« 捕獲(笑) | Main | 復讐の楽しみ »

November 05, 2004

ATTACK60

こんばんは。

眩しい金曜日でしたね。

きょうは答練
朝から2コマでした。

最近思うんだけどさ、
実力者(笑)っぽい人で
なんだか1時間ぐらいで書き上げて
帰っていく人達っているじゃない。

でもさ、
ああいう人達って、
実力があってさっさと書き上げられて
とってもご結構なことなんですけど
講座っていうか答練の選択間違えていない?

そんなにお力があるなら
予備校答練なんて受けずに
過去問自分でやったり
カトシン答練受ければいいのにね。

何しに来てんのって感じで。

さて、
択一シーズンの
幕開けを告げるATTACK60。

今年も(笑)
申し込んでしまいました。

まあそれを目安に
過去問やって
完択見直して
勘を取り戻しておく感じなんでしょうね。

なめると痛い目に遭いそうだし。

っていうか去年より点数下がっていたら嫌だし。

どうせ年明けからはまた
択一模試も始まるしね。

勘戻さないと。

5月以来択一の問題一問も解いていないので
戻るのか不安だけど。

っていうかやばくない?

と気をもんでいても点数はあがりゃしないので
まあ択一の方も淡々と頑張ります。

で、私
完択は勉強始めてすぐに買ったから
2003年度を使っているんだよね。

初めの頃書いた無駄な書き込みと
去年の50回を超える60問模試の書き込みとが
ぐちゃぐちゃに混じっているので
買い換えようとしたら
民法って法改正まで出ないんだね。
11月下旬って少し遅いんだけど。
まあ他でもやっておくか。

で、
スタンダード100も同じように稚拙な書き込みがうざいので
買い換えようとしたら
なんか今月下旬から来月にかけて
第4版に改訂されるって
売り物に張り紙して書いてあるじゃん。
ある意味親切だよね。

ということで
それまで待って
年内一気かなって感じですね。
月末からはまたセミナー恒例の
安売り始まるみたいだし。

こまかーく小忙しくなるこの季節。

せっかくなので
せいぜい楽しんでおきましょう。

そんな感じで。

ではまた。

« 捕獲(笑) | Main | 復讐の楽しみ »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

添削についてのコメントがありましたが、私も受験生の時はあなたと同じ意見を持っていました。

しかし・・・。実際にしっかりとしたコメントを書こうとするとコンビニバイトよりも時給が低くなるのが現状です。来年、ご自分も是非やってみたらよいかと思います。

私は現在、添削コメントで最低20行以上書いてますが、義務添削が終了したら添削の仕事は一切受けないつもりです。割に合わないからです。年明けから手を抜くことだけを覚えて拝金主義の合格者ばかりが残っていくと容易に予想できます。結局は、現在の答練の価格設定と1通あたりの添削者への報酬設定とのバランスの問題でしょうね。ちなみにざっくり言えば1通あたり報酬がセミナーは500円、辰巳は400円ですが、あなたはそれでも添削者にそのような希望をされますか?

いよいよ択一無料模試の受付が始まったのですね。
私も今年は受けようと思っています。

先日の「負荷」が大切ですもんね。
自宅でやるチンタラ勉強では、とてもじゃないですが
本番には太刀打ちできないと思っています。

セミナーの安売りあるんですね、月末に。
時間を見つけて行ってみようかな。

◆義務添削者さんへ

はじめまして。

で、時給の話なんですが、
私働いていたときは残業が月200時間を
超えることなんてざらで、
時給の計算に直すと目も当てられない状態でした。

それでも働いて金をもらう以上は
きちっとやりたいもので。

金を稼ぐって言うのはそういうもんだろという
古いタイプの人間なんで。

もちろん組織にぶら下がって
手を抜いてぬくぬくしているだけの
ダメなクズも大勢いますけど。

要は本人の姿勢の問題ですよね。

たかだか添削だからと割を考えて手を抜くか
採算度外視できちっとやるかっていうのは。

おっしゃるとおりで年明けには
手を抜く人かよっぽど好きな人以外は
添削とかしないんでしょうね。

結局、
手を抜かずに添削を引き受けないという
義務添削者さんの態度は
それはそれで潔いと思いますけど。

でもそれを顧客の側に我慢しろっていうのは
論理として絶対におかしいと思いますが。

ではでは。

◆laverさんへ

いろいろ忙しくなりますね。
まだまだ先は長いので
お互い息切れしない程度に頑張りましょうね。

受験生にとっては添削の質って切実な問題ですよね。多くの場合、添削だけが他人の目線からの評価を得られる場だったりするわけですし。

自分の悪い癖とか、逆に他と比べて優れているところなんかも、指摘されて初めて気付くこと、よくあります。

そういう意味では、ぷ~さんが前におっしゃってたLの専任添削や○○小教室なんてのも、決まった人に継続的に見てもらうって点で有益なんでしょうね。

自分は添削の質を担保するために、ちょこちょこ質問を書くようにしてます。必死な口調の質問には、添削者もマジメに答えないと寝覚めが悪いみたいで。でも”義務添削者”さんなんかにしてみたらちょっとウザイのかもしれないですね。

