« thanks! | Main | 民法地獄へ突入 »

January 28, 2005

生き様2005

こんばんは。

=======
344 :氏名黙秘 :05/01/28 21:24:17 ID:???
     |
   / ̄ ̄ ̄\
  /    .    ヽ
  |    ハ    |
  |    /|||ハ.   |
  ヽ  / 川ハ  /
 ,。., ヽ,/┏┷┓V
#   ゚ 。┃択┃。
 # ; . ;┃一┃; 。
 ;  。 ・┃ま┃・ #
。 ゚. 。 # ┃で┃# 。
 ・ # .  ┃百┃。 ; 。
. # 。 ゚┃日┃゚ 。 #
。 .゚  。.゚┗┯┛。 # : #
 .゚ /|||||''||ヽ|
  ||(*゚ー゚)|?|
   /  つΦ
==========

らしいっす。

あと100日で
択一から解放されるわけですね。

長っ!長すぎる。

さて、
ご覧になった方も多いと思いますが、
去年の現行試験で
ロー生が94人最終合格したらしいです。

クレジットが法務省になっているので
おそらく確かな数字なんでしょうけど、
みなさんこの数字どう思われます?

私は正直「多いな」と思いました。

と同時に
ロースクールっていうものの
存在根拠の薄弱さを
思いました。

所詮移行期にあっては
ロースクールなんて
単なる踏み台でしかないんですよね。

この人達のうちで
いったい何人の人が
中退して
「○○大学法科大学院中退」
という風変わりな最終学歴を
手に入れるのかわかりませんが、
そんなんでいいんでしょうかね。

っていうかそういう数字を
法務省が集計して発表する
意味がわからないんですけど。

「現行組のみなさんも
ローに入ってください。
ローに入っても
合格する人たくさんいますから」って
ことなんでしょうか(笑)

アホくさ。

あと
辰巳の記事では
最後に「新司法試験の受験者数が減る」と
あたかもロー生にとって
好ましいことのように書いていますが、
それで良いんですかね。

なんでもかんでも
楽な方、楽な方を
考えるような思考方法で
果たして良いんでしょうかねってことです。

確かに
合格者数が決まっている
試験では
合格は所詮相対評価で
決まります。

上から1500番までに入れば
良いわけで、
論文でもよく言われることですが、
他人が何を書くかということを
見極めて書くことも大事だと思います。

だけどさ、
なんでもかんでも
相対評価、相対評価って考えて
他の受験生の動向なりなんなりを
気にして情報収集して
とらわて縛られるのて
なんか違うんじゃないのって感じがします。

今年の受験生の中には
自ら選んで現行一本の人、
ローにいきたいけど
何らかの理由でいけないため
現行一本の人、
ローに行きながら
現行を受ける人、
様々だと思います。

でもさ、
どんな状態にあってもさ、
自分で満足できるまでやって
自分自身の生き様を
満足に見せつければいいんじゃないのって
思っています。

相対評価だろうが何だろうが
自分がぶっちぎれるだけの
力をつけて
下克上ぶちかませば
それで良いんじゃないのってことです。

何でもかんでも
恵まれた条件にある人をうらやむことは
簡単です。

今の法曹への道ということに関しては
おそらくローに行きながら現行というのが
一番賢い方法なんでしょうね。

それは否定しません。

だけどさ、
恵まれていないことを
嘆き恨むようになる前にさ、
置かれた条件なりの中で
ベストを尽くすように
頑張っちゃう方が
良いんじゃないかなと。

「どっちが楽か」って
ことに振り回されるのは
愚の骨頂ではないかなと。

来年以降は
合格者数が激減するという
絶望的な文脈の中で
私と同じように
現行一本の人は
焦りや不安や
いろんな感情を抱えて
1月を終えようとしていることと思います。

それは私も同じです。

でもさ、
そんな時だからこそ
自分なりの生き様を
きっちり晒して
試験に臨むことが
大事なんじゃないかなと。

自分なりの
物語をつづれば
それでいいんじゃないかなと。

それを忘れて
手に入れたものなんて
なんぼの価値があるのって感じで。

よく
「法曹になれればいいのであって
現行だろうがローだろうが
手段はどうでもいい」
って言われますよね。

でも
私は絶対そうは思いません。

「手段なんてどうでも良い」
っていう人に限って
醜いヒラメみたいに
上しか見えない人間に
なりやすいもので。

そして
そう言う人達に限って
自分の人生をよりよくするための
手段でしかない
「出世」なり「名誉」が
自己目的化するのは
よくある話で。

私は
手段だろうがなんだろうが
自分の生き様だけは
ゆがめずに生きたいなと
ただそれだけです。

自分の人生なり生き方なりは
決して相対評価で
評価されるようなものじゃありません。

それは
自分自身のみが超絶対的に
評価しうるものであって、
司法試験という単なる試験だろうが手段だろうが
自分の人生の一部である以上は
自分が絶対的に満足できるか否かで
決まるはずです。

