« 開けない・・・ | Main | ちょっと気になった »

August 07, 2004

ヴェテ

こんにちは。

きょうはちょっと出かけるので
早めの更新なわけだけど。

きのうは
ネタ帳取り上げるの忘れたので(笑)

==========
283 :氏名黙秘 :04/08/04 11:34 ID:???
ベテを馬鹿にしているうちはこの試験は受からないよ。
論文は力をつければつけるほどこわさがわかってくる。
わかってないころにはなんとなく満足できてた答案も全然ダメなことがわかって
くる。それから、論文合格者の半分近くは得点調整で、運で決まるのもわかる。
それから、司法試験はそこで終わりではなく、その後仕事をするのだから、
受かればなんでもいいわけではない。ベテの膨大な知識は合格後に役立つこともある。
ぷーさんはベテの言い訳だと思うかもしれないが、俺はベテではない。
受験三回目だ。ぷーさんも、合格に近づくにつれ、「実力者」は実際にいることや、
ベテを馬鹿にする気持ちがなくなって謙虚になると思うよ。
=========

なんか似たようなレスに昔書いた覚えもあるので
「なんだよ~またかよ~」って思っちゃうあなたは
ヘビーな読者ですね(笑)

で、私長年受験生をやっている「ヴェテ」をバカにしたことってある?
私が嫌いなのは
偉そうにしている「実力者(笑)」であって
「ヴェテ」じゃないんだよね~。
もちろん「実力者(笑)」には
大学在学中の若い人だってたくさんいるわけだし。

わからない?この違い?
少なくとも
所詮今年が初受験の私のBLOGに
被害者意識丸出しで
必死になって2ちゃんねるに反論寄せるような
素敵な人達は
全然嫌いじゃないって。

むしろ好き(笑)

っていうかさ、
何でもそうだけど、
「自分が手に入れたい」って思ったものを
必死になって手に入れようとするってとっても大事なことじゃん。

考えてごらんって。
何年もかかって必死に手に入れたものって
みんな何かある?

っていうか何年もそういう思いで必死に頑張ったことってある?

私は全然ないんだよね。
っていうかそういう「執念深さ」が全然ないんだよ。

仕事している時にも思った。
結局はそういう「執念深さ」が結果として結実することがかなり多いのに
私にはそれが全く欠けているって。

何かできることは変に小器用にこなして
ダメなものはダメって初めからやらないんだよね。

そうやって思い入れを排除して
自分が傷つくのを無意識に避ける。

そんなずるがしこい私にとっては
ベテランの方々のそうした思いっていうのは
敬意を払う対象であっても
バカにする対象ではありえないんだよね。

そういう思いを抱いて
色んなリスクを抱えながら必死に頑張っている人を
気安く「ヴェテ」とか言って
バカに出来る人って
やっぱ何か欠けていると思うんだよね。

たぶんそういう人達は自分のこと「優秀だ」とか思って
周りにもてはやされているんだろうけど、
歳をとってどっかしらで
そういう内なる思いっていうものを重さを
思い知る時がくるはずだよ。

だからさ、
すぐ「ヴェテをバカにするな!」とかって
被害者意識丸出しでムキになって反論するなって。

隣で若い奴がさっさと合格しても
卑屈になるなって。

自分たちのやっていることに胸はれって。
「私はやりたいことのために必死に頑張っている。
 それで何か悪いか?」って。

世間体なんて気にするなって。
結果出したらどうせ掌返すの目に見えてるんだから。

若手受験生の「ヴェテ」とかいう言葉に
過敏になるなって。
そいつらが経験していないことを自分たちはやっているんだから。
そしてその経験は絶対に自分を成長させているんだから。

優秀とか優秀じゃないとかって気にするなって。
優秀でも満足できない人生を送っている人も
優秀じゃなくてもとっても満足できるうらやましい人生送っている人も
たくさんいるって。

自分のペースで歩けばいいじゃん。
他の人と比較しても自分の満足度なんて
表面的にしか変わらないんだからさ。

死ぬ間際に人生振り返って
「あいつより早くうかって良かった」って思うと思う?
自分のやりたいことが出来たかどうかじゃん。
だったら何年かかろうがやりたいことをやればいい。

