« まったりと1月半ば | Main | 聴きました? »

January 18, 2005

はい、その通りです。

こんばんは。

========
918 :氏名黙秘 :05/01/19 01:07:38 ID:???
みんな親切心で煽ってるのかw
========

ありがとうございます。
このblogは
みなさんの親切心で
支えられています(笑)

ところで、
くしゃみが
すでにひどいんですけど。

タバコを吸う時は
どんなに寒くても
窓を開けて吸う私。

でも最近は
寒さ以上に花粉が来てます。

くしゃみが出だすと
タバコを吸えないので
タバコが無駄になります。

でも窓は開けたい。

ま、タバコ吸わなきゃ良いんでしょけど。

さて、
センター試験でも大活躍の2ちゃんねるですが、

【現在】山島達夫講師総合スレッド3【修習中】

というスレ。

ご存じの通り山島マニアの私は
たまに拝見するんですけど、

=========
910 :氏名黙秘 :05/01/13 00:16:57 ID:???
悩みも無く聴いても無価値な講義。
と、個人的な意見です。

使いこなせたら合格ラインは余裕。(憶測)
しかし、あのぷーさんでもまだまだらしい。
実際難しいのかもね。
========

なんてことを
書かれてしまっています(苦笑)

まあ
確かに去年の論文の時点では
まだまだだった。

それは認める。

前にも書いていたけど
料理法は知っていても
食材をまだまだ十分に集められていなかった。

そう、勉強不足。

でもおかげさまで
今はだいぶんましにはなってきたよ。

っていうか
去年の論文を受けた時点での
自分のレベルの低さに
ただ驚くばかりって感じになってきました。

この人が書いているとおりで
山島の講義でやっていることを
きちんと実践できたら
たぶん跳ねると思います。

私はただただ
それを十分に実践するだけの力が
去年の論文の時点ではなかっただけで。

やっぱり
柴田→山島の
転換が十分うまくできなかったみたいです。

柴田はどちらかというと
天才肌的な感じ。

彼が書く答案や
問題集を読めば
わかると思いますけど
いわゆる金太郎飴答案とは
ちょっと臭いが違います。

一方で
山島はどちらかというと
基本に忠実で
その基本への忠実性を極めた姿に
その美しさがあります。

両者の答案を比べれば
おそらくお互いがお互いを
「こんな答案ダメですよ」と
言うんでしょうけど。
とっても
高いレベルで(笑)

まあ
どっちも司法試験界では
超一流の講師とは思いますけど
それをうまく吸収して
さらに自分のものとして
使いこなせるかっていうのは
全く別次元の話であって。

私はそれが出来なかったから
今年も受験生なわけで。

色んな意味でダメダメした。

本当に今から振り返ると
よくあの程度で本試験に臨んだなと。

腹が立つのを通り過ぎて
あきれちゃいます。

ちゃんと自分のものにしないといけないっていうのは
講座だけでなく本でも全く同じことなんですよね。

ああいう本って
ただダラダラ読んで
「そんなり入ってくる」とかって
感心してわかった気になっても
何にもかわりゃしない。

逆にすんなり入ってくるからこそ
きちんと立ち止まらなきゃいけないし。

買ってさらっと読んで
本棚に飾っていても
実力なんて何も伸びていないし、
最終合格に一歩も近づいていない。

何を使うかってレベルじゃなくて
何を自分の力にするのかっていう
レベルでやらないと
何をやっても何時間やっても
全く変わらないわけ。

どんなに良い講座だって良い本だって
それが自分のものになっていなければ
何の意味がないってことなんだよね。

で、話を戻すと
結局去年の論文の時点では
忠実になるべき基本が
まだまだぐらぐらしていたわけで。

で、それが顕著だった
訴訟法でやられたと。

だから去年の試験の後は
自らがよって立つべき基本部分を
しっかりやっています。

予備校の答練も
「典型答練」とかって
馬鹿にせずせっせと通って書いています。

実際に答案を書くことで
きちんと基本に忠実であるという姿勢が
崩れていないかをチェックする必要があるからね。

そもそも「典型答練」とかって
バカにするような人は、
おそらく去年の本試験の問題が
仮に予備校で出たとしたら
同じように「ふっ、典型ばかり」とかって
思っちゃうんでしょうね。

その「典型」が
きちんと書けていないからこそ
今年も受験生やっているのに。

差がつくのは
変な問題をうんうん唸りながら書く
いわゆる「現場思考」的なレベルでなく
基本をきちんと書くところなのではないかなと
去年の受験を通して感じました。

いわゆる「現場思考」的なレベルだって
基本に忠実でありさえすれば
少なくとも「落ちない答案」は
書けるんだろうし。

そんな感じで
ぐちゃぐちゃ書きましたが、
一応自分なりの方向性は
見いだせているので
日々わずかですが
勝手に進化している気になって
調子に乗りつつぼちぼちやっています。

でも山島にあと1年だけでも
講義やってもらいたかったです。

優答分析とかも
山島なら聴きたかった。

そんな感じで。

ではまた。

« まったりと1月半ば | Main | 聴きました? »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

>>優答分析とかも
山島なら聴きたかった。

実は、2年前のローラーの優答解説講義は半分以上山島だった(残りは佐藤剛志)。

今更ながらさん、コメントありがと。

山島はローラーもやっていたんですね。
おととしの論予の優答をやっていたのは
昔のパンフでしりましたけど。

あ~あってかんじで。

ではでは。

The comments to this entry are closed.

« まったりと1月半ば | Main | 聴きました? »