« 毒を食らわばテーブルまで | Main | 冷え性なので »

January 09, 2005

正念場

こんばんは。

というわけで
憲法答練も始まったわけですが、
まあ上三法に関しては
去年の本試験で
それなりの成績がとれていたし、
論文直後から9月までに
一回ししているので
安定した良い感じかなと。

特に論文後に
一回ししたのが効いているなという感じです。

みなさん
ご存じの通りで
私は去年が初受験だったわけですが、
論文で落ちました。

敗因は自分への甘さです。

択一まではすこぶる順調でした。

学生時代には
「なんか勉強好きのガリ勉が
朝から晩までやって落ちる試験らしいし、
もう今さら勉強なんてしたくないし」
って感じで
中途半端に恐れをなして
避けていた司法試験。

別に他の業種が志望だったとしても
受けて損はなかったはずなのに
全く挑もうとしなかった司法試験。

その試験を初めて体験した去年は
不安→安心→油断→失敗→絶望
という全プロセスを経験したことになった。

去年の1月。
60問模試が本格的に始まり、
私は合推付近をうろうろしていました。

「本当に択一大丈夫なのか?」
って不安がいつもつきまといました。

論文の勉強をしていても
「択一が・・」と頭をよぎり
ついつい択一に傾斜した感じがします。

ご存じの通り去年は
3月までの答練を
「範囲指定なんてくだらねえ」と
粋がって受けていなかったことも
それに拍車をかけました。

そんなことをやっていたら
3月頃から安定して
合推を上回るようになりました。

「とりあえず目の前の択一」。
そう思っていた私は
択一にますます傾斜していました。

不安をまぎらわすように
「適当に」下三法の答案読みなどは
していましたが、
あくまでメインは択一。

そして4月。
今度は余裕で成績優秀者の上位に
ランクされるようになりました。

「言うほど難しいものじゃないじゃん、
 司法試験って」。
そんな慢心が頭いっぱいに広がっていました。

やることがないので
くだらない知識まで
ゴリゴリ覚えて、
択一直前期にペースを見事に崩したのは
以前からの読者ならご存じのことです。

そんな調子でも
去年の択一では
50点を超えました。

で、択一直後。
私はある意味、
「燃え尽き」ていました。

「やっぱ私って試験の神様の子じゃん!」
などと
山本KIDみたいなことを
思っていました。

アホです。
完全なアホです。

「まあこの調子なら
論文もなんとかなるでしょ」。

そんな慢心を抱えた状態で
再び「適当な」答案読みをして
発表後は答練を受けまくりました。

択一ほどまでは行きませんが、
そこそこの成績で、
「まあ、これなら大丈夫でしょ。
私は試験に強いし。」と
呑気に構えていました。

司法試験を初めて受けた人に
おそらく共通するであろう根拠のない自信です。

実は6月に一泊の温泉旅行に行ったりもしていました。

今から考えると明らかに舐めすぎていますが、
その時は「まあどうせうかるだろうし、直前に疲れたら嫌だし」
などと勝手な言い訳を自分に作り出して
そして甘やかしてのんびりしていました。

集中力の欠けた状態で
直前公開模試を「こなし」、
不安や焦りをごまかすように
「私なら大丈夫」と根拠のない自信だけを深め、
だらだらと本試験会場に足を運びました。

