« なぜ書き続けるのか | Main | あのさ »

August 23, 2004

夏もそろそろ終わり

こんばんは。

めちゃくちゃ涼しかったですね。
なんか秋って感じで涼しさを通り越して
少し寒いようなそんな感じでしたね。

さて、
私の場合今年が司法試験初受験で、
当然論文後の夏も初めてなのですが、
なんか受験生の夏っていうのは
いわゆる「夏休み」に似ているなって感じました。

7月の半ば過ぎに
充ち満ちた解放感とともに始まり、
夏の終わりとともに現実に戻るというか。

もう戻りたいと思っても
試験直後には戻れない点っていうか。

色々やりたいこと考えていても
実際に始まってみると
たいしたことをせずに終わってしまうというか。

久々にこの感じ味わいましたね。

思い起こせば
論文から発表までの期間って
大学の夏休み、秋休みの期間と一緒ですね。

あの頃は
大教室での授業ばかりで
一切授業なんて出ていなかったので
1年中休みみたいなものでしたけど(笑)

もちろんその時はその時で
勉強をしなかったことにより得られた
色んな思い出や経験があるわけで、
その期間を否定したり、
「あ~あのときやっておけば」とかっていうのは
全然思わないんだけどね。

その時はその時なりに
十分楽しく幸せな時間を過ごせたわけだし。

ただ充実していない期間というのは
過ぎてからやっぱ反省すべき点も多いわけで。

私の場合は社会人時代7年間が
それに当てはまるわけ。

でも、まあ
過ぎたことを色々考えても仕方ないわけだし、
むしろ
「やろうかな」って思ってから
どれだけやるかにかかっているだろうね。

それは勉強だけじゃなくて
何でもそうだと思うけど。

で、夏休みもそうなんだよね。

あ~終わっちゃうなって思ってからが
勝負っていうか、そんな感じの所が(笑)

人数がとっても少ない前期答練を
せっせと受けている
今年の私の夏は
この後どういう思い出になるんでしょうね。

未だに
今月号のハイローヤーの
論文本試験の特集も
読めない状態なのですが(笑)

たぶん発表まで無理だろうね。

仕方ないから
過去問と予備校問題にずっと取組中。

そろそろ後期答練のパンフとか
出来ないのかな?

きょうはこんな感じで。

ではまた。

« なぜ書き続けるのか | Main | あのさ »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

ぷーさん、おつかれさま。

↑へびみたい・・。どうだっていいじゃないのね。
このコメントにいやらしさを感じる人と共感する人といるんでしょうね。絶対わかりあえない人っているんだろうな。議論しても意味ないし・・。

本当に涼しくなりました。こちらは、もうとんぼの季節です。

Posted by: あき | August 24, 2004 at 11:50

あきさんコメントありがと。

空気よめない人がいたみたいで(笑)
鬱陶しいので削除しておきました。

おっしゃるとおりで議論しても意味ないしね。

東京もだいぶん涼しくなりました。

またコメントお待ちしています。

Posted by: ぷー | August 24, 2004 at 12:23

こんにちは。お元気ですか?
昨日の答練は気持ちがいいぐらい書けませんでした。
さて、今日から択一はじめます。
択一に受からなきゃ話になりませんしね。

Posted by: laver | August 24, 2004 at 12:45

◆laverさんへ

なんか日々充実されているみたいですね。
辰巳の択一無料模試定員に達したというのはどうとらえれば
いいんでしょうね。
もしかしてみなさんもう択一バリバリ?

◆U氏さんへ

お久しぶりです。
まあ本当に充実している時って
その時が充実しているってことを感じる暇がないほど
充実しているもんなんでしょうね。
え~と、私の場合はまだ若干悲嘆もあるのですが、
発表を待たずして、すでに「来年」ですか(笑)
まあそんなもんなんでしょうけどね。
あ~また悔しくなってきた。
腹立たしくなってきた。
・・・
サイト移転楽しみにしています。

Posted by: ぷー | August 25, 2004 at 03:16

おはようございます。
日々かなり充実しています。といいたいところですが・・・
肝心の勉強の方はイマイチでしょうか。
なにごとも中途半端で終わりそうなので、もう択一メインに本試験まで走ります。

択一無料模試
5日間程度実施期間があるのですが、どの日も定員。
定員って何でしょう?定員って(笑)
教室の関係かもしれません。
冬(12月?)にもまたあるそうなので、そちらで受けます。

Posted by: laver | August 25, 2004 at 07:21

The comments to this entry are closed.

« なぜ書き続けるのか | Main | あのさ »