« 眠れない夜 | Main | しばしお待ちを »

October 18, 2004

お元気~?

こんばんは。

きょうもいい天気でしたね。

前にも書いたとおりで
今はこれまでやってきた
答案読み込みの精度を高めるとともに
基本書なんぞを読んでいます。

まあさすがに
答案読み込みと答案構成ばかりで
基本事項を柴田入門レジュメ中心にしていた
今までの態度を少し改めてなくてはいけないなという
感じなんだよね。

直前用の資料っていうのも
まとめておく必要があるしね。

C-BOOKとシケタイも
入門聞いていた時以来
開いて読んでいます。

もっとも
これまで通り
答案主体にするっていう姿勢は変えるつもりは
全くないので
基本書もついつい
弥永リーガルマインドなんですけど。
久々というか1年半ぶりぐらいに
答案とか予備校本でない
ちゃんと文字だけ並んでいる本を読んでいる
感じがするんだけど。

それともう1回
山島講師の講義とかを
聞き直そうと思っています。

たぶん理解が不十分な状態で
聞いていたであろう
去年の末や今年の初めと比べて
また違った発見があるだろうしね。

というわけで
最近結構いっぱいいっぱいの状態です。

まあ変に時間があると
またぐじぐじうじうじ考え出すので
これぐらいがいいかなと。

答練は
3つ受けています。

一つは
年末年始にやるであろうことを
期待して
それまでお預けにしました。

だってさ、
日程通りやると
12月25日ぐらいから
1月7,8日ぐらいまで
答練ってないでしょ。

小学生の冬休みじゃあるまいし
そんなに感覚開けるなって。

学院長が叫んでいる時間合ったら
答練やれって。

というわけで
それを年末年始に回して
あとは週12通ずつ
定期的に書くという
計画通りの作戦です。

どうせ
最後は体力勝負なんだから
今の期間から少しハードめに
やっておかないといけないしね。

そういえば
どういうわけか
Wセミナーが
西武ライオンズ優勝セール(笑)
をやっているので
必要なものとかも買わないとって
感じなんだよね。

スタンダードとかも
勉強始めた頃の
無益的な書き込みが邪魔だし、
論文講座問題集も買い足さないと
いけないしね。

でも日本一になったら
もっと安くなるのかな?

民訴の講義案とか
刑訴の講義案と前田が書いている本も
欲しいしね。

ぶっちゃけ
訴訟法はあまり良くなかったので
ちゃんと気合い入れて
やろうと思っています。

実は
1日目で死んだと思っていたんだけど
2日目後半が悪かったという
まあありがちな結果だったわけ。

特に刑訴なんて
手応え的には良かったので
がっかりだよ。

2日目の
昼休み以降が
特に精神的、体力的な面で
来年の課題だね。

試験翌日の記事にも書いてある通りで
2日目昼休みで
なんだか切れてしまったからね。

これさえなければって感じで。

一方で
商法は手応えとは
全然違う結果でした。

あの商法2問目。
点数来たことが恐ろしいんだけど。

でもまあ
違う問題が出ていたら
また違った評価になったであろうような
不安定な実力しかないことはよく分かったので
どの科目も淡々と頑張ります。

書いているとおりのダイヤルアップ生活で
他の方のHPとかみれていないのも
多いんですけど
みなさんお元気なんでしょうかね。

早く光が欲しいです。

来週半ばには開通するので
それまでは
我慢するしかないんだけどね。

だらだら書いてすみませぬ。

そんな感じで。

ではまた。

« 眠れない夜 | Main | しばしお待ちを »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

こんばんわ。お元気ですか?上のブログ見たらかなり充実されてるようで、うらやましい限りです。

さて、私のほうは最近どうも答練が今ひとつ。余計なことまで書いたり、一問目を書きすぎて二問目がしょっぱくなってしまったり。。。質の悪いベテランみたいになってます。知識が少なかった時のほうがいい答案だったような気が。。。

もう少し試行錯誤が必要なようです。

犬さんコメントありがとう。

「質の悪いベテラン」って笑えますね。

私の方は夏の間に
論文直前期からの成長曲線をうまく維持出来たのか
結構好調だったりします。

自慢してすみませぬ。

でも目指すところって
たぶん合格者の再現答案だったり、
A答案だったりするわけで、
予備校の点数とかではなく
それにどんだけ近づいているのかを
常に意識したりすることが大事なのかなとかって
思いながら
私の方はやっています。

来年はお互い
ぶっちぎりで通るよう頑張りましょうね。

ではでは。

「ぶっちぎり」いいですね。目標が一つ増えました(笑)

お互いぶっちぎりましょうね。

いつまでもこのままここにいるわけには
いきませんし。

The comments to this entry are closed.

« 眠れない夜 | Main | しばしお待ちを »