だからこそ
私は私なりの満足を手に入れたいなと。

それは結果だけじゃなくて
プロセスも含めて全部です。

欲張りばかりですが、
それを果たしてこそ
今年の受験の意味があるかなと。

今年という年を
単なる去年のリベンジ戦では
終わらせたくないからね。

相対評価の網に掬われるような
1年じゃ満足できない。

思う存分生き様晒して
「自分」という基準で
絶対的に評価できる1年にしたいなと。

暑苦しく突っ走ります。

そんな感じで。

ではまた。

« thanks! | Main | 民法地獄へ突入 »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

初めてブログを拝見させていただきましたが、共感しました。
過程を自分でかっこいいと思えるかどうかは、結果よりも重要だと思います。

Posted by: 黄色犬 | January 29, 2005 at 10:25

ぷーさん、お久しぶりです。
今年初カキコです(笑)。

いよいよ近づいて来ましたね。
とてもガムバッテいらっしゃる御様子。
私も見習ってガムバリますっ!

以前の日記で読みましたが、、
私も勉強の合間には、気分転換に音楽聴いてます。
2時間の演劇や映画よりも、5分で元気をもらえる、音楽の力はスゴイですね。

ぷーさんオススメの、サンボマスターの新譜が出たみたいですね。
答練をブッチして、購入してみます。
でも、買うなら新譜じゃなくって、1stを狙ってます。
どんなバンドもそうですが、1stって何か好きですね、荒削りな感じが。

では、また!

Posted by: 空色帽子 | January 30, 2005 at 03:55

◆黄色犬さんへ

コメントありがとうございます。
初めまして。

共感いただいて嬉しいです。
私の生き様とくとご覧あれって感じで。

これからもよろしくです。

◆空色帽子さんへ

今年初コメントありがとうございます。

サンボマスターは
1stがまずはおすすめです。

どの歌手でもだいたいそうですが、
1stがまず一番で、
その後5枚以内に
1stを超えられるかどうかが
生き残るか否かのポイントって感じますよね。

すくなくとも2ndは
1stほどではないので
まずは1stを聞いてみてください。

あとシングルのカップリングも
良い曲多いので聞いてみてください。

ではでは。

Posted by: ぷー | February 02, 2005 at 00:51

こんばんは
以前ふと思う事があり、これから何かしようと同世代の人は何に取り組んでいるのか巡回してみてまわっていた時、貴方が司法試験勉強をしているのを見て、ちょっと気に入ってお気に入りに入れておりました。
どういう意味なのか分かりませんが今日貴方が司法試験に合格した!という書き込みをするのを夢で見ました。

特にあったこともないし関係もありませんが確かに心からがんばって欲しいなぁとは思っていましたが最後に見たのが正月あたりのこの管理人が夢にでてきたのは正直驚いています。

もしかしたら会計士試験をやり始めて最近ペースダウンした私自身へ無意識の呼びかけかもしれませんが、もしそうでもこのサイトの存在は大きいです。兎も角お互い分野は違いますががんばりましょう
長文すみませんでした><

Posted by: ref | February 19, 2005 at 20:06

refさんコメントありがとうございます。

私の場合は30を前にして
司法試験の勉強を始めたんですけど
このぐらいの年って言うのは
とっても微妙ですよね。

今そこにある現実と生活を
「幸福」として受け入れるのか
それとも
それを拒みさらなる成長を目指すのか。

どっちにしても
自分にとってよりより人生にするためには
選択をした後の自分なりの頑張りが
とっても大事なわけで。

今は毎日必死ですが
いつの日か
「あの日々があったから今の自分がいる」
って思いながら美味しい酒が飲める日を
夢見ています。

手の届く幸せを拒まなきゃ
手に入れられないような至福の思いを
味わいながら。

お互い目指す試験は違いますけど
そんな幸せを味わえるように
頑張りましょうね。

コメントありがとうございました。

ではでは。

Posted by: ぷー | February 20, 2005 at 01:29

The comments to this entry are closed.

« thanks! | Main | 民法地獄へ突入 »