« 踊りの作法 | Main | 総択2回目 »

April 28, 2005

復讐するは我にあり

こんばんは。

夕方から凄い風が吹いてますね。
あしたも天気が良い
絶好の模試日和になりそうで(笑)

さて、
今年の出願者が発表されたみたいですね。

当然私も1/45885として
出願済みなわけ。

大学受験以来のまともな筆記試験に
緊張しまくった去年とは
また違った心の持ちようで
今年の「潰し合い」に
挑む感じです。

去年の秋に
味わったあの屈辱だけは
絶対に忘れません。

自分自身への怒りを
胸にかかえたまま
毎日を過ごしています。

それだけに
今年はそんな自分自身への怒りを
きっちりと
沈めないといけません。

誰が
殴られたまま
尻尾巻いて
逃げられるかって。

誰が
ヘラヘラ
論文2連敗を喰らうような
不様な醜態を晒すかって。

敵は
私を除いた
45884人じゃないんだよ。

相対評価とか絶対評価とか
もうそんなことは
どうでも良いね。

合格最低点をとればいいとか
1500人の枠に入ればいいとかも
どうでも良いね。

不満足な成績で
滑り込んだ所で
何もかわりゃしないんだよ。

今年に関しては
自分自身に対して
落とし前をつけられるかどうかってことだからさ。

自分自身が納得できる
結果で通過しないと
1年を費やした意味が
何もないんだよね。

結果オーライの人生なんて
要りません。

自分自身で
勝手に満足できる人生しか
興味がないので。

満足できない結果なら
ない方がましです。

満足できないスタートで
満足できない人生なら
歩みません。

ってなわけで
待ちに待った
去年の自分への
復讐の場が
近づいてきましたね。

偉そうなことを書いていても
結局は私も
「強い自分」を
取り戻したいだけです。

それが果たせれば
司法試験を受けた意味があるでしょうし
それが果たせなければ
たとえ合格したとしても
何の意味もないことになります。

あすから
私と同じように
3日連続模試の方も
多いと思いますけど
まあもうここへきて
「模試だから」って
自分を甘やかす
言い訳をするのはやめて
がっちり点を
取りに行きましょうね。

本試験で
「まあいいや」って
甘さは許されない以上
言い訳や甘さをかかえた状態で
受ける模試なんて
何も意味ありませんから。

どんな問題が出ようが
がめつく点を取りに行くのが
受験生たる者の
心の持ちようだと思っています。

予備校やら
問題やら
環境やら
体調やらを
言い訳にするのは
負け犬のすることです。

満点を取れてないのに
問題が簡単過ぎとか
ふんぞり返って
偉そうに評論するのは
私たち受験生のするべきことじゃ
ありません。

そんな甘ったれた精神状態で
模擬試験を受けるから
言い訳の通用しない
本試験で
パニくって自滅するんだろって。

要は心の持ちようだと思うんだよね。
言い訳の通用しない状態に
自分を持っていて
模試を受けないと
何の訓練にもならんだろって。

そんな感じで
世の中は
どんな悲惨な事故があっても
そんなこと関係なしに
GWだ!って浮かれまくりでしょうが
勝手に一人
気持ちを引き締めて
頑張ります。

そんな感じで。

ではまた。

« 踊りの作法 | Main | 総択2回目 »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.