それにさ、
あなたの合格を願っている人だっているわけじゃん。
そういう人を喜ばせてあげるためには受験生続けた方がいいじゃん。
努力を続ける年数が増えれば増えるほど
見守って、応援してくれている人の喜びだって
ますます大きくなるわけじゃん。

中途半端に妥協すると
後から後悔するよ~。
それも激しく。

それって受験だけじゃなくて
みなさんの好きな(笑)恋愛も同じでしょ。

時が治癒すると思っても
昔本当に好きだった人って
たま~に夢とかに出てきたりしない?
で、とっても複雑な気分の目覚めを迎えるんだよね。
結局は全然ひきづっているんだって。

私も今年論文本試験で
思いっきり頭ぶん殴られた気分で
わかったことがある。

このまま引き下がるわけにはいかないね。

たぶん試験にうからないからって諦めたら
墓の中までこの悔しさって
引きずりそうなほど悔しいね。

もうすでに腑が煮えくりかえっているよ、私は。
これほど悔しいことってあんまりないね。

絶対に借りを返したいって気分は
私もベテランの方も同じでしょ。

じゃあやってやろうじゃんって。

なんか修習所の評価がどうとか
事務所の採用がどうとか
そんな細かいことぐちゃぐちゃいってんじゃないよって感じで。

自分の人生は自分で評価するものであって
人から評価されるもんじゃねえんだよって。

そんな薄っぺらい評価に
心痛める暇合ったら
どうやったら自分の人生の満足度を高める
ことができるかって考える方がよっぽど有益だね。

だいたい二十歳前後の苦労も知らないような若造が
他の選択肢を切って
必死に頑張っているベテランの人を
バカにするんじゃねえよって。

だいたい私も三十路なわけで
人を肩書きでしか見れないようなクソガキよりは
よっぽど「ヴェテ」の方に
シンパシーを強く感じるわけで。

というわけで、はっきり言うけど、

「ヴェテ」万歳だよ。最高だよ。

何か文句ある?

そんな感じで。

ではまた。

« 開けない・・・ | Main | ちょっと気になった »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

 ほんとにそう思います。人並みの人生(平均的な)というものってとてもよさそうだけど、オリジナルじゃないですよ。遠回りをすることは世間に取り残されているように感じてしまうけど、そうじゃないですよね。わたしもしなくてもいいような無駄な遠回り人生を送ってしまっているけど、それは私のオリジナルでいろんなこと経験できているわけで。自分が自分らしく心地好いと思う選択の結果が出ているんですよ。
 やっぱり、何度失敗しても自分自身が意味があると思えば意味のある人生であり、本当のところそれは失敗じゃなく、経験だと思う。
  ぷーさんのいうことわかります。
 
 それから、コメントのお返事ありがとうございました。
もう1つ言うと、私のHPのリンク先が少し違ってるようです。
正しいのはこちらです。
 http://plaza.rakuten.co.jp/machaguri123/

Posted by: kaomaya | August 08, 2004 at 06:55

こんにちは。

まわりの評価を気にして生きることほどつまらないことはないと思います。
自分が信念を持ってやっているのであれば
まわりが何と言おうと貫けばいいのです。
そう思います。

ですので、私も信念を持って続けている人たちは、何も卑屈になる必要なんてないと思います。
大学在学中の、子供か大人かわからないような「ガキ」にグダグダ言われたくないですね。
そんなのは放っておけばいいのです。

本当にただ淡々とやるだけです。

Posted by: laver | August 08, 2004 at 10:16

◆kaomayaさんへ

コメントありがとございます。
リンクの件大変失礼しました。
どうも論文終わってから細かい所でちょっとしたミスが目立つようになってちょっと燃え尽き気味で失礼しました。
これからもよろしくお願いします。

◆laverさんへ

コメントありがとございます。
たま~にっていうかよく私はこのblogで不満をぶちまけることで自分にためないようにしているのですが(笑)
まあ淡々と頑張りましょうね。
ではでは。

Posted by: ぷー | August 09, 2004 at 23:07

The comments to this entry are closed.

« 開けない・・・ | Main | ちょっと気になった »