で、
去年の7月に書いたとおりで、
会場で自分の甘さを実感しました。

終わった後、
構内の木陰で
一服しながら
泣きました。

時も景色も
全てが止まって見えました。

8月に入る頃、
私は再び勉強を始めました。

数人、時には1人の
教室で
典型論点ベタベタの
前期答練に向かっていました。

「当たり前のことを
当たり前に書く」。

よく言われることですが、
本試験を通じて
改めてその言葉の意味を
思い知ったので
まずはそこから始めたわけです。

10月。
冷たい雨の降る中
わざわざ発表を見に行きました。

番号は当然ありません。

それでも
帰ってきた成績は
中途半端ではありましたが、
思ったほどはひどくありませんでした。

その頃から始めた
後期答練も思いの外
高い点がついていました。

それは
論文後に受けた前期答練よりも
なぜか高いものです。

自分が意識しないところで
意外と力が伸びていたようです。

何も見えなかった去年に比べれば
今年の方がいろんなものが見えています。

だけども、
ここで去年と同じ轍を踏むわけには
いきません。

再び自分を甘やかして
結局嫌な涙は流したくありません。

受験2年目の私にとって
ここが正念場です。

去年と同じように
どっかで切れて慢心に溺れるのか。
それとも
きちっとペースを崩さず
最後まで進めるのか。

このところ、
いろいろ書きましたが、
私は択一に
手を抜こうとは
全く思いません。

年末年始も
かなりやり込みました。

論文の勉強も不十分なまま
ただただ全ての知識を覚えていた
去年とは全く違う分、
かなり記憶喚起が楽になされました。

アタックでもそうでしたが、
申し訳ないのですが、
そこら辺の受験生に負けるとは思いません。

ただ私は
激戦だの史上最悪だの
どんなに煽られようとも
択一に傾斜しようとも思いません。

目の前の餌に飛びついて
論文対策もそこそこに
択一に傾斜するのも簡単です。

でもそれでは
去年の繰り返しにしか過ぎません。

そして去年と同じように
夏の夕暮れ時に悔し涙を流すことになるでしょう。

去年と同じように
択一にあまりにも早い時期から
傾斜しすぎたことを悔やみながら。

それだけは
絶対に嫌なので
あくまで最終合格の蓋然性を高める勉強に集中して
これからもやっていこうと思っています。

来月からは
60問模試が始まります。

でもまだまだ択一に傾斜は出来ません。

論文できっちりと
1500位以内に入るだけの力が
まだついたとは思えないからです。

落ちれば
択一落ちだろうが
論文落ちだろうが
一緒のことです。

択一に関しては
去年は4月にピークが来てしまったので
今年はちゃんと
5月8日にピークを持っていき、
そして
すぐに気分を切り替えて
論文に挑めるよう
きちんとペース配分をして
やっていこうかなと。

そんな感じに考えています。

結局
「潰し合い」っていうのは
まずは自分自身との戦いですからね。

それに負けては
何にもならないし、
私がそもそも司法試験を受験しようとした
目的も達成されない。

去年の今頃。
私はネタ帳の人々に
「まあぷ~も落ちたら丸くなるだろw」
とよく書かれていました。

でも
私は丸くなって
こじんまりとするつもりは
さらさらありません。

尖ったままで
ぎらぎらしながら
がっついていこうと思っています。

むしろ
試験に落ちたことで
人格まで丸くなるのは
実は本当に試験に負けたことになるのではないかと思う
今日この頃です。

そんな風になってしまっては
法律の勉強よりも署名活動が大切な
負け犬根性の座りきった
権力の犬と一緒です。

現行だけを受ける
みなさんも思いは一緒だと思いますが、
ここで負けるわけにはいきません。

去年以上に速度を上げて
択一、論文、口述と
全ての過程を
ぶっ飛ばして行くので
よろしくお願いいたしやす。

今年の答練書き初めの日に書く
今年の抱負。

そんな感じで。

ではまた。

« 毒を食らわばテーブルまで | Main | 冷え性なので »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

ビシビシと伝わってくるものがあります。
貴方は私の最大のライバル!
負けずと、今年の最終合格のための戦略と戦術を踏まえて日々を"熱く、冷静に”過ごします。
負けるものか!!

 東京の方も寒さは厳しくなっているのでしょうか。こちら(京都)も雪は降らないまでも今日はかなり寒かったです。
 やはり、ぷーさんの日記は一味も二味も違いますね。色々な受験生blogを拝見させていただいているのですが響いてくるものがなかなかなくてね。まぁこれは個々の感性の問題ですが。
 調教(blog)はどこの厩舎(受験生)もさほど変わらないはずなのに毎年リーディングを獲っている藤沢師のように何かが違うんですよね。
 それは表現力?発想力?まぁ何にしても私にとっては実に光ってますよ、ぷーさんの存在(日記)は。毎日が楽しみで勉強もはかどっています。今年も他馬をよせつけずぶっちぎって下さい。ぷーさんの単勝をしこたま買って応援してますよ(笑)。あ!でもレース中の故障発生には気をつけて下さいね(笑)では、また。

 今日の日記は特に胸をうたれたので、思わず書きこみをしてしまいました。
努力をなさっているのがびしびし伝わります。
掲示板のほうは見ていないのでよく事情がわかりませんが、奇特な方につきまとわれて大変なんですね。
気にせず、日記飛ばしてください。
いつも陰ながら応援しております。
日記好きです。

◆tadakeroさん、コメントありがとございます。

お互い良い刺激を与え合いながら
現行最後にして最大の戦いを
勝ち抜いちゃいましょう。

私も負けませんので
これからもよろしくです。

◆蒼い巨星さん、コメントありがとございます。

東京も寒いですよ。
ご愛読いただき本当に感謝です。
ここでは家族にもぶちまけない本音や弱音も
全て書いちゃっているので、
楽しんでいただけると幸いです。
私は昔の戸山厩舎が好きだったんですけど、
鍛えすぎて故障発生しないように
気をつけて頑張ります。

ではでは。

◆vamDAさん、コメントありがとございます。

初めましてですね。

>掲示板のほうは見ていないのでよく事情がわかり>ませんが、奇特な方につきまとわれて大変なんで>すね。

いや、たぶん、
ネタ帳の方々より私の方が
ずっとずっと奇特です(笑)

1年以上の付き合いになりますが、
まあどんな悪口を書かれても
読まれないよりは嬉しいわけで。

そんな風に思う私の方が奇特でしょ(笑)

日記はこれからもぼちぼち書きますので
これからもよろしくお願いします。

ではでは。

はじめまして。
ぷーさんの文章を読んでオーラを感じました。
そして、自分の文章の勢いのなさにガクゼンとしました。
気合で負けていてはいけないとも思いました。
また、おじゃまさせていただきます。

サラリーマン受験生さんへ

コメントありがとうございます。初めまして。

blog拝見させていただきました。

sumeruには登録しないんですか?
自習室よりお勧めですよ(笑)

こっちには馴れ合いじゃない
真剣勝負の受験生がたくさんいますから。

これからもよろしくです。

The comments to this entry are closed.

« 毒を食らわばテーブルまで | Main | 冷え性なので »