« カメハメハ | Main | 改訂 »

May 31, 2004

幻想

こんばんは。

夏バテしそうだ。

ところで、
今年の適性出願者が40%近く減ったらしいですね。
これで「現行つぶし」が本格化しそうな感じですね。
間違いありません。

去年はロー元年ということで
いろんな人が出願したんでしょうが
今年のこのざまを見ると現行の合格者を減らして
強制的にローに行かせるしかありませんもんね。

よくローを「国策」とかっていう人がいますが、
これまでの日本の歴史を振り返れば
「国策」のウラには必ず利権が絡んでいるわけで。

もし本当に法曹の育成システムを変えたいなら
司法研修所で2年でも3年でもみっちりやればいいじゃん。
全国から優秀な学者と実務家集めてさ。

それを大学でやる必要あるわけ?
ただの大学の生き残り策を正当化させるためと
文部科学省の縄張りを広げるためとの
屁理屈でしかないと思いますけどね。
「国策」なんて。

で、ローにはご立派な社会経験を積んだ「超優秀(笑)」な方も
いらっしゃるということらしいですが、
どうなんでしょうね。

過去に司法試験を受けて合格した
同じぐらいの年の裁判官や検察官、弁護士と比べて
実務家として「超優秀」と言えるのでしょうかね。
本当にそういう実務家の方々の現状を見て
現在の育成システムを直さなくてはならないような現状なんでしょうかね。
とてもそうは思えませんが。

こうやって司法試験の勉強をしていると
自分と同じ時期に勉強している人に目がいきがちですが、
今現在実務でバリバリやっている方々には
今年ローに入った中途半端な「超優秀(笑)」な人より全然優秀な人が
掃いて捨てるほどいるわけで。

そもそも「超優秀(笑)」なら
現行試験受けてさっさと実務に出ればいいんじゃない?
「超優秀(笑)」なら2%程度の合格率でも簡単に受かるんじゃないの?
法曹の育成システムうんぬん能書き垂れる前に
まず今の法曹の実務の方々が通ってきた道を通ってみろって。
受けもしないでそれから逃げたくせに偉そうな口叩くなって。
自分だって大学や文科省の既得権益にすがっているくせに
弁護士会が既得権益にすがっているって批判するなって。
それで合格枠をなくせって?
泣き言いって笑わせるんじゃないよ。

経歴や肩書きがどんなに「超優秀(笑)」な人でも
心の中は所詮チキンな負け犬に過ぎないってことを
典型的に表してるね。

試験を受けて負けるならまだしも
試験から逃げているような
「負け犬根性」は一生直らないからね。

「落ちること」より「逃げること」の方がよっぽど怖いことだと思う。
逃げ癖は人生の、いや生活のあらゆる所で顔をのぞかせる。
逃げることでその場では失うことを止められたと思っても
一方でもっと大事な何かが確実に失われてしまう。
で、本人はいろんな「理由」をあげて
逃げていることに気づかない
もしくは気づこうとしないからタチが悪い。

もう1回言うけど、
「理由なく」負けることより
「理由を並べて」逃げることの方が
自分を必死にごまかしているという点で
よっぽど醜いし、薄汚いと思う。

そんな感じで。

ではまた。

« カメハメハ | Main | 改訂 »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

時々拝見しておりましたが、ちょっと今日のご意見は冷静なご意見とは思えません。
私は今上智大学のロースクールに通いはじめておりますが、色々な経緯でロースクールに来ている人がいるわけで、少し冷静な目で世の中をごらんになってはいかがでしょか。
すべてを勝ち負けや、優秀・それ以外と分類して考える考え方で、法曹界に進んでほしくないように思います。

Posted by: 海老沼 英次 | June 01, 2004 at 22:56

海老沼 英次 さんコメントありがとございます。
ローの方からの初めてコメント嬉しいです。

おっしゃっていることはよくわかります。
私も別に自分の意見が正しいとか押しつけようとは
思っていません。

ただ私の姿勢としては
ありがちなblogのように
物わかりのよい中庸な意見を
自分の意見であるかのように書くのは嫌いなので
あえて極端に書いています。

中途半端な物わかりのいい内容なら
読んでも何も感じないでしょ。
あえて極端な形で提示することで
同感、反感、嫌悪の感情を抱いていただくことが狙いです。

「すべてを勝ち負けや、優秀・それ以外と分類して考える考え方」とのことですが、
それは上記狙いがあって意図的にやっていることです。

そうした意味では私が極端な形で問題提起をしたことに対して
ロー生の方からこうしたコメントをいただけることは
本当に嬉しい限りです。

私は別に法曹界に進むかどうかはわかりませんが、
海老沼さんのような「はっきりものを言える」方には
法曹界に進んで欲しいと思っています。

また気軽にコメントしてくださいね。

Posted by: ぷー | June 01, 2004 at 23:48

The comments to this entry are closed.

« カメハメハ | Main | 改訂 »