« 油断禁物 | Main | ここはどこだ »

May 22, 2005

美しき人間の日々~

こんばんは。

択一以降、
週末は結構ハードスケジュールだったりするわけで。

疲れた脳髄には
サンボマスターの歌声が
心地よく響きます。

さて、
ネタ帳よりこんなの拾いました。

=====

660 :氏名黙秘 :2005/05/22(日) 03:38:29 ID:???
俺も添削者に抜きん出てるみたいなこと書かれたんだが、
俺は嬉しいというより複雑な気持ちになるんだが。
予備校採点基準で抜きん出てもなぁ…。まぁ、商法ならいいのかな。

=====

私も去年はこう思っていたんだよね。

「答練の点数なんてどうでも良い。
どうせ採点いい加減だし。
復習だけしっかりやれば良い。」
ってね。

だけどさ、
1年経って
やっぱこれじゃいかんと思うんだよね。

たしかに
本試験の採点基準と
予備校の採点基準の間には
大きな乖離があるとおもうんだよね。

これは間違いない事実として。

過去のA評価答案とか
分析すれば誰でもわかることだけど。

だけどさ、
予備校採点って
逆に言うとすっごくわかりやすい
わけじゃん。

書かなきゃいけないこと書いてなければ
点数低いし、
書くことしっかり書いていれば
点数高いし。

いわば「当たり前のこと」が
どれだけ出来るかっていうのが
ある程度はそれで測れると思うんだよね。

本試験では
その「当たり前のこと」は当然の前提として
聞いてくるわけで。

それすら出来なきゃ
即底Gだろうしね。

所詮
予備校問題なんて
本試験みたいなひねりがあるわけでもなく
論文を書く訓練には
全くならないと思う。

もし論文を書く訓練するならば
自宅で過去問解いて
答案構成で終わらせずに
実際に答案書いた方が
よっぽどマシだろうし。

特に直前になると顕著だけど
答練なんて
当たり前のことを当たり前に書けるかっていうのの
チェック機能と腕の運動、
すなわち形式面での訓練にしかならないわけで
内容面については
過去問をやるしかないだろうって。

私は今年そこら辺のところを
ちゃんと峻別して
やっています。

で、
だからこそ
答練ではちゃんと点数は
気にするべきだと思う。

だって当たり前のことしか
聞いてないし、
本試験みたいなひねりないわけじゃん。

そんなので
出来が悪い答案しか書けないなんて
論外だからね。

だから私は
点数が悪かったら
相当気にします。

なんでたかだか
予備校答練でここまで
悪い点数がついたのかって。

自分の馬鹿さかげんを
思いっきり責め立てます。

結局
そんなんで
悪い点数とっているようだと
本試験のひねりの加えられた問題に
どう対処するわけ?

「現場思考」とかって
血迷った思考をめぐらせて
当たり前のことから
大きく外れた
ゴミ箱行きの答案でも
ゴリゴリ書くことになるだけじゃん。

ど典型の当たり前のことしか
聞かれていない答練で
点数は気にしないとかって
言っているような人が
本試験で
何ができるわけ?

答練なんて
そう言う意味での
チェック機能としての
役割しか果たせないから。

内容面でいくら復習しても
それは絶望的な差があるでしょ。
本試験問題との間には。

結局
「予備校の答練で良い点とっても仕方ない」
って言っている人が
じゃあどれだけ本試験で
当たり前のことをちゃんと書いて
いけるのかって話。

普段やっていないことを
都合良く7月17日18日の
2日間だけできるのかって話。

ここら辺の意識は
私自身の中でも
以前と決定的に違っているので
「また矛盾している」と言われるだろうけどね。

考え方を改めずに
進歩しない人間よりは
全然ましだと思うけどね。

逃げ口上と
自己正当化にだけ
長けた人間なんて
逝って良しだね。

というわけで
最低限のことしか
聞かれない
直前答練では
「当たり前のこと」をちゃんと書いて
がっつり点数を取りに行くべきだし
私は気にするって話。

そもそも
答練の出来なんてどうでもいいって
いうなら受けなきゃいいだろうし
受けても採点なしで問題だけ
もらって自己添削でもすればいいだろって。
その方がずっと安上がりだろうし。
中途半端なことやってんじゃねえよ。

添削付き受けながら
口先だけ
「点数なんて気にしない」
なんてちゃんちゃらおかしいね。

実は気にしてるから
点数良いと気分が良くなり
点数悪いと
「答練の点数なんて
当てに出来ない」。

一生言ってろ。


ここまで
去年の甘えた自分を否定しているわけですよ。

最近胃が痛くて
目が覚めるので
太○胃散でも飲んで寝ます。

そんな感じで。

ではまた。

« 油断禁物 | Main | ここはどこだ »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

がんばれぷーさん。

Posted by: 受験生じゃないけどさ | May 24, 2005 at 03:40

受験生じゃないけどさ、さんへ。

コメントありがとうございます。

精一杯頑張ります。

もうそれしか出来ませんし。

今後ともよろしくです。

Posted by: ぷー | May 25, 2005 at 01:34

>>たしかに
>>本試験の採点基準と
>>予備校の採点基準の間には
>>大きな乖離があるとおもうんだよね。

>>これは間違いない事実として。

私は、実力者(偽)なのですが、答練の点数については、悪い成績だったときには徹底的に反省をし、良い成績のときは、本当に成績に見合った内容なのかを考えることにしています。

本試験と予備校の採点は大きな乖離があるといわれていますが、悪い評価についてはあまり乖離はないのではないかと考えています。つまり、悪い答案は、だれが見ても悪い答案だからです。しかも、それなりに理由がないと悪い評価をつけることはできませんから。

これに対して、良い評価については、もちろん、しっかり書けて良い評価のことも多いのですが、私の場合、たまたま特定の採点者と相性が良かっただけのときとか、採点者が悪い部分を見逃したために良い評価を受けていたことがしばしばありました。
通常、計画的に勉強している受験生は、決まった曜日に答練を受けますが、予備校も何曜日の答案はだれだれさんが採点するというように決めているみたいで、相性のいい採点者に当たるとずっとそのままになってしまい、その結果実力を過信したことがありました。また、予想答練のときは、採点者のノルマが大きいためか、悪く評価を受けるかもしれない部分を見逃されていた結果評価が良かったことも多かったです。そういうわけで、実力を過信した結果、実力者(偽)となってしまったわけです。

まあ、ぷーさんには全然関係ないのかもしれませんが。

Posted by: 実力者(偽) | May 26, 2005 at 12:22

実力者(偽)さんへ。

コメントありがとです。

まったくもって
おっしゃるとおりだと思います。

ではでは。

Posted by: ぷー | May 28, 2005 at 02:38

The comments to this entry are closed.

« 油断禁物 | Main | ここはどこだ »