« 舐めすぎ | Main | 来年こそは »

November 10, 2004

よのなか

こんばんは。

きょうは最終合格発表の日でしたね。

でも私みたいな
論文の敗者には
全く関係ないわけで。

いつもと同じように
答練を受けて
いつもと同じように
日が暮れた。

そんな1日でした。

で、まあ
今年の試験は正式に終わったし、
禊ぎの期間も過ぎたというわけで、
タイトルを再び戻しました。

特に深い意味はありません。

どうせ世間一般と同じように
ネット上でも
落ちた人には冷たいんでしょうけど、
自分の中では
NOT OVER YET
なわけで、
勝手につづり続けます。

てなわけで、
実社会でもネット上でも
去っていく者は追いません。

逆境の時ほど
苦しいときほど
支えてくれる人間や
応援してくれる人間の
ありがたさを感じるっていうものです。

今までそういう機会がなかっただけに
この秋から冬にかけては
ようやくそういったことを
心から感じることができます。

私以外の
受験生のみなさんも
そんな人に囲まれていらっしゃると思いますが、
来年の最終合格発表日の
11月9日には心から喜ばせてあげたいですね。

人を喜ばせるなんて
ありそうであんまりないことだし。

喜ばせるか悲しませるかは
自分次第。

だったらというか
だからこそ
ちゃんと1日1日を大切にして
しっかりやんないと。

そんな感じで。

ではまた。

« 舐めすぎ | Main | 来年こそは »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.