今日は答練で隣に目の覚めるような美人が受けてました。頭の中でサンボマスターが鳴り響きましたよ(笑)

丁寧なレスありがとうございました。申し遅れましたが、私も銀行に7年勤め、一昨年の年末に退職して受験生となり、今年論文に合格した者です。境遇が似ているのと最終学歴が同じなのでこれまで興味深く拝見していました。

職歴があるので「社会にでて働くこと」の意味は少なからず理解しているつもりです。ですからバイトとはいえ添削も手を抜いてはいけないとは思います。しかし、後述しますが、やはり添削バイトは割りに合わないです。

あなたは大企業の中で正社員として働くことと添削バイトを同列に論じてますがそんな簡単なことではないでしょう。私も銀行に勤めていた頃は残業天国でしたが、それはお金のためだけじゃなかったからです。あなたもそうだったと思いますが、自分の仕事がいろいろな形で社会の中で評価されていくことへのやりがいや、誤解を恐れず言えば「出世欲」を満たすとか、組織の中での連帯感とか、「時給」の高低とはちがったモチベーションがあったのです。

翻って添削バイトはどうでしょう。報酬額はおいても、きちんとした添削に対するケアが全くありません。添削をした受験生から感謝のコメントも何一つもらえません。自己犠牲の精神があればいいのでしょうが、そんな気持ちになれない私にはつらい仕事です。前のレスは「時給が安いから割に合わない」との趣旨に受け取られやすい表現をして誤解を招いたかもしれませんが、やはり、時給以外にもモチベーションがあがらない原因があるのです。あなたの理想を現実化する手段として、いっそのこと、風俗業じゃないですが、自分の気にいった添削者がいたら、指名料を別途払って添削者を固定する制度を作るのも良いかもしれませんね。

是非、来年合格されてそのような立場を理解してもらえたらと思います。それでは。

◆犬さんへ

コメントありがとうございます。

>受験生にとっては添削の質って切実な問題ですよね。
>多くの場合、添削だけが他人の目線からの評価を得られる場だったりするわけですし。

おっしゃるとおりですよね。
本試験も一問毎の評価とか出してくれたら
良いのにと思いますよね。

>自分の悪い癖とか、逆に他と比べて優れているところなんか
>も、指摘されて初めて気付くこと、よくあります。

意外なところが褒められたり
意外なところがけなされたりしますもんね。

>そういう意味では、ぷ~さんが前におっしゃってたLの専任添>削や○○小教室なんてのも、決まった人に継続的に見てもらうって点で有益なんでしょうね。

そう思います。
それにしても高すぎると思いませんか?

>自分は添削の質を担保するために、ちょこちょこ質問を書く
>ようにしてます。必死な口調の質問には、添削者もマジメに
>答えないと寝覚めが悪いみたいで。でも”義務添削者”さん
>なんかにしてみたらちょっとウザイのかもしれないですね。

伊藤塾とかは結構こちら側からの質問に
答えるシステムになっているみたいですね。

でもこっち側からすれば義務か否かなんて
関係ないわけで、
質問書かないでもちゃんとやってくれよって思います。

>今日は答練で隣に目の覚めるような美人が受けてました。頭
>の中でサンボマスターが鳴り響きましたよ(笑)

サンボマスターいいですよね。
新曲のC/Wに入っているライブバージョンの曲も
良いので今度聞いてみてください。

ではでは。

◆義務添削者さんへ

以前から読んでいただいているみたいで
ご愛読感謝です。
ありがとうございます。

>あなたは大企業の中で正社員として働くことと添削バイトを>同列に論じてますがそんな簡単なことではないでしょう。

とのことですが、
そこら辺の前提に私とズレあるみたいですね。
私は
バイトだからと手を抜くような人で
正社員になったからってちゃんと仕事が出来るなんて人
見たこと無いですから。
仕事が出来る人はバイトもきちんとやるものです。

たぶん義務添削者さんは社会人経験があって
仕事が出来る人だからこそ、
添削という「バイト」に対して
金額面やモチベーション面での
疑問を感じられているんだろうと思います。

そういうことも考えずに
「とにかく量やって稼ぐぞ」ということしか考えていない
人がほとんどでしょうから。

前にも書きましたが、
結局それを受講生側に我慢しろっていうのは
全然筋違いなわけで、
予備校側がそういうシステムを作りだしている点に
問題があるんだと思いますけどね。

ところで、
「添削者指名制度」ってとっても魅力的ですね。
でも予備校はそれだけで料金倍にしそうなのが怖いですけど。

申し遅れましたが
合格おめでとうございます。

ではでは。

The comments to this entry are closed.

« 捕獲(笑) | Main | 復讐の楽しみ »