« 気分転換 | Main | 総択1回目 »

April 15, 2004

「実力者」(笑)

こんばんは。

PRIDEの小川はレコとやるみたい。
小川に関節締め上げとかで
がっちり勝って欲しいものです。

択一の勉強をしていると
なんとなく今やっていることの全体での位置づけが
見えなくなってくることも結構あったりするわけで。

「直前だからただ単年度ごとに過去問を解く」とか
「条文素読が大事って言われたからひたすら素読している」とか、
この時期になると「勉強」ではなく頭を使わない「作業」に
走る人も多いみたいだし。

そもそもいろんな掲示板とかで
「実力者」気取りで偉そうに
「過去問やれば良いんだよ」とかって
のたまわっている連中って
毎年毎年同じことを繰り返しているだけなわけで。

つまり
論文に落ちる
→たいした反省もしないで後期答練とか受ける
→年が明けると実力者気取って偉そうに語る
→択一はとりあえず無駄に高得点とってうかる
→また論文に落ちる
→繰り返す毎に「実力者」としての発言権が増す
→去年と同じように勘違いが直らずまた落ちる
→まわりにもてはやされて「実力者」としての地位だけを確立する
って感じで。

毎年毎年ただの「実力者」のまま同じことの繰り返し。
変に初学者とかバカにすることで自分を正当化することだけに長けて、
全く反省せずに進歩もしない。

こういう人って2ちゃんねるよりもあの寂れた掲示板に多いような。
吐き気がするので見ませんけどね。
どうせ寂れているんだし(笑)

今年もまた同じようなことを繰り返すんだろうなっていうのが
目に見えている感じで。
まあ本人達は気づかずに相変わらず「実力者」気取りなんでしょうが(笑)

「実力者」って呼ばれても
試験に「うかった」、もしくは試験から「逃げた」瞬間から
そんな称号なんて何の意味もないのに
本人達はどんどん調子に乗って
周りの受験生を見下した偉そうな発言を繰り返しているし。
「択一落ち」だろうと「論文落ち」だろうと
狭い受験界から外に出れば同じなのに
そんなつまらん価値にすがりついて楽しいかって感じで。

司法試験って実質あと2回しかないのに
いつまでそういう同じこと繰り返しているんだろうね。

バカは一生直らないって感じで。

こんなくだらん「実力者」に負けていられないって
思いませんか?

ではまた。

« 気分転換 | Main | 総択1回目 »

受験日記」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.