。

豪雨

こんばんは。

すごい雨です。

近くの川沿いでは
避難勧告まで出ているらしいです。

下流では
あふれているらしいです。

なんかのサイレンや警報が
鳴っていましたが
雨で全く聞こえません。

今はだいぶおさまりましたけど
さっきまで降りがハンパ無かった。

様子を見て
また更新します。

ちなみに家に土嚢はありません。

2ちゃん見て情報収集している場合じゃない?

やばかったら逃げます。

そんな感じで。

ではまた。

September 02, 2005

戦争と司法試験

こんばんは。

相変わらず鼻をぐずぐずしながら
頑張ってます。

さて、
先日深夜にTVをつけたら
別れ話の番組をやっていた。

その中で
「恋愛は戦争と同じである。
始めるのは簡単であるが
終わらすのは難しい」
という
誰かの明言を紹介していた。

これって
司法試験にも当てはまるよなと考えた。

「司法試験にレッツ・チャンジ」(笑)とか
「やればできる、必ずできる」とか
「大丈夫、うかりますよ」とか。

その気になれば
始めるのはとっても簡単である。

学部時代の成績なり
英語の能力なりが
要求されない分だけ
ローに進むよりも
「始める時点では」
ずっとずっと簡単である。

でも
終わらすのは本当に難しい。

大学時代からその言葉だけは知っていた。

「司法試験は合格するか、諦めるかの試験である」

さすがに受験2回目となると
その言葉の重さを思い知る。

特に現行司法試験が旧司法試験に
正式名称を変えようとしている
今だからこそ。

でも最終的には
自分が
満足できる道に進むしかないと
思っている。

悔いを心の奥底に抱えながら
必死に「今の方が良いんだ」と
自分を説得しなだめすかすような人生は
歩みたくない。

それこそ人生の敗北だと思っている。

勝たなきゃ終わらないし、
終われないんだよ。

金曜日なのに
話が重くてすまない。

そんな感じで。

ではまた。

September 01, 2005

夏風邪

こんばんは。

夏バテの次は夏風邪のようで(苦笑)

数日前から
ノド痛くなって
きょうは鼻水が止まりません。

緊張感が欠けているせいか
体調ボロボロです。

不思議と週末になると
体調が良くなるので
それに期待しています。

たぶん週末毎に酒飲むからなんだろう(笑)

口述まで残り50日らしい。

さっさと風邪治さないと。

そんな感じで。

ではまた。

« August 2005 | Main | October 2005 »